飲食業、小売業を辞めたい!他業種に転職することは可能?

飲食業、小売業を辞めたい!他業種に転職することは可能?

飲食業や小売業について、働く側の立場としてあまり良いイメージを持っていない人も多いでしょう。

実際、労働環境としては恵まれているとは言えず、辞める人も非常に多いのが実態です。

ただ、飲食業や小売業からだと他の業種に転職することが難しいと思われています。

実際、他業種へ転職することは可能なのでしょうか?

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:離職率が高い業界、職種や離職率が高い理由や会社の特徴

関連:仕事を辞めたいならうつ病になる前に行動を!そんなに頑張って働く意味はない

飲食業、小売業の実態

厳しい、辛いと言われている飲食業や小売業。

まずはその実態を紹介します。

厳しい労働環境

飲食業や小売業が厳しいと言うことがわかるデータとして、平均年収、年間休日数、有給休暇取得率を見ていきましょう。

平成27年度の平均年収は、全労働者が420万円に対し、小売業が358万円、飲食業が236万円とかなり低い数字となっています。

また、年間休日数は平均が113.2日であるのに対し、小売業が111.2日、飲食業が100.4日となっています。

有給休暇取得率は平均47.6%であるのに対し、小売業が34.5%、飲食業が32.2%となっています。

全てにおいて、平均以下となっており、給料は低いが休みは少なく、有給も取りにくいという厳しい労働環境であることがわかります。

さらに、ブラック企業も多く、サービス残業も蔓延している企業も少なくはありません。

参考:国税庁「民間給与実態調査」

参考:厚生労働省「就労条件総合調査結果の概況

高い離職率

給料は低く、休みも少ない。さらに、休みもシフト制であったり、労働時間も深夜になることが少なくない為、小売業や飲食業の離職率は非常に高くなっています。

全業種の新卒3年以内平均離職率が高卒で40.0%、大卒で32.3%であるのに対し、

小売業は高卒で51.9%、大卒で38.5%、飲食業は高卒で66.2%、大卒で53.2%となっています。

厳しい労働環境から、仕事を辞めてしまう人も少なくはないのです。

なぜ飲食業、小売業から他業種に転職するのが難しいか

厳しい労働環境ですから、飲食業や小売業を辞めたいと思う人も少なくはありません。

しかし、他業種へに転職することは難しいとされています。

その理由の一つ目が、他業種に転職する場合に飲食業や小売業の経験が生きにくいという点です。

事務から経理、営業から企画に行くといった未経験の職種に転職する場合であっても、それまでの仕事経験を生かすことができる部分はありますが、飲食業や小売業からだとそれがかなり少なくなってしまうのです。

そして理由の二つ目が、飲食業や小売業のイメージの悪さです。

事実がどうであれ、飲食業や小売業は体力とコミュニケーション能力があれば良い、頭は使わないと思われてしまう場合があります。

その為、企業が転職者を選考する際に、個の能力関係なく以前の仕事だけで決めてしまう場合もあるのです。

ただ、勘違いしてはいけないのが、決して転職できないわけではないということ。

実際は、飲食業や小売業で培った経験でも生かすことができる能力はあるし、企業側が抱いているイメージもひっくり返すことはできます。

飲食業、小売業から他業種に転職する為のポイント

飲食業や小売業からの他業種への転職も十分可能ですが、難しいのは事実です。

だからこそ、転職を成功させる為にいくつかポイントを押させておきましょう。

未経験でも転職しやすい業界、職種を狙う

転職を考えた場合に押さえておきたいのが、転職しやすい業界や職種です。

それぞれの業界や職種で難易度は大きく異なる為、まずは転職しやすいところを狙うのがポイントです。

今転職しやすい業界としては、IT業界や不動産業界なんかが挙げられます。

また、職種としては営業などの対人関係スキルが重視されるものは飲食業や小売業から転職しやすい職種として挙げられます。

これまでの経験、強みを整理

飲食業や小売業と言っても、次の仕事に生かせるスキルはあるはず。

まずは一つ一つ、どういった経験をし、どういったスキルを身につけたのかを整理しましょう。

転職活動では、いかに自分をアピールすることできるかが非常に大切です。

一見関係なさそうな能力であっても、実は十分生かすことができるものはあるはずです。

他業種の仕事について理解を深める

飲食業や小売業にいると、そこの仕事のやり方や業界の風習に馴染んでしまいがち。

さらに他の業界の仕事について知る機会もなく、ざっくりとしたイメージしか持つことができていない場合が多いです。

転職にあたり、具体的にどういう仕事をするのか、それがわからないまま転職活動にのぞんでしまうことで全く想定違いのアピールをしてしまったり、理解不足を理由に落とされてしまう場合もあります。

若いほうが有利

飲食業や小売業から他業種へ転職する場合、確実に若いほうが有利です。

年齢が低いのと高いのでは転職のしやすさに大きな違いがあります。

だからこそ、もしいつかは転職したいと考えていたり、今の働き方に不安を感じているならば、できるだけ早く転職活動を始めなくてはなりません。

転職エージェントからアドバイスを貰う

転職活動を行う際には、必ず転職エージェントからアドバイスを貰うようにしましょう。

未経験の業種に行く場合、スキル以外の面が選考を左右する割合が高くなります。

だからこそ、履歴書や面接は完璧に準備をして行かなくてはなりません。

転職エージェントは履歴書の添削や面接の練習等もしてもらえますから、利用は必須です。

まずは転職活動を始めてみることから

転職活動は確かに難しいものとなるかもしれません。

ただ、やってみなければ結局何も変わることなく、時間だけが過ぎていきます。

まずはとにかく、始めてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:土日休みと平日休みのメリット、デメリット。あなたはどっちがいい?

関連:仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ