仕事に行きたくない病はどうすれば解消できる?辞めるか辞めないかの判断は?

仕事に行きたくない病はどうすれば解消できる?辞めるか辞めないかの判断は?

今日は仕事に行きたくないなー。会社勤めをしている人ならば一度はそう感じたことがあると思います。

仕事をしていれば嫌なことだってあるし、面倒だと感じることもありますから、そう思うのは誰にだってあること。

ただその気持ちがあまりに強くなりすぎている時は少し注意が必要かもしれません。

関連:休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

仕事行きたくない病はどうすれば解消することができるのか

できることならば、毎日仕事に行くのが楽しみで楽しみで仕方がなるのが一番。しかしそれはまあ正直言って無理ですよね。

雇われてお金を貰う以上は自分が嫌なことにも対応してなくてならないし、気の合わない人とも付き合って行かなくてはなりませんから。

仕事に行く。そこにはやっぱり多少の我慢は必要なのは仕方がありません。

しかしその我慢があまりに大きくなりすぎると、ストレスがたまり本当に辛くなってしまいます。だからこそ何とか少しでも解消させていくその気持ちを和らげていくことは必要なことです。

原因特定とそれに対する対処

何か問題があれば、その問題の原因となっているものを特定し、それに対処していくというのがまずすべきことであり、今回のように「仕事に行きたくない」と思っていることを解消させようとした場合にも同様です。

仕事に行きたくないと思っている原因として多くは人間関係が上手くいっていない、仕事がつまらなすぎる、毎日のように怒られるのが嫌だといったもの。

まずはそれらの理由に対して、もう少し深く考えてみるといいでしょう。

例えば人間関係が原因なら、なぜ人間関係が上手く行かないことがストレスになっているのか、どうあるのが理想の姿なのか、それはなんとかなるものなのか、それとも仕方がないことなのか、今の状態でも気にしなくなる方法はあるのかなど、単に不満となっているということだけで終わらせずにじっくり考えることで、何か答えは見つかるかもしれないし、受け止めることができるだけでも気持ちは多少和らぎます。

考え方を変えることの重要性

仕事に行きたくない病にかかってしまう原因は、単に環境にだけあるわけではありません。

同じ環境であっても人によって感じ方は全然違いますからね。

環境面での根本的な解決をすることができればベストですが、やはり会社という組織に属している以上は受け入れなくてはならないこともあるし、どうにもならない、なんとかするにはかなり長い時間が必要になるということも多いでしょう。

それ故に、環境が変わることに期待するだけではなく、自分自身の考え方を変えていかなければなりません。もちろん自分の考え方を変えるというのは簡単にできることではありませんが、変えていく努力をする、変えていける能力を身につけることは必要なことでしょう。

完璧に解消しようとすることのリスク

仕事に行きたくない病を解消しようと思っても、無理になんとしてでも解消しようとすることにはリスクがあるという点も覚えておいてください。

そもそも行きたくないという気持ちをゼロにすることはほぼ不可能。仕事に行きたくない病にかかっている人が、仕事を変えず自力で仕事に行きたくなると思えるまで変えることはできません。

にも関わらず無理にやろうと思えば、それが上手く行かないことで余計にストレスを貯めてしまう原因になりますし、多大な労力を注ぐことで疲れ切ってしまう可能性もあります。

環境を変える、考え方を変えるというのはあくまで自分ができる範囲で行い、最終的にはある程度受け入れることも必要なことです。

結局のところ、仕事行きたくない病を解消しようと思ったら、

  • 外的要因を対処する
  • 自分の考え方を変える
  • 受け入れる

この3点をバランスよく行っていかなくてはなりません。

辞めるべき時と辞めるべきではない時の見極め

仕事に行きたくないという気持ちは、いずれ仕事を辞めたいという気持ちに繋がっていく人がほとんどだと思います。

やりたくないことを続けることに喜ぶ人はいないでしょうから、まあ当然の考え方。

仕事を辞めるというのは一つの手段として持っておくのはいいと思います。

しかし行きたくないから辞めると安易に決断してしまうことは危険です。結局転職して仕事をしなくてはなりませんから、同じように感じるだけかもしれません。

行きたくないものから一時的に逃れることができても、抜本的な解決には至らない可能性があるというのは認識しておかなくてはなりません。

ただあまりにストレスが大きいと、そのまま働き続けてしまうと精神的に病んでしまうこともありますから、一旦仕事を辞めて心機一転新たな環境で取り組むことが必要な場合もあります。

また転職すれば解決することなのに辞めるべきではないと決めつけてしまい、ずるずる辛い思いをすることになるかもしれません。

辞めるか辞めないか、どちらが正解かはそれぞれに状況次第。

現在の自分の精神状態、ストレス状態、転職後に待っているもの、総合的に判断した上で決めましょう。

辞めることが後悔に繋がることもあれば、辞めないことが後悔に繋がる可能性もあるのです。

これをすれば少しは解消できるかも

外的要因の対処していくのは、その原因にもよりますが正直難しいこと、不可能なことの方が多いです。その為、それが耐えきれないほどのものになっているならば、辞める必要もでてくると思います。

しかし自分の考え方、行動に関しては自分次第で変えることができるし、変えなければ辞めたところでいつまでも付きまとってくるものです。

ですからまずは自分の考え方、行動を変えてみるところから始めてみると良いかもしれません。

人に期待をしすぎない

他人に過度な期待をしても、自分の思い通りに行かない場合がほとんどですから、まずは期待することをやめることから始めましょう。

自分のことを理解してくれるかもしれない、助けてくれるかもしれない、あちらから歩み寄ってくれるかもしれない、あちらから良い人間関係を築いてくれるかもしれない、そんなことを思っている限り、期待通りには行かずにストレスがたまり続けてしまうだけです。

何もかも自分でやる必要はありませんが、基本は自分を信じて自分で行動することを第一に考えてみてください。

自分を認めてあげる

自分で自分を責めて苦しむようなことはやめ、自分のことを認めてあげるようにしましょう。

最初に思い描いていた姿とは確かに違うかもしれません。周囲を見渡せば優秀な人がいて自分のふがいなさを実感することもあるでしょう。ただそれも自分。

仕事ができることが全てであり、仕事ができる人が優れた人であるなんてことは全くありません。

できないこと、苦手なことは受け入れ、今の自分を認めてあげてください。

今ある環境に感謝する

仕事をしていると、その環境がいつの間にか当たり前のものになってしまうことで、実は恵まれている点に気づくことができなくなる一方で、些細な不満でも過剰に感じてしまうようになります。

今一度、今自分が置かれている環境を考えてみましょう。

そこそこの給料を貰えている、残業は割と少ない、なんだかんだ人には恵まれている、実は色々と気づくことができるかもしれません。

嫌なことは極力前日に済ませておく

仕事を行う上での話ですが、嫌なことほど次の日に残しておかないほうが、仕事に行きたくないという気持ちは軽減されます。

次の日にまわせば、嫌なことをやらなければと思って行きたくなくなるのも当たり前ですよね。

ミスやトラブルを上司に報告するのはその日のうちに、面倒だと思う仕事はその日のうちに、嫌な顧客への連絡はその日のうちに。

結局やらなくてはいけないことなんですから、嫌なことほど早めに対処しておいた方が気持ちの面では楽になります。

前日に次の日のスケジュールをたてる

家に帰ってから次の日のことを考えると、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと思って憂鬱になってしまいますよね。

ただ想像する時はつい過剰に考えがちになってしまって、必要以上に自分で自分にストレスを与えている場合が多いです。

ですから前日には次の日にすることを整理し、スケジュールを組んでおき、やることをはっきりさせておくと良いです。

何をするのかがわかっているだけで、だいぶ次の日に対する嫌な気持ちは減ると思います。

早く行って早く帰る

たまには早く行って早く帰る日を作るのも良いと思います。

朝早く行って誰もいない環境で仕事をする、そしてその日は早く帰る。割と気楽に仕事ができるのでおすすめです。

上司が帰らないと帰ることができないなんていう職場だとできませんが。

生活を整える

生活面を整えることは、あなたが感じている以上に重要です。

1日2日で変わるようなものではありませんが、1ヶ月も続ければ変わってくると思います。

特に睡眠。次の日が嫌だと感じると眠るのが嫌でつい睡眠時間が少なくなってしまいがちですが、これではさらに悪化を招くだけです。

意識的に睡眠時間は確保することは心がけてください。

辞めると決めたらすぐ転職活動を

もし今の現状を考えた時、辞めるべきであると判断したならだらだらせずにさっさと転職活動を始めましょう。

また悩んでいる人も転職活動をやってみることで答えが見つかるかもしれません。

今は超売り手市場ですから、今より良い仕事を見つけることができる可能性は非常に高くなっています。

毎日行きたくないと思いながら無理に仕事を続けるのではなく、今より少しでも楽しくできる仕事を見つけましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ