会社に行きたくないと感じる新卒社員に知っておいて貰いたいこと

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

会社に行きたくないと感じる新卒社員に知っておいて貰いたいこと

新卒で入社したばかりは良かったのに、時間が経つにつれて徐々に会社に行くのが辛い、会社に行きたくないと感じるようになってしまっている人は少なくはないのでしょうか。

まあそれでもほとんどの人は辞めるわけにはいかないし、休んでばかりもいられないから結局は会社に行くことにはなりますが。

ただそんな中で毎日を過ごすのはかなりストレスが溜まってしまうことですよね。

関連:明日仕事に行きたくない。そんな風に感じたら思い切って休むのも大事。

関連:仕事を辞めたい新卒者が知っておきたい仕事のことと将来の為の転職準備行動。

新卒社員が会社に行きたくないと感じるよくある理由

会社に行くたくないと感じるのは入社してまだそれほど時間が経っていない新卒社員に限った話ではなく、先輩や上司ですら考えてしまうこと。

ただ頻度や割合を考えると、やっぱり新卒の社員の方が考えることは多いのではないかなと思います。

また新卒で入社したばかりの人と、そうではない人では行きたくない理由の傾向もあり、新卒社員だからこそ多い理由というのもあります。

では新卒社員はどういった理由から会社に行きたくないと感じてしまうのでしょうか。

雰囲気に馴染めない、居場所がない

周りが仲良く仕事をしている中で、自分はその輪の中に中々入っていくことができず、職場の雰囲気にもなじめず、その結果孤立して居場所がないと感じてしまっている新卒社員は少なくないでしょう。

自分から積極的に打ち解けていくことができたり、周りに恵まれて馴染めるように話しかけてきてくれるようであれば良いのですが、自分から行くのは苦手で周りからも特に話しかけて貰えないなんて場合はよくあることです。

そして居場所がない中で長時間過ごすのはとにかく苦痛。これが原因で会社に行きたくないと感じている人は多いと思います。

仕事がない、与えてもらえれない

新卒で入社した社員は、普通上司や先輩から仕事を与えてもらい、教えてもらいながらこなしていくことになります。

ただその上司や先輩次第では、仕事を与えられず放置されてしまうこともしばしば。

忙しくて教える時間がない、新卒でもできる仕事がないという理由からすぐ終わるような雑用だけを与えて後は放置してしまうのです。

新卒にとって仕事がないというのは本当に辛いこと。

周りが忙しく仕事をしている中で自分だけ何もせずにぼーっとしているのは居心地が悪いし、何もすることがない分、時間が経つのがとても遅い。

これでは行きたくなくなるのも当たり前です。

朝が辛い

大学生の場合、毎朝決まった時間に授業があるわけでもなく、毎朝早くに起きる必要がないことがほとんど。その結果、夜遅くまで起きていて、朝は適当に起きていたという人も少なくはないと思います。

しかし社会人になればそうも行きませんよね。通勤時間や始業時間次第ですが、6時、7時には起きなくてはならないのが普通。

ただ慣れるまではこれがかなり辛い人もいますよね。

自由時間がない

学生の頃は自分の時間も多く、趣味に費やせる時間は十分あったと思います。

ところが社会人になると一変。自分が好きなことを満足できるまで行うことはできなくなってしまいます。

残業もあって平日は朝早くから夜遅くまで仕事、家に帰ってくるとご飯を食べて風呂に入るだけ。休みだって学生の頃よりは少ないし、人によっては休日出勤しなくてはいけない人もいます。

この時間の学生時代とのギャップの大きさにストレスを感じ、仕事に行きたくないと感じている人も多いのでしょうか。

上司、先輩から怒られるのが怖い

入社してすぐの頃は優しかった上司や先輩も、時間がたつにつれて厳しくなってきて怒られる場面もでてくると思います。

入社して数か月たったくらいからある程度仕事ができるようになるまでというのは、他の年代に比べると怒られる対象になりやすく、人によっては毎日怒られているという人もいるでしょう。

ただ怒られるというのは本当にストレス。誰だってされたくはないことです。

毎日なんてされたら行きたくなくなるのは当たり前。それでも我慢して会社に行き続けると体を壊してしまう人だっているくらい大きなストレスの原因です。

会社に行きたくないと感じている新卒社員に知って貰いたいこと

こんな理由から会社に行きたくないと感じている新卒社員。

ただ多くの人はそうは言っても行くしかないとストレスを溜めこみながら会社に行っているかと思います。

もちろん行きたくないという気持ちになる度に休むわけにはいけませんからね。

しかし無理をし、あまりにストレスを溜めこみすぎていると、いつか人は限界を迎えてしまいます。そこに待っているのは決して幸せな未来ではありません。

だからこそ会社に行きたくないと感じている新卒社員は以下のことを知っておいてください。

行きたくないと思っているのはあなただけではない

会社に行きたくないと思っているのは決してあなただけではありません。他の多くの人が思っていることです。

周りの人を見ると思っていないように見えるかもしれませんが、そんなことはないのです。

ですから自分は弱いからだ、自分が上手くいっていないせいだ、自分は甘えているなんていう風に自分で自分を追い込むようなことは絶対にやめるようにしましょう。

時には休んだっていい

もちろん頻繁にはだめですが、どうしても行きたくなくなったら時には会社を休んだっていいんです。

その為に有給休暇があるわけですから。

1日しっかり休んでリフレッシュすることはとても大切なことです。決して限界まで働き続けないでください。

風邪、体調不良など理由は適当なもので問題ありません。

時間がたつと解決することは多い、しないことも多い

現時点で会社に行きたくないと思える原因も、時間が経てば解決することは多いです。

職場にも時間がたつといつの間にか馴染めてくるし、放置され続けるのもしばらくしたら終わるでしょう。朝起きるのだっていつの間にか慣れてきます。

1年後振り返った時に、なぜあんなことで悩んでいたんだろうかと思うようなことは多々あります。

しかし一方で中には解決せずいつまでも悩まされることになることも多いです。

例えば残業が多すぎて自分の時間がないという場合、慣れることもないしこの先残業が少なくなるかは未知です。

自分自身の悩みはどちらなのか、改めて考えてみるのがいいと思います。

いつかは解決するとわかるだけでも気は楽になるし、解決しないと思ったら何を違う道を探るきっかけにもなります。

新卒社員でも会社を辞めて転職することは可能

現在は入社3年以内の第二新卒者の需要が高まっており、入社してすぐ会社を辞めたとしても転職することは可能となっています。

新卒で入社したばかりだから無理してでも続けなくてはいけないなんてことはないのです。

もちろん安易に転職に踏み切ることはできないし、すべきでもありません。

しかし新卒社員と言えども働き続ける、嫌でも会社に行き続けるということしか選択肢がないというのは間違いであるということは覚えておいてください。

限界まで自分を追い込まないように

ちょっとしんどいけど少し頑張ってみるのも良し。もう無理だと見切りをつけて転職に踏み切るのも良し。

どれも自分で考えて選んだのなら間違いではありません。

ただ限界を超えてまで頑張り続けたり、限界を超えてまで自分を追い込むようなことは絶対に辞めてください。

体を壊します。

ですからもし今の仕事に対して限界を感じているならば、無理をせず転職することも考えてください。

今は転職支援サービスが充実していて、入社して1年未満であっても利用可能なものが色々あります。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ