勢いで会社を退職して後悔している人がこれからすべきこと

勢いで会社を退職して後悔している人がこれからすべきこと

勢い任せに仕事を辞めてはいけない。勢いで会社を退職すると後悔する。これはよく言われていることですよね。

しかし実際に仕事をしていると色々と嫌なこと、辛いこと、思い通りにいかないことはたくさんあって、結局先のことより現在の環境から抜け出すことを重視して退職に踏み切ってしまう人は少なくはなく、実際に現在まさに後悔している最中であるという人もいるでしょう。

もちろんまずはそうならないようにするべきです。ただすでになってしまったら今更どうすれば良かったなんてことを考えたところで今の状況は改善することはありません。

そこで今回は勢いで会社を退職してしまった人が、少しでも今の状況を良くする為にすべきことを紹介します。

関連:転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え

関連:前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実

退職は勢いでするべきではない、でもしてしまったものは仕方がない

自分が活躍できないのは会社が悪いからだ、今の環境はひどすぎるから転職すればなんとかなる、とにかく抜け出したい、自分ならすぐ転職先も見つかるだろう。

そんな風に転職を安易に考え、特に何の準備もしないまま勢い任せに退職をしてしまえば後悔する可能性はとても高くなります。

他に比べれば実は良い環境だった、高望みしすぎていた、自分を過大評価しすぎていた。よく考えずに退職したせいで、退職後になって初めて気づくことがたくさんでてくるでしょう。

しかしそんなタイミングで気づいたところで後の祭り。もう戻ることなんてできません。

ですからまずすべきなのは、すでに退職してしまった事実を受け止めること。まずはそこがスタートになります。

後悔しの気持ちを少しでも減らす為には

とは言え退職してしまった事実を受け止め仕方がないと思ったとしても、そう簡単に後悔してしまっている気持ちを切り替えるなんてことはそう簡単にできることではありません。

そんな時、無理に後悔している気持ちをなくそうとする必要はありません。

今の状況を客観的に捉え、今後のことについて考える。考えるのはそれだけのことです。

何に後悔しているのかはっきりさせる

まず何に後悔しているのかはっきりさせましょう。

勢いで退職してしまうと、とりあえず漠然と後悔の念を抱いてしまう場合が多いんですが、一つ一つ何を失ってしまい後悔しているのか、退職しなければ何が良かったのかということを考えてみてください。

待遇は良かったのにそれを失ってしまった、人間関係が良好だったのにまた一から築きあげなくてはならなくなった、退職して失ってしまうことってまあ色々とあると思うんですが、それを一つずつ考えてみましょう。

良かった部分も改めて振り返る

後悔している気持ちが整理できたら、次に退職して良かった部分も考えてみてください。

退職することでとりあえず残業が多い環境から解放された、嫌な上司と顔を合わせる必要がなくなった、辞めたいと思った理由は何かしらあって、退職によって得たものもきっとあるはずです。

今振り返ればたいした理由ではないと思ってしまいがちですが、その当時、そのことで自分がどれだけストレスを感じていたのか、どれだけしんどいという気持ちの中で働いていたのかを振り返りましょう。

長い目で考える

退職した直後というのはその瞬間のことだけで物事を考えてしまいがち。

実は長い目でみると決して悪いことではないのに、その瞬間だけを捉えて退職したことが悪いことだと決めつけてしまっている人が多いです。

例えば人間関係であれば、既に出来上がった人間関係とこれからまた一から築き上げていく人間関係であれば前者の方が良いと感じるのは当たり前だし、待遇だって一時的落ちたとしても今回の退職によってキャリアアップし10年後には退職前の会社にいるより収入は増える場合だって多々あります。

もちろんそうなる為には自分の努力も必要。ただ自分の努力はコントロールできる部分であって、もう取返しがつかないものを失ったと考えるのは少し早すぎます。

目的を持って転職活動をする

何に後悔したのかとはっきりさせ、良かったことを大切にし、長い目で今後について考えた上で目的を持って転職活動をする。最終的にはこれしかありません。

何もかもを今すぐ手に入れようとせず、徐々に取り返していきながら数年後に「退職して良かった」と思えるような環境をつくる。

その為にも目的をもって転職活動を進めていってください。

後悔したことは必ず次に生きるし、取り返すチャンスはある

できることなら後悔の念なんて感じずに、心から退職して良かった、転職して良かったと思えるのがベストでしょう。

ただ後悔の気持ちは使い方でそれはそれで今後につながります。

もし後悔したまま焦りや不安を感じたり目の前のことしか考えずに、よくわからないまま転職してしまえばやっぱり退職しないほうが良かったと思い続けてしまうことになりますが、自分なりに今後どうしていくのかということをしっかり考えた上で進路を決めれば、きっと数年後には退職して良かったと思えるはずです。

特に今は売り手市場で転職がしやすい時期。選択肢も多く、きっと良い転職先を見つけることができるはずです。

いつまでもくよくよせず、今から先を見据えて動き出しましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ