仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

仕事を辞めたいと思いながらも、頑張ってきたけれどもう無理。もう仕事を辞めよう。

そう決心したはずなのに、仕事を辞めづらい、辞めたいけど言いにくい。

そう悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

私自身、もう辞めようを思いながらも、言いにくいなーと感じながら辞めづらく、辞めるまでに時間がかかってしまいました。

そこで、今回は仕事を辞めづらい、辞めると言いにくいと感じた時の対処法を紹介します。

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

スポンサーリンク

なぜ辞めづらい?なぜ辞めると言いにくい?

そもそもなぜ辞めづらいと感じていますか?なぜ辞めると言いにくいですか?

私の場合は、ちょうど忙しい時期だったこと、周囲もピリピリしていたこと言うタイミングがわからなかったことが原因でした。

チームとして仕事をしていた為、周りに迷惑をかけてしまうのが嫌だったり、あからさまに嫌な態度をとられるかもしれないことを恐れていたり、どのように切り出せばいいかわからなかったり。

その結果ずるずると働き続けていました。

同じように感じている人もいるのではないでしょうか。

他にも上司が怖くて言いにくい責められるかもしれないという理由もあると思います。

仕事を辞めますって本当に勇気がいるし、言いにくいことですよね。

ただ、辞めるのであればいつかは言わなくてはいけないことですから、どこか勇気をもって言わなくてはなりません。

スポンサーリンク

仕事を辞めると言う為に

結局、仕事を辞めると言うには自分の中で決心を持つことです。その決心を持てない理由は、不安があるからでしょう。

ただ、実はその不安は実はたいしたものではありません。やる前というのは過剰に不安になるものですが、実際はたいしたことではないということはたくさんあります。

私の場合、時間はかかりましたが最終的には会社を辞めることを告げることができました。

終わったからこそ言えることですが、終わってみれば本当にたいしたことありませんでした

代わりの人間はいる

私の中では真面目に仕事やってたし、チームの中でも経験は豊富な方だったので、もし辞めたら大変だろうなと思っていました。

ただ、実際はすぐに代わりの人が投入され、何事もなく仕事は進んでいきました。

ちょっと寂しい気もしますが、会社なんてそんなものです。

辞めると言ったら負荷がさがった

仕事を辞めると言ったら仕事の負荷はかなり下がり、むしろ楽になりました。

仕事の関係上、辞める人間に重要な仕事を任せることはできませんから、自分が持っていた仕事を徐々に引き継いでいった為です。

むしろもっと早く言えばよかったなーと辞めた今では思います。

想像以上に上司は無関心

最初は引き止めもありましたが、辞めることを決心しているということを伝えれば、引き止めもなくなります。

そして別に責められるわけでもなく、怒られるわけでもなかったです。

辞める人、転職する人は少なくはありません。特別なことでもないのです。

辞めると言ってから辞めるまではあっという間

仕事を辞めると言ってから、辞めるまでは本当にあっと言うまです。

辞めると言ってから気まずくなったらどうしようと悩む必要はないくらいあっと言う間です。

退職を告げる場合、1ヶ月前程度の人が多いかと思います。

1ヶ月って土日休みなら20日~22日しかないんです。この間、ただただ、淡々とことが運んでいきます。

辞めづらい、言いにくいというのは実は悩むものではない

辞める前までは辞めづらい、言いにくいと悩んでしまうものですが、実はそんなものではないのです。

言ってみると本当にたいしたことないし、言うことでとてもすっきりします。

最初は勇気がいりますが、実はたいしたことないのではっきり言いましょう。

もし辞めたいけれど転職先が決まっていないというのであれば、辞める前に転職活動を始めておきましょう。

何もやらずに辞めるのはリスクがありますし、中々言えない原因も実は転職先が決まっていない不安な気持ちというのもあるかもしれません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

そして今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

とにかく早めに行動に移してください。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

関連:退職時に引き止められた場合の対策方法


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ