仕事を辞めたいと上司や親に言えない。その原因は実は自分で決めきれていないからかも

仕事を辞めたいと上司や親に言えない。その原因は実は自分で決めきれていないからかも

「仕事を辞めます。」たったその一言が言えずにいる人はどれくらいいることでしょう。

理由は色々とあると思います。そうそう簡単には言えることではないですよね。ただ、その一言を言わない限りはいつまでも今の環境で、今の会社で、今の仕事を続けることになります。

一度、なぜ言えないのか、どうすれば辞めたいと言えるのか、そこを考えてみましょう。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

関連:ブラック企業からホワイト企業への転職体験談。転職することで何が変わった?

仕事を辞めたいとなぜ言えないのか

まずは、なぜ仕事を辞めたいということが言えないのかその理由について考えみましょう。

辞めたいと言えない理由

辞めたいと言えない理由は大きくわけて3つに分けれれます。

  • 会社に理由がある
  • 会社以外の周囲に理由がある
  • 自分に理由がある

会社に理由がある

辞めたいなんて言ったら上司に怒られるかもしれない、

今は忙しい時期だから辞めたいなんて言えない

責任のある立場だから言うに言えない

こういった会社で自分が置かれている環境や上司などの人間関係が原因で言えないという人も多いのではないでしょうか。

会社以外の上司に理由がある

辞めたいなんて言ったら親に何言われるかわかったもんではない

辞めたいなんて言っても妻が許してはくれない

もし仕事を辞めたら友人にどう説明すればいいかわからない

辞めたいと言えないパターンとしてはこんなものもありますね。

自分による理由

辞めても次の仕事があるか不安だから辞めると言えない

辞めて後悔することが不安

逃げるみたいで嫌だ

このように自分で色々と考えてしまうことも一つの原因としてありますね。

結局は辞める決心がついていないだけ

さて、ここまで3つのパターンでいくつか辞めたいのに言えない理由を紹介しました。

ただこれらって、実は直接的な理由ではないことがほとんど。

もっと本質的な理由h別にあって、それは自分の中で辞める決心がついていない、ただそれだけのことです。

何て言えばいいかわからない、辞めたいなんて言ったら何言われるかわからない、不安で言えない。

あたかもそれを理由として当てはめているかもしれませんが、結局根本にあるのは辞めるということに対して自分自身の中で納得できていないだけ。

本気で辞めると決めているのであれば、他者にどう思われようが、一時的に誰かに何かを言われようが簡単に辞めると言えるものです。

ただそこまで辞める決心をつけるというのは簡単なことではありません。ですから、まずはどうすれば辞めたいと言えるのかではなく、どうすれば辞める決心をつけることができるのかということを考えることが大切になります。

どうすれば辞めたいと言えるのか

ではどうすれば辞めたいと言えるのでしょうか。

本当に辞めたいのか一度考える

まずはあなた自身の中で、本当に辞めたいのかどうなのかということを一度考えてみることが大切。

一度辞めたいと思うとその思いばかりが先行してしまって、あまり冷静に考えることができなくなりがちです。

あらためて冷静に考えてみて、自分は本当に仕事を辞めたいのか、それとも実はそんなに辞めたいわけではないのではないか、冷静に考えてみましょう。

言えないまま過ごすか、言ってすっきりするか天秤にかける

実際に辞めたいと言った場合と、言わなかった場合について考えてみましょう。

言わなければ当然辞めることはできずに働き続けることになります。

変化もないので上司にも同僚にもどうこう言われることはないし、家族や友人のことの気にする必要はありません。辞めた後のことを不安になる必要も心配になる必要もありません。

ただ、何も変わらないです。

では次に辞めたいと言った場合について考えてみましょう。

もしかした上司に怒られるかもしれません。同僚に色々と言われるかもしれません。家族から反対を受けるかもしれません。

しかし辞めたいと言ってから辞めるまでなんてたかが1ヶ月。1ヶ月過ぎれば解放されてそんな悩みからは解放されます。

自分を追い込む

それでも辞めたいと言えないなら自分を追い込むことも大切。

何を隠そう私も辞めたいと思っていながら辞めずにかなりの期間過ごした一人です。次に働くまでに時間があったのでだらだら言えずにいました。

そんな私を追い込んでくれたのが妻。辞めること決まってるならさっさと言えと怒られ、さらに日程を指示され、退職後の旅行のスケジュールや引っ越しの日程まで決めてしまいました。

ここまで来るともう言わないわけにはいかずに、思い切って言うことができました。とは

実際に言ってみるとなんてことなく、上司とは30分で終わったし、その後の1ヶ月も割と何もなく過ごせました。

結局自分の意志って弱いもので、何か追い込まれるものがないとだめなんですよね。

私の場合は特殊ですが、自分を追い込む手段としてはさっさと転職先を決めるのが一番だと思います。

内定を貰って入社日が決まれば、言わなくてはならない日程が自然と決まりますから、言えないまま放置するなんてことはなくなります。

また、転職先が決まっていれば退職後の不安も取り除かれますしね。

どうしても退職後にのんびりしたいというのであれば、引っ越しの予定を入れてしまうだとか、なんかしら予定を入れてしまうといいですよ。

転職に向けて

転職先を決めるにあたり、転職活動は避けては通れない道。

やっぱりできることなら退職前に転職先を決めておいたほうがいいし、少なくとも情報収集だけはしておく必要があります。

その為には、転職サイト、転職エージェントを上手く使っていくことが必要になります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職したいけどできないと悩むなら、その理由を一つずつ潰していくことが必要

関連:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ