異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

部署異動したい、そう思っている会社員の人も多いのではないでしょうか。

新入社員で配属された部署が自分の希望の部署ではなかった。

仕事をしていくうちに違う仕事がしたくなった。

キャリアアップの為に、違う部署も経験したくなった。

部署異動を希望する理由は様々です。

ただ、制度としては部署異動することが可能であっても、本当に部署異動できるのでしょうか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:限定正社員とは。制度の概要、働き方やメリット、デメリット。

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

スポンサーリンク

異動願いをだすことと、そのリスク

異動を実現しようと思うと、異動願いを出す必要があります。しかしながら異動願いをだすことにはリスクがあることも知っておかなければなりません。

まずは異動願いをだし、異動したい意思を伝える

異動したいと思った時、多くの会社では異動願いをだすことから始まります。

異動願いといっても、正式な書面を出さなくてはいけないこともあれば、上司との面談時に直接言うだけで良かったり、システム上で申請をだすなんて会社もあります。

やり方は会社によってかなり違いますが、とにかく上司、会社に異動したいという意思を伝えることが必要です。

異動願いをだすことにはリスクもある

会社や上司によっては、異動願いをだすことがマイナスになってしまうこともありえます。

異動願いをだすことによって、仕事に対して不満がある、イヤイヤやっていると思われてしまい、

そのことによって上司に嫌われ、例え仕事で成果をあげていても、評価を下げられてしまうということがあるのです。

もし異動が叶ったとしても、異動先での仕事は何もわからない為に成果をあげることができずに、評価を下げられるということもあります。

スポンサーリンク

部署異動の希望は通る?

上記のようなリスクは会社によっては全くないので、自分の会社がどういった会社なのかを見極めておく必要があります。

もしリスクがない場合や、リスクがあろうとも部署異動したいという場合であれば、異動希望をだしてもいいでしょう。

ただし、異動希望を出しても、それが通るとは限りません。

異動希望が叶うことは難しい

異動希望をだした所で、その希望が通ることは難しいことがほとんどです。

会社にとって、デメリットが大きい為です。

異動するということは、これまで経験して成果を出せるようにになった仕事を離れ、別の仕事をするということです。

別の仕事に就けば、すぐに成果をあげる人材とはならず、ある程度の時間がかかってしまいます。

せっかく仕事で成果をあげることができるようになった人間を、わざわざ異動させて成果をあげることができない人間に変えることはしたくありません。

また、その部としても仕事ができる人間を手放すのは嫌です。

もちろん、異動が全くないわけではありません。

異動によって、様々な仕事を経験することで広い知識を持った人材を育成できるという面があります。

ただ、そういった場合でも個人の希望ではなく、会社の指示に従うという場合が多いのが現実です。

会社によっては異動しやすいかもしれない

上記で述べたことは、全ての会社に共通することです。

しかし、なかには希望の通りやすい会社もあります。

それは、個人のモチベーションを大切にしている場合です。

希望している仕事ができない為に、モチベーションが低下し生産性が落ちるくらいなら、

たとえ一時は成果をだせなくなっても、将来を見据えて異動をさせるという場合があります。

しかし、その場合でも全員がとはいきません。

人気のある部署は偏りますし、さすがに全く関係ない部署への異動はさせません。

希望した人全員を異動させていると、会社全体の成果に影響がでてしまう為です。

 

自分が異動できるか異動できないかを知る

もし異動したいと考えているのであれば、まずはその可能性があるのかを知らなくてはいけません。

可能性が無いにも関わらず、異動希望をだして下手に人間関係を悪化させるのは無駄なことですし、いつかは異動したいと思い会社に残っていても将来後悔することになります。

異動できるか異動できないかを知るには、過去の部署異動実績から知りましょう。

今いる部から、希望の部署に行った人はいるのか。

異動希望はどの程度の人が通っているのか。

もし、実績がないなら可能性は非常に少ないでしょう。

ただ、ある場合も安心してはいけません。

たとえ実績があるとしても、自分も同じようにできるとは限りませんから、異動できない覚悟も必要です。

今の仕事を楽しむか、転職するか

異動したいとしても、なかなか異動願いは通りませんから、できなかった時の為に、2つの選択肢を選ぶ必要があります。

その2つが、

  • 今の仕事を楽しむ
  • 転職する

今の仕事を楽しむ

異動願いをだしたとしても、その希望が通らなかった場合には、今の仕事を楽しむ必要があります。

やりたい仕事ではなかったとしても、やりがいを見つけ仕事を楽しむことができるのであれば、たとえ異動できなかったとしても、会社生活は満足の行くものになります。

もし、今の仕事は絶対に嫌だ、なんとしても希望の仕事がしたいと考えているのであれば、転職したほうが良いです。

転職する

もしなんとしてもやりたい仕事があるのであれば、異動に期待するよりも転職するほうが良いと言えます。

異動できるかわからない状態で、いつかはできるかもしれないと淡い期待を抱いて長く働いてしまうと、転職も不利になっていきます。

時に未経験職種は若いほうがずっと有利で年を取るにつれて、かなり不利になっていきます。

やりたい仕事ができるようになるのは、異動よりも転職のほうがずっと簡単かもしれません。

やりたい仕事があるなら様々な会社を見てみるといい

まずは色々な会社を調べてみましょう。

場合によっては、やりたい仕事ができる好条件の会社が見つかるかもしれません。

自分が働いている会社以外の会社も知ることで色々見えてくるものもあります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:将来が不安。今の仕事は将来の仕事でいいのか。

関連:会社に不満、解決するには?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ