異動が辛くて仕事を辞めたい。辞める前にできることは?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

異動が辛くて仕事を辞めたい。辞める前にできることは?

会社で数年働いていると何人かの人は違う部署に異動を命じられることになるでしょう。

その異動が自分にとって喜ばしいものであればいいのですが、異動することによって仕事が辛いものになってしまったなんていう場合も少なくはありません。

それまで慣れた環境で働いてきた人が異動して新たな環境で働くことは簡単なことではありません。ましてその異動が自分の望んでいないものであればなおさらです。

そしてその状況が自分にとってあまりにも辛く耐えがたいものになってしまうと仕事を辞めたい、そんな風に感じるようなってきてしまいます。

ではそんな時、一体どうするのが正しいのでしょうか。

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:転勤、人事異動の拒否は可能?下手したら懲戒解雇に・・・

異動して辛いこと

異動してから仕事が辛いと感じるようになる場合というのは決して少なくありません。

新たな環境で働くというのはやはり大変なことです。具体的には以下のことで悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

新しい仕事を覚えられない、ついていけない

異動すれば仕事内容は大きく変わることになり、あらゆることを一から勉強し直さなくてはなりません。

それまで仕事に慣れ、仕事を覚えるのではなく仕事をこなしていくことが中心となってしまった人にとってまた一から仕事を覚えていくというのは容易なことではないでしょう。

そして仕事に関しては新入社員並みであっても、仕事は新入社員のように一つずつは教えてもらえないので余計大変に感じてしまう場合も多いです。

そして仕事ができない状態が続き毎日のように上司から叱られ仕事が辛いものになってしまいます。

異動前の部署でばりばり仕事ができていた人ほどそのギャップからより強く悩んでしまうことになるでしょう。

新しい人間関係に馴染めない

新たな環境で一番大変なのが人間関係。上手く馴染むことができればいいのですが、新たな同僚と中々上手く行かずに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

誰か一人でも気の合う同僚が見つかればいいんですが、それができないと職場で孤立してしまって大きなストレスを感じることになってしまいます。

また、職場によっては異動者に対して厳しい態度をとってくるような場合もあります。同じ会社で、しかもこれから一緒に働く同僚になるにも関わらずに簡単に受け入れようとしないようなこともあって大変です。

以前の仕事にくらべて仕事がつまらない

異動して仕事が変わったことによって以前に比べて仕事がとてもつまらないものになってしまったと悩む人も多いですね。

自分にとっては望まない異動であった場合にこのように感じる傾向は特に強くなります。

いくら自分は○○の仕事がやりたいと声を上げてもその希望は叶えられず、むしろ自分が絶対やりたくないと感じる仕事をさせられるのが会社。受け入れざるを得ないものの、自分の中で納得することは簡単にできることではありません。

嫌な上司、先輩の下についてしまった

異動すれば当然上司や先輩も変わります。それが良い人ばかりであればいいんですがそうも行きません。

すぐ怒鳴る人、理不尽なことを言ってくる人、気遣いを全くできない人など、嫌だなと感じる人にあたってしまう可能性も少なくはないでしょう。

もちろんそれは異動しなくたって起こりうること。ただ異動して同僚も知らない人ばかりの環境と、異動前の仲の良い同僚がいる環境ではストレスの大きさは全然違います。

一緒に愚痴を言ったり、サポートしあったりする人がいない中で嫌な上司、先輩の下で働くというのはとても辛く感じることが多いでしょう。

仕事を辞めたいと思うようになったら

仕事が辛い。そんな状態が続いてしまうとその場から逃げたいと思うのはとても自然な考えですから、仕事を辞めたいというのは当たり前のこと。

ただそこで勢い任せに辞めてしまうというのは、後々後悔につながる可能性もあります。

ですから一旦冷静になって、今の自分には何ができるか、どんな選択肢があるのかということを一度考えてみてください。

現状を脱出する為にできることはないか

異動先でどうしても辛いのであれば、前の部署に戻してもらえたり、仕事内容を変えてもらえる可能性は意外に高くあります。

ですからまずは今のの職場の上司、前の職場の上司に相談そしてみましょう。一度ではもう少し頑張れと言われてしまうかもしれませんが、数回話をすればやむを得ないと判断してくれるかもしれません。

会社としても社員に辞められるのは避けたいこと。無理にその人に合わない仕事を続けさせるくらいならば前の状態を戻そうとする場合が多いです。

ただ評価としては下がってしまう可能性は否めませんので、その覚悟は必要です。

考え方を変えてみる

前の職場でばりばり活躍していればいるほどに、仕事はできて当然だと思ってしまうし、仕事ができない自分を許せなくなってしまうもの。

そしてそんな自分が恥ずかしくなって積極的に周りの人と絡むことができずに人間関係も構築できなくなってしまいます。

そんな人は一度考え方を変えてみてください。

異動した直後は仕事はできなくて当然、できないことに対して恥ずかしいと思う必要も申し訳ないと思う必要もない。そんな風に考えましょう。

できないことに対して堂々としていいんです、これから仕事を覚えていけばいいだけ。

確かに最初は怒られることも多かったり、嫌味を言われてしまうこともあるかもしれません。ただそれは後々仕事ができるようになれば見返すことができますから、深く気にしないようにしましょう。

異動の意味を考える

なぜ会社は自分を異動させたのか、その意味について考えてみてください。

異動する理由は様々ですが、将来を嘱望している人材に対して教育的な側面を持って行われる場合も多々あります。

異動直後は辛いのは当たり前、その経験も自分を成長させるものであり、会社としてもそこをの乗り越える強さを身に着けさせる為に異動させているもかもしれません。

時間が解決してくれることを待つ

仕事に慣れない、職場の人間関係に馴染めないというのは時間が解決してくれる場合が多々あります。

しかも自分が思っている以上にずっと早くに慣れる場合が多いです。

異動して辛いという状況が続くと、解決策も見いだせずにその状態がいつまでも続くのではないかと思ってしまうかもしれませんが、1ヶ月先、2ヶ月先にはなんてことなくなってたとなるかもしれません。

転職するのもアリだがデメリットも

もちろん転職することがだめだというわけではありません。そうせざるを得ない状態もあります。

ただ忘れてはいけないのが転職したととしても結局は新たな環境、新たな仕事内容、新たな人間関係が待っているということ。

今の状況から逃げたいがあまりに転職を決断しても、下手したら待遇などが悪化しただけで同様の悩みを抱えてしまうなんてこともありえるのです。

ただ仕事内容が希望のものと違い、どうしても受け入れることができないなんて場合には有効的な手段となります

転職をおすすめする状況とは

異動で仕事が辛いとなった時、基本的にはなんとか仕事を続け、今の状況を改善する方法を探るといったことをおすすめします。

ただ場合によっては転職することをおすすめすることもあります。それは以下の二つの場合です。

  • 仕事が辛すぎてどうしても続けることが無理な場合
  • 転職を前向きに捉えることができた場合

まず一つ目ですが、どうしても無理という状態で仕事を続けることは健康を害するリスクがあるので、そんな時は限界を超えて働くのではなく、とりあえず今の状態から脱出することを優先的に考えていいでしょう。

体を壊してしまっては元も子もありません。

そして二つ目が転職を前向きに捉えることができた場合。慣れた環境から新たな環境で働くことになった場合は、自分の将来について考える良い機会。

慣れた環境に身を置いてしまうといくら周りにチャンスが転がっていても気づくことはできませんが、辛い環境に置かれたからこそ様々な選択肢を考え、チャンスに気づくことが可能となります。

今後のキャリア、なりたい姿などを想像した時に転職することが実は自分にとって良いものだと捉えることができたのならば、ぜひチャレンジしてみてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:拒否できない人事異動が気に食わなくて転職する場合の注意点

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?



このページの先頭へ