拒否できない人事異動が気に食わなくて転職する場合の注意点

拒否できない人事異動が気に食わなくて転職する場合の注意点

毎年年末や年度末の時期になるとに多くなるのが人事異動。

今の仕事は嫌だ、違う部署に移りたいと考えている人にとってはありがたい話かもしれませんが、逆に今の仕事に満足いている、今の仕事を極めていきたいと考えている人には非常にショックなことになる原因になります。

その異動が自分にとって耐えがたいものであるならば転職を考える人も中にはいるでしょう。

そこで、今回は人事異動を機にした転職について考えていきます。

関連:転勤したくない!転勤のない仕事に転職する場合のおすすめの仕事とは?

関連:商社の仕事が激務過ぎて辞めたい。商社からの転職で気を付けるべき点とは

突然命じられる人事異動、拒否権はない

人事異動とは全く予想していない中で突然命じられることがほとんど。会社によって命じられる時期は異なりますが、だいたい2週間前から1ヶ月前くらいに命じられ、そこから異動の準備を、引継ぎをするなんてことが多いです。

そしてその人事異動は、あからさまな嫌がらせであったり、育児や介護などの特別な理由がない限りは拒否権は残念ながらありません。

入社時点で職種や勤務地を限定されていない場合、どういったことをさせるかは会社の指示に従う必要があります。

もし頑なに拒否し続けてしまうと、下手したら懲戒解雇になる可能性もあるので注意が必要です。

参考:転勤、人事異動の拒否は可能?下手したら懲戒解雇に・・・

人事異動を理由に転職を考える人も多い

拒否することができない人事異動に対し、しぶしぶ受け入れる人が多いですが、自分にとってその異動があまりにも耐えがたい苦痛で転職を考える人も多いです。

人事異動が原因で転職する理由には以下のことが挙げられます。

やりたくもない仕事をさせられることになる

自分はこの仕事がやりたくて就職した、今の仕事でどんどん色々なことを経験してキャリアを積んでいきたいという人にとって、人事異動はその理想を崩される原因となります。

まだ関係ある部署、仕事内容が同じ部署であれば我慢できるかもしれませんが、例えば開発部署で技術者としてやって行きたかったのに営業に異動させられたり、企画部から経理部に異動させらりと、全く違う部署に行くことを命じられることも少なくはありません。

激務になることが目に見えている

会社内では忙しさは平等ではなく、定時で帰ることができる部署もあれば残業も多くて激務である部署もあります。また、残業時間に限らず仕事の厳しさの面でも大きく違い、仕事がきつすぎて精神的に限界を超えてしまう人多数でてしまう部署もあります。

自分が異動となった時に、そういった忙しくてきつい部署だとやっぱり嫌なものです。

出世競争から外された

異動は出世と関係性があり、エリート層が行く部署も、出世競争に敗れた人が行く部署が決まっている会社も少なくありません。

その為、人事異動を命じられたことで出世競争から脱落してしまったということに気づくこともあります。

出世には様々な要素があり、いくら本人が頑張って成果をだしても必ずしも正当に評価されずに出世できない場合もありますから、不満を感じて辞めることを感じる人もいるでしょう。

転職するかどうかは人事異動の目的と影響から判断しよう

人事異動は、今後の社会人人生を大きく変えるものであり、もしどうしても気に食わない、働き続けることが耐えられないのであれば転職するという判断は間違っていません。

ただ、その前にその人事異動が行われた目的と、その人事異動が自分に与える影響は一応考えてみてください。

異動の目的には色々なものがある

人事異動と一言で言っても、目的は様々です。

単にある部署で人手が足りないから、その部署にあってそうな人材を回すという場合や、将来的なことを考え様々な経験を積ませる目的で人事異動させる場合、左遷として行われる場合などポジティブな理由もあればネガティブな理由もあります。

将来的な成長を考えて行われる人事異動は、1、2年限定でまた戻ってくることが前提となっていることも多く、キャリアとしてはマイナスどころかプラスになる場合もあるので転職するのはちょっともったいないかもしれません。

生活に影響がでるなら転職しても良し

もしも人事異動の結果、残業が増えたり休日出勤が増え、これまで通りの働き方ができなくなったことで生活面に影響がでるのであれば転職良いでしょう。

人によってどんな働き方をしたいかは変わりますが、会社という組織に属する以上はそれぞれの職場に合った働き方を求められます。もしその働き方が自分に合わないと感じるのであれば、再度人事異動があるまで待つか、転職するしか方法はありません。

自分のキャリアプランが壊れるならば転職しても良し

異動によって、本来自分が目指しているものが崩れさったのであれば、それもまた転職するに値する理由です。

上述したように、成長を考えた一時的な異動である場合もあるので目的を考えることは必要ですが、考えた上で異動して働き続けることがマイナスになるのであれば、働き続ける必要なんてありません。

早めにまた自分のやりたいことができる環境に移っていかなくてはなりません。

転職するとしたら成功させなきゃ意味はない

やっぱりもう転職するしかないと決めて転職活動を始めたとしても、転職は成功させなきゃ意味がありません。

自分がやりたいことができる仕事に就く、キャリアダウンしない、希望の働き方できるといったことが実現できなければ転職する意味がありません。

ですから、とにかく転職を成功させるということにはこだわっていきましょう。

転職を成功させる為に、転職サイト、転職エージェントを有効的に利用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。私の中で利用してみて満足度が高かったサイトは以下の4つです。

業界内で上位3位以内の転職支援サービスです。

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

関連:仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ