人事異動の理由や人事異動が多い人の特徴。良い場合もあれば悪い場合もある

人事異動の理由や人事異動が多い人の特徴。良い場合もあれば悪い場合もある

長い会社生活の中で、ほとんどの人は数回異動を経験することになります。

入社後から定年までずっと同じ部署で同じ仕事をし続けるという人はほとんどいないでしょう。人によっては2、3年置きに異動を繰り返しているなんて人もいます。

ではそもそも会社ではなぜこれほどに異動が行われているのでしょうか。

今回は会社が行う人事異動の理由や異動が多い人の特徴を紹介します。

関連:異動が辛くて仕事を辞めたい。辞める前にできることは?

関連:拒否できない人事異動が気に食わなくて転職する場合の注意点

人事異動の理由

異動が必ずしも自分にとって喜ばしいものになるとは限りません。本当は異動なんてしたくないのに会社から命じられて渋々異動するといった人も大勢いるでしょう。

異動は時に社員のモチベーションを低下させてしまったり、時には会社を辞められてしまうようなリスクがあることです。

ただそれでも会社には会社として人事異動を行う理由があります。

職場間交流

まず一つ目の目的が職場間で交流を図る為に行うという点です。

各部署によって得意なこともあれば苦手なこともありますし、考え方が固執してしまいすぎたり慣れすぎたりしてしまうことで職場としての成長が妨げられてしまっている場合もあります。

そこで他の部署の人を入れることにより、苦手な部分にメスを入れたり、固執しすぎている考え方を緩和したりといったことに期待して異動を行っているのです。

また部署間で敵対心を抱いている状態を改善するという目的もあります。

同じ会社でありながら、それぞれの利益や考え方がぶつかりあってしまい、部署間で非常に仲が悪くなってしまうというのはよくある話です。

この関係を少しでも良好なものとする為に、定期的に異動が行われるようになっている場合も少なくありません。

人材育成

若手の人材を中心にしばしば行われるのが人材育成の為の人事異動です。

前後行程の部署や業務に関連する部署の仕事について知ることは、担当の仕事での専門性を深めたり、仕事の目的についてよく理解するのにも役に立ちます。

その為、若手の人材は積極的に異動が行われている会社は多いですね。

また将来の役員候補の人材に対して広く様々な仕事を経験させるという目的で頻繁に異動をさせることがあります。

負荷に応じた適正な人員配置

会社の状況、社会情勢、景気の動向など様々なことが変わることで、特定の部署の負荷が高くなったり、逆に特定の部署の負荷が低くなってしまったりといったことはよく起こります。

そうなると会社として負荷が高くなって人員不足になった部署に新たな人を採用するよりも会社内で人員配置を変えて対応するのが当然のこと。

それに伴って異動を命じられてしまうという人も多いでしょう。

適材適所

会社としてその部署で活躍することができていない人材をそのままにしておくことはあまり良いことではありません。

その人がしている仕事に比べると人件費が高くて赤字になってしまうなんてことになりかねません。

とは言え正社員として雇った以上そう簡単にクビにすることはできないので、働き続けることを前提として考える必要があります。

その為、できるだけ社員に利益を生み出して貰う為に、より活躍できる場に異動させるのです。

不正防止、発見

特にお金が関わってくる部署では不正防止や不正の発見を目的に数年単位で異動が義務付けられている場合があります。

例えば銀行なんかは一つの支店に数年しかいることはできませんね。

経理の関係に手をだしやすくなるという場合もありますし。長くいることで業者や顧客との関係も深くなりすぎる点も不正につながる可能性を高める点です。

左遷

大きなミスをしてしまった時など、責任を問われて本社から地方の支社に異動させられるといったいわゆる左遷として行われる場合もないわけではありません。

労働者にとっても最も嫌な異動であると言えるでしょう。

左遷の場合、ひどい会社であれば社員を退職に追い込む為に行われている場合もあります。

会社としてクビにはできない為、まったく仕事がない部署に異動をさせたり、僻地に異動させることによって自主退職に追い込むという目的で行うのです。

その他

異動はだいたい上述した内容で行われますが、もちろんこれだけではありません。

例えば職場内で結婚した人のどちらかを異動させることだってありますし、不倫の疑いがある場合などに異動させて離すなんてことを行う場合もあります。

会社として若手の人材を増やしたいからあえてベテラン社員を異動させるなんてこともありますね。

人事異動が多い人の特徴

異動はだいたい上記で紹介したような理由で行われる場合が多いですが、どれほど多いかというのは会社によっても異なります。

多い会社では3、4年で1回は異動することになるし、10年に1回あるかないかなんていう会社もあります。

ただ異動の有無は個人によって大きく異なる部分であり、どんな会社にも飛びぬけて異動が多い人っていますよね。

では異動が多い人はどういった特徴を持っているのでしょうか。

優秀で将来の出世候補

若手の時に仕事で優秀な成果を収め、周りからの評価が高い人は出世候補とみなされて様々な経験をすべく異動が数年置きに行われる場合があります。

30代から数年置きに異動し、異動のタイミングで昇格を繰り返していくことになる場合が多いですね。

ただ会社によっては出世候補だからと言って異動を繰り返させるのではなく、一つの部署でとにかく専門的なスペシャリストになることを良しとしている会社もある為、異動が出世に絶対だというわけではありません。

どちらにしろ出世できるかどうかは20代のうちに決まってしまう場合がとても多いです。

職場に迷惑な人材

出世とは真逆で職場に迷惑な人材というのも異動が繰り返される場合が多いですね。

行く部署、行く部署で上司やっ顧客トラブルを起こしてその度に職場から追い出されるということを繰り返すわけです。

その職場としては問題を起こしたことがばれると違う部署がその人材を引き受けてくれなくなるので、わざと隠しているなんて場合もあります。

 能力不足、適正不足

職場において納涼不足、適正不足と思われてしまうことも異動が多くなってしまう原因。

今の仕事には向いていない、他の仕事に向いているだろうという上司の判断で異動させられることが何回か繰り返してしまっている人がいます。

ただこういった異動は30代前半くらいまで。30代後半以降になると会社からの期待も少なくなってしまってその人を思った異動というのが少なくなってしまいます。

異動が理由での転職はよく考えて行うこと

このように異動は喜ばしくない理由があるのも確かですが、逆に喜ばしいものであることもあります。

また異動の種類によっては2年程度で元の部署い戻ることができる場合もありますね。

異動が不満で転職を考える人もいますが、実は良い部分もあるかもしれません。安易に転職を考えすぎると後悔することもあるので注意しましょう。

自分がなぜ異動させられたのか、まずはその点を考えるようにしてみてください。

もちろん転職がだめというわけではありません。もし異動の理由が不都合なものであったり、どうしても耐え難いものであるなら早めに転職活動を始めることをおすすめします。転職すると決めたならぐずぐずしていてはいけません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:左遷とは?その異動は栄転なのか、それとも転職した方がいいのか

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ