就職氷河期世代の年齢や特徴、就職氷河期は近年ようやく脱出

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

就職氷河期の年齢、特徴

就職氷河期というものが、つい最近まで訪れていました。

常に景気が良いわけではないので仕方がないかもしれません。

不景気で利益をだすことができないのに、人を雇うことはできませんから。

就職する側にとっては非常に悲しいですよね。

もう1年早く生まれていたら違っていたかもしれない。なんて考えてしまうこともあるかもしれません。

わずかな年齢の違いによって、全く境遇が変わってしまうこともあったのです。

実際に就職氷河期に直面したという人も少なくはないのでしょうか。

今回はそんな就職氷河期世代の年齢や特徴を紹介します。

おすすめ記事:大卒就職率が7年ぶりの高水準。でもちょっと高すぎない?高すぎるからくりを解説。

おすすめ記事:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

就職氷河期とは

就職氷河期はもともと、バブル経済の崩壊により、例年にくらべ著しく就職することが困難になった時代をさします。

高卒、大卒、中途の求人倍率が著しく低下し、就職することが非常に困難な時代です。

バブル経済崩壊から持ち直した後、今度はサブプライムローン問題を引き金に起こったリーマンショックによる世界的な景気後退により、再度訪れました。

スポンサーリンク

就職氷河期世代の年齢

就職氷河期はいつ訪れ、どの年齢の人が対象となったのか紹介します。

バブル崩壊による就職氷河期世代

バブル崩壊による就職氷河期世代は1993年~2005年に就職を行った人であるとされています。

年齢は以下のとおり

高卒:1974年~1986年生まれ

大学卒:1970年~1982年生まれ

大学院卒:1968年~1980年生まれ

リーマンショックによる就職氷河期世代

リーマンショックによる就職氷河期世代は2010年~2013年に就職を行った人であるとされています。

年齢は以下のとおり

高卒:1991年~1994年生まれ

大学卒:1989年~1992年生まれ

大学院卒:1987年~1990年生まれ

就職氷河期の中でも特に厳しかった世代

上記の結果を見ると、むしろ就職氷河期ではなかった世代が多いのです。

さらに特別厳しかった時代は以下の世代です。

1999~2001年度卒

2011~2013年度卒

2011~2013年度卒は超氷河期とも言われています。

なお2014年からは持ち直し、就職氷河期を脱しています。

関連記事:大卒就職率が7年ぶりの高水準。でもちょっと高すぎない?高すぎるからくりを解説。

スポンサーリンク

就職氷河期世代の特徴

就職氷河期世代は、フリーターや派遣社員を経験している人が多くいるとされています。

正社員として就職できないまま卒業してしまった結果ですね。

またその結果、結婚、出産ができずにいる為、その世代の子供も少ないとされています。

会社の中では、就職氷河期世代は、そうではない世代に比べ人口が少ないです。

しかし、その世代は非常に優秀な人材がそろっています。

就職時の競争が激しく、1ランク下がった会社に就職した人たちが多いためです。

年収はその人自身の実力よりも新卒で決まった会社次第であることが多いです。

リクナビネクストを使うと転職市場価値がわかるので登録してみるといいでしょう。

しかし、その分周りの世代を低く見ており、天狗になっている人も多いそうです。

あなたの会社ではどうですか?

スポンサーリンク

最後に

たまたま運が悪く、就職氷河期の時代にあたってしまうと、今の日本の就職システムでは挽回が難しいのが現実でした。

新卒至上主義。

年功序列

終身雇用制度

しかし、近年では終身雇用制度の崩壊、成果主義の導入といった、転職に有利に働くような状況に少しづつ動いてはいるのかもしれません。

もし、就職氷河期にあたってしまい、納得のいく企業に勤めることができなかったと嘆いている人は、上手く行く、行かないを考えずに、転職活動に取り組んでみましょう。

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

おすすめ記事:ゆとり世代とは?その特徴や年齢。ゆとり世代に思うこと。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ