転職で経験不足、スキル不足を補う方法。意外に逆転はできるので挑戦してみればいい。

転職で経験不足、スキル不足を補う方法。意外に逆転はできるので挑戦してみればいい。

仕事を辞めたい、転職したい。そう思っていても実際に行動する人はそこまで多くはありません。

その理由の一つに自分はまだ経験やスキルが不足している為、転職は不可能だ、転職したところで条件が悪くなるだけだといったことを考えている人が多いです。

確かに新卒採用と違って中途採用では経験やスキルがどれだけあるかということを重視され、応募条件としても課している場合が少なくありません。

しかし実は求められている条件に対して経験やスキルが不足していても採用される人は意外に多く、やる前から諦めてしまっているのはもったいないかもしれません。

関連:転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

転職は経験、スキルが不足しているとどうしようもない?

転職において、経験やスキルが不足しているともうどうしようもないと考え応募することすらしないという人が多いかと思います。実際のところどうなんでしょうか。

中途採用において経験やスキルが重視されるのは当たり前

確かに中途採用において、経験やスキルの面を重視し厳しい応募条件を課し、その条件を満たない場合には応募があっても書類選考の段階で落としてしまう企業は存在します。

経験者採用として応募条件を課している場合、入社してからすぐに仕事ができる即戦力を採用したいと考えている場合がほとんどですから、それまでの経験やスキルが重視されるのはまあ当然であると言えるでしょう。

もしそこを全く気にしないのであれば新卒社員を採用すればいいだけです。

経験、スキルが直接的に生きるわけではない未経験者を採用する場合にも言えます。社会人としてこれまでどういった仕事を行ってきたかというのは評価する際に重要な項目になります。

応募条件は絶対条件ではないことが多い

ただ、求人票において応募条件を課していながらもその条件が実は絶対条件ではないという企業も決して少なくはありません。

たとえスキルや経験が不足していたとしても、その他の点においてそれを補うくらいのものがあれば採用するという企業も多数存在しています。

さすがに全くの未経験であればそれを逆転することはかなり困難になってしまいますが、例えば近い分野での経験があったり、経験年数が1年足りなかったりする程度であれば逆転できる可能性は十分にあると言えるでしょう。

企業にとってみれば確かに即戦力として使える人材のほうがありがたいというのは確かなんですが、そこだけを見ているだけではありません。

人を採用する場合、1年2年程度雇うわけではなく、数十年雇うことを意識するわけですから、現在の能力だけではなく、今後の成長も見据えて決めることになります。

転職エージェント経由で紹介して貰えることもしばしば

転職エージェントを利用した場合、紹介して貰うことができる企業というのはあくまで応募して受かる見込みがある企業だけです。

応募条件が企業の求めているものとは合っていなく、応募したところで絶対に落ちるような企業は転職希望者にとっても企業側にとっても転職エージェント側にとっても良いことはないのでそもそも紹介してもらうことができません。

そういった中で紹介してくれる企業の中で、求人票に書かれている応募条件に満たないものを紹介してもらったという経験を持っている人は意外に多かったりしますし、実際に受けてみたら受かったなんていう人も少なくありません。

転職活動で経験不足、スキル不足を補う方法

もちろん企業が求人票に掲載している応募条件に対して経験やスキルが不足している場合、その応募条件に達している人に比べれば評価上不利になってしまうというのは当然あることです。

その為、その企業で採用されようと思ったらどうにかしてその不利な状況を覆すだけのものを持っていなくてはなりません。

企業が重視しているのは熱意

中途採用活動を行っている企業に対しアンケートを取ったところ、転職希望者に対して最も重視していることはスキルでも経験でもなく、熱意であると回答する企業が最も多いのです。

熱意がある人ほどすぐに仕事を辞めることがないし、成長のスピードも速い傾向があるので、企業としてもどれほど熱意を持っているのかという点は特に重視される項目なのです。

ですから、他の転職希望者に比べて高い熱意があるということを十分にアピールすることができたならば、内定を貰える可能性は十分に高くなると言えるでしょう。

その熱意はどうアピールすることができるでしょうか。

熱意は単に自己PRで問われるものではなく、様々な点から試されていると考えてください。

どれだけその企業について、業界について調べているか、転職理由がその会社に入りたい理由と繋がっているか、入社後の自分の姿をしっかりアピールできているかなど、あらゆる点から熱意というのは試されます。

履歴書や面接の応対からどれだけ労力や時間を費やし、絶対に受かりたいという意思が感じられるか、企業は本当によく見ています。

その他に生かせるスキルを持っていないか

応募条件において求められている経験やスキル以外にも、それ以外にどういったスキルを持っているかというのも企業は重点的に見ている点です。

仕事をする上で必要になるスキルというのは決して一つではありません。応募条件としてだしているスキル、経験を持っていたとしてもその人が仕事をできるかというと決してそういうわけではありませんし、逆に応募条件には書かれていないスキルであっても実は仕事に生かすできるものというのはたくさんあります。

そういった点を転職活動でアピールしていけば、十分応募条件に不足している部分を補うことができるでしょう。

基礎能力を高いと思わせる

コミュニケーション能力や論理的思考力といった社会人として基本となる能力は熱意についで企業が重視する部分。

これらの能力が高い人はポテンシャルが高く、応募条件からは多少不足していても今後の成長に期待できる為、採用に繋がる可能性が高くなります。

それゆえに面接において質問の意図をよく理解し、筋道のたった回答をすることができるかというのは非常に重要になってきます。

その為にも面接の練習は必ずするようにしてください。面接が苦手、面接でうまく答えることができないというのは大半が練習不足によるもの。しっかりと準備することで面接のレベルは上げることができます。

まずは挑戦してみればいい

応募したい企業があったけど経験、スキルが不足している。そこで応募してみることにリスクはありません。

やる前から諦めてしまっていては可能性がゼロ。だめで元々でもとりあえず挑戦してみればいいんです。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:転職で有利、不利になる条件や実際はあまり影響しないこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ