転職で経験不足、スキル不足を補う方法。意外に逆転はできるので挑戦してみればいい。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職で経験不足、スキル不足を補う方法。意外に逆転はできるので挑戦してみればいい。

仕事を辞めたい、転職したい。そう思っていても実際に行動する人はそこまで多くはありません。

その理由の一つに自分はまだ経験やスキルが不足している為、転職は不可能だ、転職したところで条件が悪くなるだけだといったことを考えている人が多いです。

確かに新卒採用と違って中途採用では経験やスキルがどれだけあるかということを重視され、応募条件としても課している場合が少なくありません。

しかし実は求められている条件に対して経験やスキルが不足していても採用される人は意外に多く、やる前から諦めてしまっているのはもったいないかもしれません。

関連:転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

転職は経験、スキルが不足しているとどうしようもない?

転職において、経験やスキルが不足しているともうどうしようもないと考え応募することすらしないという人が多いかと思います。実際のところどうなんでしょうか。

中途採用において経験やスキルが重視されるのは当たり前

確かに中途採用において、経験やスキルの面を重視し厳しい応募条件を課し、その条件を満たない場合には応募があっても書類選考の段階で落としてしまう企業は存在します。

経験者採用として応募条件を課している場合、入社してからすぐに仕事ができる即戦力を採用したいと考えている場合がほとんどですから、それまでの経験やスキルが重視されるのはまあ当然であると言えるでしょう。

もしそこを全く気にしないのであれば新卒社員を採用すればいいだけです。

経験、スキルが直接的に生きるわけではない未経験者を採用する場合にも言えます。社会人としてこれまでどういった仕事を行ってきたかというのは評価する際に重要な項目になります。

応募条件は絶対条件ではないことが多い

ただ、求人票において応募条件を課していながらもその条件が実は絶対条件ではないという企業も決して少なくはありません。

たとえスキルや経験が不足していたとしても、その他の点においてそれを補うくらいのものがあれば採用するという企業も多数存在しています。

さすがに全くの未経験であればそれを逆転することはかなり困難になってしまいますが、例えば近い分野での経験があったり、経験年数が1年足りなかったりする程度であれば逆転できる可能性は十分にあると言えるでしょう。

企業にとってみれば確かに即戦力として使える人材のほうがありがたいというのは確かなんですが、そこだけを見ているだけではありません。

人を採用する場合、1年2年程度雇うわけではなく、数十年雇うことを意識するわけですから、現在の能力だけではなく、今後の成長も見据えて決めることになります。

転職エージェント経由で紹介して貰えることもしばしば

転職エージェントを利用した場合、紹介して貰うことができる企業というのはあくまで応募して受かる見込みがある企業だけです。

応募条件が企業の求めているものとは合っていなく、応募したところで絶対に落ちるような企業は転職希望者にとっても企業側にとっても転職エージェント側にとっても良いことはないのでそもそも紹介してもらうことができません。

そういった中で紹介してくれる企業の中で、求人票に書かれている応募条件に満たないものを紹介してもらったという経験を持っている人は意外に多かったりしますし、実際に受けてみたら受かったなんていう人も少なくありません。

転職活動で経験不足、スキル不足を補う方法

もちろん企業が求人票に掲載している応募条件に対して経験やスキルが不足している場合、その応募条件に達している人に比べれば評価上不利になってしまうというのは当然あることです。

その為、その企業で採用されようと思ったらどうにかしてその不利な状況を覆すだけのものを持っていなくてはなりません。

企業が重視しているのは熱意

中途採用活動を行っている企業に対しアンケートを取ったところ、転職希望者に対して最も重視していることはスキルでも経験でもなく、熱意であると回答する企業が最も多いのです。

熱意がある人ほどすぐに仕事を辞めることがないし、成長のスピードも速い傾向があるので、企業としてもどれほど熱意を持っているのかという点は特に重視される項目なのです。

ですから、他の転職希望者に比べて高い熱意があるということを十分にアピールすることができたならば、内定を貰える可能性は十分に高くなると言えるでしょう。

その熱意はどうアピールすることができるでしょうか。

熱意は単に自己PRで問われるものではなく、様々な点から試されていると考えてください。

どれだけその企業について、業界について調べているか、転職理由がその会社に入りたい理由と繋がっているか、入社後の自分の姿をしっかりアピールできているかなど、あらゆる点から熱意というのは試されます。

履歴書や面接の応対からどれだけ労力や時間を費やし、絶対に受かりたいという意思が感じられるか、企業は本当によく見ています。

その他に生かせるスキルを持っていないか

応募条件において求められている経験やスキル以外にも、それ以外にどういったスキルを持っているかというのも企業は重点的に見ている点です。

仕事をする上で必要になるスキルというのは決して一つではありません。応募条件としてだしているスキル、経験を持っていたとしてもその人が仕事をできるかというと決してそういうわけではありませんし、逆に応募条件には書かれていないスキルであっても実は仕事に生かすできるものというのはたくさんあります。

そういった点を転職活動でアピールしていけば、十分応募条件に不足している部分を補うことができるでしょう。

基礎能力を高いと思わせる

コミュニケーション能力や論理的思考力といった社会人として基本となる能力は熱意についで企業が重視する部分。

これらの能力が高い人はポテンシャルが高く、応募条件からは多少不足していても今後の成長に期待できる為、採用に繋がる可能性が高くなります。

それゆえに面接において質問の意図をよく理解し、筋道のたった回答をすることができるかというのは非常に重要になってきます。

その為にも面接の練習は必ずするようにしてください。面接が苦手、面接でうまく答えることができないというのは大半が練習不足によるもの。しっかりと準備することで面接のレベルは上げることができます。

まずは挑戦してみればいい

応募したい企業があったけど経験、スキルが不足している。そこで応募してみることにリスクはありません。

やる前から諦めてしまっていては可能性がゼロ。だめで元々でもとりあえず挑戦してみればいいんです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:転職で有利、不利になる条件や実際はあまり影響しないこと



このページの先頭へ