福利厚生の重要性や充実している企業の探し方、選び方

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

福利厚生の重要性や充実している企業の探し方、選び方

転職する会社を探す際、福利厚生も非常に大切な要素です。

つい年収や年間休日ばかりに目が行きがちですが、福利厚生も働き方に大きな影響を及ぼします。

そこで、今回は福利厚生の重要性や福利厚生の充実している企業の探し方を紹介します。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

福利厚生の重要性

転職先の会社を探す際、福利厚生は決して軽視してはいけません。

法定福利と法定外福利

以前の記事「福利厚生とは?意味、目的や種類」でも紹介していますが、福利厚生には法定福利と法定外福利に分けられます。

健康保険、雇用保険、年金といった、どんな企業でも必ず行わなくてはならないものが法定福利であり、別に行わなくていいけれど企業が従業員の為に設定しているものが法定外福利です。

企業選びの際に大切となるのは法定外福利です。

企業によって、内容、種類は様々ですから、転職先を探す際には選ぶ理由の一つとして考えておかなくてはなりません。

福利厚生でこんなに違う

各企業で福利厚生の内容は全然違います。

よくある福利厚生だと、

  • 住宅手当、社宅
  • 交通費
  • 家族手当
  • 財形貯蓄
  • 企業年金
  • 育児補助
  • 健康診断補助
  • 保養所
  • 食事手当

があります。

他にも出産手当であったり、自分で福利厚生が選べるカフェテリアプランなんかもあります。

福利厚生は給料とほぼ同様であると考えてください。

充実している企業であれば、福利厚生として支給されるお金がかなりの金額になる場合もあります。

例えば、住宅手当4万、家族手当2万、食事手当1万だと、年間で84万円にもなるのです。

福利厚生の有無によって、収入に大きな金額差が生まれます。

福利厚生の概況

福利厚生が平均するとどの程度使われているかご存知ですか?

平均では従業員1人に対して1ヶ月あたり24,899円使われています。

内訳は以下の通りです。

  • 住宅関連・・・12,278円
  • 医療、健康・・・2,891円
  • ライフサポート・・・5,860円
  • 慶弔関係・・・611円
  • 文化、体育・・・1.942円
  • 共済会・・・830
  • 福利厚生代行・・・312円
  • その他・・・715円

参考:日本経済団体連合会「福利厚生費調査結果報告

そのうち、特に賃金で影響のある住宅手当、そして上記には含まれていない家族手当についてもう少し見てみます。

住宅手当の平均は3355円、家族手当の平均は9319円となっています。

各産業別では以下の通りになります。

  家族手当(円) 住宅手当(円)

製造業

7,475 2,848

建設

3,895 6,817

銀行

4,681 1,560

保険

9,263 9,263

私鉄・バス

7,973 5,200

電力

31,930 779

商事

562 0

ホテル・旅行

4,820 9,909

情報サービス

9,592 9,283

参考:厚生労働省「平成27年賃金事情等総合調査(確報)

業種によっても差が大きいです。

平均はあくまで平均ですから、多く貰っている人もいれば、まったく貰えない人もいます。

これだけの金額差があるものですから、あらかじめ転職先を探す際には確認しておかなければなりません。

スポンサーリンク

福利厚生の調べ方

福利厚生は中々わからないもの。とは言え、これだけ違いがあるものですから、じっくり調べる必要があります。

転職サイトで企業情報をチェック

まずは、そもそも住宅手当や家族手当といった福利厚生がそもそもあるかないかということを見なければいけません。

通常、求人情報には、福利厚生面としてどういったものがあるかが載っています。

福利厚生が充実している会社にとっては自社をアピールするものですから、ほぼ掲載していると考えて良く、書いていない場合には支給されないと思ったほうが良いでしょう。

ただ、手当としてどれくらいの金額が貰えるかというのは確認できません。

転職エージェントに聞いてみる

転職サイトでは、福利厚生の有無しか載っていないことがほとんどで、その金額まではわからない場合がほとんど。

金額はインターネットで調べても、超大手企業でない限りでてきませんから自力で調べることは困難です。

そういう時は、転職エージェントに相談してみるとわかる可能性が高いです。

転職エージェントは企業と直接つながっている為、福利厚生の詳細や平均残業時間、有給取得率といったものまで教えてくれますから、転職活動時間には必ず活用するようにしてください。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

給料にまどわされてはいけない!

給料が高いと、見た目はっても良く見えますが、転職先を決める際にはもっと広い視野をもって考えなければなりません。

今回紹介した福利厚生、年間休日数、退職金の有無、残業時間、有給取得率。

全てを確認し、最も良いと思う企業を選ぶようにしてください。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:福利厚生とは?意味、目的や種類

関連:住宅手当がでないのはかなり損!?住宅手当、社宅の概要や相場。

スポンサーリンク



このページの先頭へ