不動産業界に転職。未経験の営業職に就いてみた32歳、36歳男性の感想

不動産業界に転職。未経験の営業職に就いてみた32歳、36歳男性の感想

未経験業界への転職を考えた時、不動産業界の営業職を考える人も多いかもしれません。

20代ならまだしも、30代ともなると未経験職種に転職することが難しくなっている中で、不動産業界の営業職は30代であっても割と転職しやすいという面があります。

ただ、転職しやすいということはその分その仕事を辞めていく人も多いということ。ノルマもあり、仕事としてはきついという傾向にあります。

ただ、それでもやはり未経験を受け入れてくれているのはかなりありがたいことであり、適した人であれば十分にやっていける業界ですし、大幅な年収アップも期待できます。

そこで今回は30代未経験で不動産業界の営業職に転職した人の体験談を紹介します。

関連:接客業を辞めたい人は早めに転職を。事務職に転職して念願の土日休みをゲットしよう。

関連:美容師を辞めたい人は20代のうちに転職しよらう。未経験の他職種への転職は若さが大事。

実際に営業として働いてみた感想

今回紹介するのは32歳、36歳で不動産業界の営業職に転職した人のお話です。

32歳男性の成功事例

私は元々外食チェーン店で働いており、店長を任されていました。ただ飲食業のイメージ通り、労働条件は決して良いものではありませんでした。

給料は同世代に比べても低く、休日は平日週に1回だけ、残業代もろくにつかず、明るい将来は期待できませんでした。

そんな中、私が転職を決意したのは結婚がきっかけです。今後子供が産まれることも意識すると、今の働き方では到底やっていけるとは思えなかったのです。

30代になって未経験の仕事に転職するというのはそうそう簡単なものではないというのは知っていました。ただ、転職エージェントに相談したところ、不動産業界の営業への転職を勧められました。それでも転職できるならと、いくつか会社を受けてみたところ、何とか1社から内定を貰うことができました。

不動産の営業というときついというイメージを持っている人はいるかもしれません。私自身そういうイメージは持っていたのですが、現在の仕事のきつさから考えればなんとかなると思っていました。

実際に働いてみると、やっぱり仕事はやっぱりきつかったです。そもそも営業なんてやったこともない中で、まず慣れることが大変だったし、慣れてきても毎月のノルマを達成することに四苦八苦でした。

ただ、それでも以前の仕事に比べれば断然恵まれていましたね。給料は未経験なのに上がったし、成果をあげればその分給料に反映してくれます。

さすがに土日休みというわけにはいきませんが、前職に比べたら大きく増えたし、前職のように深夜まで働くこともなくなりました。

そんな私ですが、転職した会社を4年で辞め、営業スキルを生かして他業界の営業に転職しました。子供も生まれてやっぱり土日休みの会社がいいと思ったのが理由です。

ただ、不動産の営業としてスキルを身につけられたことが今の会社に転職できた理由ですから、不動産業界への転職は私の中で成功だったと言えます。

36歳男性の失敗事例

私の場合は不動産業界に転職して失敗したという事例です。

元々ホテルマンとして接客業をしていましたが不動産業界に転職、しかし2年でまたホテル業界に戻ってきました。

転職のきっかけは友人からの誘い。ちょうど人も足りていないし、未経験でも大丈夫だから受けてみないかと誘われて、受けてみることにしました。

接客業として人と関わってきたという経験があったので、営業職でもやっていけるんではないかと思っていたし、何より40代、50代でホテル業界で働いていくことがあまりイメージできていなかったのでせっかくのチャンスだからやってみようと思ったんです。

ただ、実際転職してみるとただきついの一言です。年齢が高いでも未経験であることの職場でのいづらさ、飛び込み営業の辛さ、ノルマが達成できないことでのプレッシャー、毎日22時、23時まで残業と精神的にも肉体的にもまいってしまいました。

結果的には2年で退職。

ちょうどその時新しいホテルができて、経験者を募集していたので知り合いのつてでホテル業界に戻ることになりました。

不動産業界は給料が良いというイメージがあるかもしれませんが、それは成果をあげることができている人の話。私がいた会社も求人広告には年収1000万円以上も可能なんていう風に書いていましたが、それはほんの一握りの人の話です。

決して甘い業界ではなく、30代未経験で転職を考えている人は本当にやっていけるのか、会社の実情はどうなっているかということをよく調べたほうがいいと思います。

不動産業界に転職する場合に注意する点

不動産業界は未経験者を受け入れてくれる一方で、仕事自体はやっぱりきつく、離職率も高い仕事です。

ですから、これから転職を考えているならばどんな仕事をすることになるのか会社の実態はどうなっているのかということをしかり調べてから転職する必要があります。

転職したいと思うとつい気がはやってしまうもので、会社を変えれる、職種を変えれるとなると、ただそれだけで魅力的に感じて飛びついてしまいがち。

ただ、これから長く働いていこうというわけですから、しっかり考え、しっかり調べていくようにしましょう。

もしこれから転職活動するなら、転職サイト、転職エージェントは有効活用していきましょ。その方が手間も省けるし、成功率もあがります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ