保育士から他業種、他職種へ転職の実情と転職する際のポイント

保育士から他業種、他職種へ転職の実情と転職する際のポイント

子供と触れ合え、身近で成長を実感することができる保育士は非常にやりがいのある仕事。

ただ給料が安かったり、仕事がきつかったりと厳しいことも多いのが実情で、保育士自体を辞めたいという人も少なくありません。

ただ保育士に限らず、他業種、他職種に転職するというのはそれなりに大変なこと。いくつかのコツも必要になってきます。

保育士から他業種、他職種への転職を希望する人は多い

保育士で働いていても、もう保育士は辞めたい、違う仕事に就きたいという人はかなりいます。

あなたが違う仕事の就きたいと思うのは、とても普通のことなのです。

保育士から他業種に転職を希望する人の割合

東京都保育士実態調査の結果によると、現在保育士として働いている人が今後も保育士として働くか、違う仕事に就くかという割合は以下の通りになっています。

  • 今後も保育士として働き続けたい・・・78.7%
  • 保育士を辞め違う職種で働きたい・・・16.0%
  • 保育士を辞め働かないつもり・・・3.2%
  • 無回答・・・2.1%

保育士を辞めて違う仕事に就きたいと考えている人はなんと16%もいます。また20代女性に限ると22.0%、20代男性に限ると24.6%という高い割合になっています。

また保育士資格を持っている人の現在の就業状況は以下の通り。

  • 保育士で就業中・・・53.4%
  • 保育士以外で就業中(保育士経験あり)・・・8.4%
  • 保育士以外で就業中(保育士経験なし)・・・18.6%
  • 未就業(保育士経験あり)・・・10.2%
  • 未修行(保育士以外で就業経験あり)・・・6.0%
  • その他・・・3.4%

保育士資格を持っていても違う仕事をしている人は27%、4人に1人以上が資格を持っていても違う仕事をしているのです。

他業種、他職種に転職する理由

なぜこれだけ多くの人が保育士を辞めて他業種、他職種に転職を希望するのでしょうか。

その理由を紹介していきましょう。

給料が安い

保育士はその他の職種に比べると給料は低い傾向にあり、人によっては数年働いても手取り15万円をきっているという人もいます。

この給料の低さは保育士として働いている人の多くが感じている不満であり、仕事にやりがいを感じてできることなら働きたいと思っていても働くことができないという問題点になっています。

仕事がきつい

仕事量が多く残業が多い、そして休みも少ないという働き方の面や、責任の重さや保護者対応等の精神的にきつい仕事が多い点から保育士を辞めて違う仕事に就く理由として挙げられます。

子供と接するのは楽しいとしても、あまりにきつい労働条件で働き続けることは困難。

保育士では難しい、残業なし、土日休みで仕事も楽といったことに憧れて他業種、他職種に就く人は多いです。

他業種を経験してみたい

ネガティブな理由ではなく、保育士以外の仕事をやってみたいという前向きな理由で転職する人もいます。

せっかくなら色んなことを経験してみたいですよね。

通常の会社で勤めていると異動などで仕事内容が変わって新鮮な気持ちで働くことができたり、新たなことにチャレンジすることが可能ですが、保育士として働くとそういったこともないので、違うことをやりたいなら転職するしかありません。

仕事に向いていないと感じる

子供が好きで、子供と触れ合える仕事をしたいと考えて保育士になった。しかし実際に働いてみると保育士という仕事自体、自分は向いていないと感じてしまうという人もいます。

確かに適材適所という言葉もあるし、人には向いていることや得意なこともあれば、向いていないことや苦手なこともあるもの。

向いていないことをし続けるのはやっぱり苦労することです。

子育てとの両立ができない

女性が多い保育士にとって、働き続けるには子育てと両立していかなくてはならない時が来る人が多いです。

しかし現状は産休や育休がとりにくい、残業が多く両立が難しいというのが実情。

結果、保育士として働きたくても正社員として働くなら違う仕事に移るしかなくなってしまう人も多いんですね。

他業種へ転職する際のポイント

では保育士から他業種へ転職する際、どういった点に気を付けなくてはならないでしょうか。

転職のポイントを紹介していきます。

何でもいいからはダメ

保育士を辞めたい。その思いが強ければ強いほどにとにかく何でもいいからとなってしまいます。

ただ何も考えず、仕事を選ばず、とりあえず適当に仕事を選んでしまっていてはその転職は失敗に終わってしまいます。

未経験であっても事務職、営業、アパレルの販売員など色々な業種、職種に転職することは可能です。

自分の希望をしっかり決めた中で進む道を決めましょう。

転職サイト、転職エージェントの利用

転職する際には転職サイトと転職エージェントを利用するようにしてください。

求人を探すという目的以外にも色々な面で約に立ちます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

企業については必ずしっかり調べる

企業によっては、恐ろしいほどに給料が低かったり、サービス残業のオンパレードで休みも全然とれなかったり、パワハラが平然と行われていたりというブラック企業もあります。

せっかく保育士を辞めてもそんな企業に入ってしまえば絶対に幸せにはなれません。

だからこそ企業についてはしっかり調べることが重要。求人票に嘘を書いている企業もありますから、信じ切らずにしっかり調べてください。

転職活動ではある程度の期間を要することを覚悟する

転職活動は人によっては簡単に終わりますが、基本的にはそう簡単に終わりません。

平均でも応募社数は20社弱、転職期間は3ヶ月。保育士からの転職となると未経験としての転職になるので難易度は高くなり、平均よりも多めにかかってしまう可能性が高いです。

ですからある程度時間と労力がかかることは覚悟してください。

少し受けただけで諦めてしまうことがないよう、最初から大変だということの覚悟はしておきましょう。

一度は他業種で違う仕事を経験してみるのはメリットがあるかも

保育士として働いている中で、他業種に転職してみるというのは決して悪い選択ではありません。

ずっと同じ仕事をしていてもわからない、あえて違う仕事を経験したからこそ、わかること、得られることもあります。

もしかしたら転職先で仕事に満足できるかもしれませんし、逆に保育士としての仕事のやりがいに気づくことになるかもしれません。

保育士ならば一度違う仕事に転職したとしても戻ることが割と容易。保育業界は人手不足が顕著となっているので仕事は見つけやすいです。

ですから悩むくらいなら一度チャレンジしてみてもいいと思います。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ