保育士から他業種、他職種へ転職の実情と転職する際のポイント

保育士から他業種、他職種へ転職の実情と転職する際のポイント

子供と触れ合え、身近で成長を実感することができる保育士は非常にやりがいのある仕事。

ただ給料が安かったり、仕事がきつかったりと厳しいことも多いのが実情で、保育士自体を辞めたいという人も少なくありません。

ただ保育士に限らず、他業種、他職種に転職するというのはそれなりに大変なこと。いくつかのコツも必要になってきます。

保育士から他業種、他職種への転職を希望する人は多い

保育士で働いていても、もう保育士は辞めたい、違う仕事に就きたいという人はかなりいます。

あなたが違う仕事の就きたいと思うのは、とても普通のことなのです。

保育士から他業種に転職を希望する人の割合

東京都保育士実態調査の結果によると、現在保育士として働いている人が今後も保育士として働くか、違う仕事に就くかという割合は以下の通りになっています。

  • 今後も保育士として働き続けたい・・・78.7%
  • 保育士を辞め違う職種で働きたい・・・16.0%
  • 保育士を辞め働かないつもり・・・3.2%
  • 無回答・・・2.1%

保育士を辞めて違う仕事に就きたいと考えている人はなんと16%もいます。また20代女性に限ると22.0%、20代男性に限ると24.6%という高い割合になっています。

また保育士資格を持っている人の現在の就業状況は以下の通り。

  • 保育士で就業中・・・53.4%
  • 保育士以外で就業中(保育士経験あり)・・・8.4%
  • 保育士以外で就業中(保育士経験なし)・・・18.6%
  • 未就業(保育士経験あり)・・・10.2%
  • 未修行(保育士以外で就業経験あり)・・・6.0%
  • その他・・・3.4%

保育士資格を持っていても違う仕事をしている人は27%、4人に1人以上が資格を持っていても違う仕事をしているのです。

他業種、他職種に転職する理由

なぜこれだけ多くの人が保育士を辞めて他業種、他職種に転職を希望するのでしょうか。

その理由を紹介していきましょう。

給料が安い

保育士はその他の職種に比べると給料は低い傾向にあり、人によっては数年働いても手取り15万円をきっているという人もいます。

この給料の低さは保育士として働いている人の多くが感じている不満であり、仕事にやりがいを感じてできることなら働きたいと思っていても働くことができないという問題点になっています。

仕事がきつい

仕事量が多く残業が多い、そして休みも少ないという働き方の面や、責任の重さや保護者対応等の精神的にきつい仕事が多い点から保育士を辞めて違う仕事に就く理由として挙げられます。

子供と接するのは楽しいとしても、あまりにきつい労働条件で働き続けることは困難。

保育士では難しい、残業なし、土日休みで仕事も楽といったことに憧れて他業種、他職種に就く人は多いです。

他業種を経験してみたい

ネガティブな理由ではなく、保育士以外の仕事をやってみたいという前向きな理由で転職する人もいます。

せっかくなら色んなことを経験してみたいですよね。

通常の会社で勤めていると異動などで仕事内容が変わって新鮮な気持ちで働くことができたり、新たなことにチャレンジすることが可能ですが、保育士として働くとそういったこともないので、違うことをやりたいなら転職するしかありません。

仕事に向いていないと感じる

子供が好きで、子供と触れ合える仕事をしたいと考えて保育士になった。しかし実際に働いてみると保育士という仕事自体、自分は向いていないと感じてしまうという人もいます。

確かに適材適所という言葉もあるし、人には向いていることや得意なこともあれば、向いていないことや苦手なこともあるもの。

向いていないことをし続けるのはやっぱり苦労することです。

子育てとの両立ができない

女性が多い保育士にとって、働き続けるには子育てと両立していかなくてはならない時が来る人が多いです。

しかし現状は産休や育休がとりにくい、残業が多く両立が難しいというのが実情。

結果、保育士として働きたくても正社員として働くなら違う仕事に移るしかなくなってしまう人も多いんですね。

他業種へ転職する際のポイント

では保育士から他業種へ転職する際、どういった点に気を付けなくてはならないでしょうか。

転職のポイントを紹介していきます。

何でもいいからはダメ

保育士を辞めたい。その思いが強ければ強いほどにとにかく何でもいいからとなってしまいます。

ただ何も考えず、仕事を選ばず、とりあえず適当に仕事を選んでしまっていてはその転職は失敗に終わってしまいます。

未経験であっても事務職、営業、アパレルの販売員など色々な業種、職種に転職することは可能です。

自分の希望をしっかり決めた中で進む道を決めましょう。

転職サイト、転職エージェントの利用

転職する際には転職サイトと転職エージェントを利用するようにしてください。

求人を探すという目的以外にも色々な面で約に立ちます。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

企業については必ずしっかり調べる

企業によっては、恐ろしいほどに給料が低かったり、サービス残業のオンパレードで休みも全然とれなかったり、パワハラが平然と行われていたりというブラック企業もあります。

せっかく保育士を辞めてもそんな企業に入ってしまえば絶対に幸せにはなれません。

だからこそ企業についてはしっかり調べることが重要。求人票に嘘を書いている企業もありますから、信じ切らずにしっかり調べてください。

転職活動ではある程度の期間を要することを覚悟する

転職活動は人によっては簡単に終わりますが、基本的にはそう簡単に終わりません。

平均でも応募社数は20社弱、転職期間は3ヶ月。保育士からの転職となると未経験としての転職になるので難易度は高くなり、平均よりも多めにかかってしまう可能性が高いです。

ですからある程度時間と労力がかかることは覚悟してください。

少し受けただけで諦めてしまうことがないよう、最初から大変だということの覚悟はしておきましょう。

一度は他業種で違う仕事を経験してみるのはメリットがあるかも

保育士として働いている中で、他業種に転職してみるというのは決して悪い選択ではありません。

ずっと同じ仕事をしていてもわからない、あえて違う仕事を経験したからこそ、わかること、得られることもあります。

もしかしたら転職先で仕事に満足できるかもしれませんし、逆に保育士としての仕事のやりがいに気づくことになるかもしれません。

保育士ならば一度違う仕事に転職したとしても戻ることが割と容易。保育業界は人手不足が顕著となっているので仕事は見つけやすいです。

ですから悩むくらいなら一度チャレンジしてみてもいいと思います。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ