保育士の平均時給はどれくらい?サービス残業があると最低賃金以下なんてことも

保育士の時給、もしかしたら最低賃金以下?

あなたは自分の時給がどの程度かと計算してみたことはありますか?

平成28年度の最低賃金は最も高い東京で932円。どんな雇用形態でもこの最低賃金は守らなくてはなりませんが、正社員ならば最低賃金よりもそれなりには上回った額が欲しいところですよね。

他の職種に比べて給料が低いと言われている保育士、実際のところ時給はどれくらいなのでしょう。

今回は保育士の正社員、パート、派遣社員のおおよその時給を紹介していきます。

関連:今の保育士の仕事がきついならもう少し楽に働ける場所を探そう。ブラック保育園からは脱出しなきゃだめ。

関連:保育士が仕事を辞めて良かった、違う保育園に転職して良かったと思ったこと

保育士の時給はどれくらい?

時給は1ヶ月の給料をその月の労働時間で割って算出されます。

正社員だとボーナスもありますが、ボーナスを含めて年間では最低時給を上回っていたとしても、月給が最低賃金を下回っていると違法となります。

仕事がきつくて給料が安いと言われている保育士。時給は一体どの程度になるでしょうか。

正社員の場合

まずは正社員の場合。

保育士の平均月収は223,300円となっていますから、この月収から計算してみましょう。

保育士の平均的な数値として年間休日が110日、1日の就業時間8時間、1ヶ月の時間外労働時間4時間として計算した場合、時給は以下の通りになります。

223,300円÷(((365日-110日)÷12)*8+4)=1,283円

最低賃金を下回っていないのはまあ当たり前ですが、決して高い数字とは言えませんね。

ちなみに保育士の初任給として多い16万円で残業時間を考えずに計算してみると941円。最低賃金ぎりぎりとなります。

これくらいならアルバイトをした方がましでは?と思う人がいるかもしれませんが、正社員にはボーナスがあるので働いた時間に対して年間で貰える金額はやっぱり正社員の方が多いです。

ボーナス込みで保育士の平均年収(平均年収326万円)から時給を計算してみると、1,600円程度まで上がります。

参考:保育士の平均年収や残業時間、サービス残業の実態。

パートの場合

パートはそもそも月給制ではなく時給制となっていて、ボーナスもありません。

時給は900円から1200円程度が相場となっていますが、各地域によって変わってきますね。東京で900円だと最低賃金を下回ってしまいますから。

東京は生活費が高いとともに、保育士不足が他の地域に比べるとかなりひどい状態にあるので時給としては高いですね。

派遣社員の場合

保育士として働く場合、実際に働く園で直接雇用されるのではなく派遣社員として派遣会社に雇用してもらって働くという方法があります。

派遣として働く場合の時給は1000円から1400円程度。パートよりは時給が高めです。

しかし交通費が出ないことが多いので短時間勤務の場合は日給で劣ってしまうことがあったり、園が社員の為に設けている福利厚生も使えないというデメリットがあります。

また園としてもパートより派遣を採用した方が割高になってしまう為、あくまで一時的な人材補填として使われる場合が多く、あまり長くは同じ場所で働くことができにくいです。

正社員の実態は?

上記で書いたのはあくまで正当に残業代が支払われている分だけを労働時間として算出しています。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で公表されている保育士の残業時間は4時間です。

ただ実際はどうでしょうか。

1日2時間~4時間の残業はしばしば、仕事が終わらずに家に持ち帰って休日なども仕事をするという人もそれなりにいるのでしょうか。

では例えばもし1日3時間は残業代なしで保育園もしくは自宅で仕事をしていたとしたらどうなるでしょう。

平均月収で計算した場合には時給は970円まで下がりますし、もし月収16万円しかなければ700円を切るような状態です。

正社員にはボーナスがあるとは言え、さすがにこれではやってられませんよね。

もちろんこれは保育園によって大きく変わります。

本当に残業がない保育園もあるし、残業した分はしっかり残業代として支払われる保育園もたくさんあり、決して全ての保育園で行われていることではないので勘違いしてはいけません。

あまりに低すぎるようなら転職を考えよう

ではあなたの現在の時給はどれくらいでしょうか。

給料もそこそこでサービス残業がないなら良いんですが、もし時給があまりにも低いようならば考えもの。転職も考えてみた方が良いかもしれません。

もしも今の職場に不満があり、転職しようかなと考えている人がいれば、一度無料の保育士、幼稚園教諭向けの転職支援サイトを利用してみて下さい。

保育園や幼稚園だけではなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれますのでできるだけ少ない労力で満足する転職先を見つけることができるかと思います。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

また職場の雰囲気など、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイトでは、以下の大手二つがおすすめです。

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

他にも全国対応している転職支援サイトとして保育Aidというものもあります。

事前に求人を厳選した上で求人を扱っており、ヒアリング等も丁寧で職場見学や体験保育等も希望すれば可能です。

またこちらはわざわざ来社する必要がなく、電話やSkypeで対応して貰うことが可能というメリットもあります。

■公式サイト:保育Aid



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ