保育士3年目、仕事を辞めたいと感じているなら転職活動を始めよう

保育士3年目、仕事を辞めたいと感じているなら転職活動を始めよう

保育士として働き始めて3年目ともなると、仕事にはそれなりに慣れてくる一方で職場に対して、仕事に対して色々な不満も感じるようになってきますよね。

全然上がらない給料。人間関係のわずらわしさ、少なすぎる休みに長すぎる労働時間。

あれほど憧れていた保育士の仕事にもあまりにストレスがたまりすぎて嫌になってしまっているなんて人、そして辞めたいと思っている人は少なくないのではないでしょうか。

そんな人はぜひ一度転職することを本格的に考えてみて下さい。

関連:保育士の本音の転職理由、面接時に聞かれたら答えるべき転職理由の例

関連:保育士転職で使いたい転職サイトのおすすめランキングと利用するメリット。

保育士3年目はもう辞めても良い年代

日本では以前からとりあえず3年働けなんて言葉があり、その言葉に従ってどんなに辛くても耐えている人は少なくないでしょう。

ただ正直言って辛い中で3年間我慢する重要性というのはそこまでないもの。

3年目にもなればもう十分働きましたから、辞めて次の職場を求めても良い時期です。

転職先も見つけやすいし、それなりに働いて出した結論ですから転職後に後悔することも多くはありません。

先輩社員からいじめを受けていたり、サービス残業で安い給料なのにプライベートの時間が全くないような中で、自らを犠牲にして働き続ける必要は全くないのです。

保育士が3年目で転職するメリット

保育士が3年目になって転職することは、マイナスな部分よりもずっとプラスな部分の方が多いです。

3年目まで続いたことはそれなりに評価される

若い保育士というのはそれだけで高い評価を受けることになりますが、一つ気になるのはストレス耐性のなさなどによってする辞めてしまうのではないかという点。

せっかく採用したからにはある程度の期間は働いてほしいですからね。すぐ辞められてしまうなら正社員ではなくパートとして採用した方が良いです。

ただ3年目まで続いたというのであればすぐ辞めるかもしれないという心配は少なくなるので、それを理由に採用に否定的になるということはあまりありません。

若くてリスクも少ない3年目の人というのは保育園側にとってもかなり魅力的な人材なのです。

ある程度は経験があるので採用する側も安心

3年目にもなると仕事をしてきた経験も十分にあるので、採用する側としても安心して仕事にあたらせることができます。

経験が浅すぎるとすぐに仕事を任せることができなかったり、業務をするスピードも遅かったりミスが多かったりして、想定しているだけの仕事をしてもらえない可能性がありますから、数年の経験があるというのはやっぱり強み。

転職する側としても、それなりに経験している中で新たな職場に行くので順応しやすいというメリットがあります。

待遇が改善しやすい

1年目の時は変わらなかった給料も、3年目になると職場次第でかなり差が開いてきます。

業界全体として給料が低い傾向にある保育士ですが、何年働いても全く昇給がない職場もあれば、多少なりとも昇給がある職場もあります。

また休みの多さ、残業の量、サービス残業の有無なども職場によって差がある部分。

転職することでこういった点が改善されたという意見は多いですね。

働きやすい場所は今のうちに選ぶことが大切

女性が多い保育士ですが、職場によって結婚、出産後も働きやすいかどうかはかなり変わってきます。

職場によっては産休や育休をとることを良しとせず、妊娠すると辞めるのが当たり前になっているような保育園もあるようです。

一方で産休や育休をしっかり取れて、復帰後も育児と両立がしやすい環境が整っている保育園もあります。

もし出産後も仕事を続けていきたいと思うのであれば、できるだけ早めにそういう環境が整っている保育園に転職しておきましょう。

いざそうなってからは手遅れです。

保育士3年目の転職に向けて

では最後に保育士3年目の転職に向けて、いくつかポイントとなる点を紹介していきます。

自分に自信を持つ

3年目の人はそれなりに仕事はできるし、辞めたいという理由も真っ当である場合が多いのですが、まだ3年もたっていないことで今いち自分に自信を持つことができていない人が多いです。

経験が浅く仕事ができない、辞めたい気持ちは単なる甘えではないのか、そんなことを考えてしまいがち。

ですからもう少し自信を持つように心がけましょう。面接でもこれまで自分が経験してきたこと、仕事を通して身につけてきたことをどんどんアピールしてください。

まだ経験が浅いのに偉そうなことを言うななんて、転職活動の場では誰も思いません。

自分に正直になる

条件等を決める際は、自分に正直になりましょう。

自分の経験、自分の実力ではあまり良い条件は望めないからこれくらいで諦めるなんてことはしないでください。

もちろん現実を全く見ないと、そもそも希望に合った求人が見つからない場合もありますからある程度は基準として考えなくてはいけないものもありますが、勝手な決めつけで自分をごまかして必要以上に妥協して転職を決めてしまうと、転職した後にまた不満を感じるようになっていきます。

転職支援サイトは必ず使う

転職活動を進める場合、ハローワークなどを利用するのも一つの手段ではありますが、民間企業が運営している転職支援サイトは必ず利用するようにしてください。

保育園や幼稚園だけではなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれますのでできるだけ少ない労力で満足する転職先を見つけることができるかと思います。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

また職場の雰囲気など、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイトでは、以下の大手二つがおすすめです。

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

他にも全国対応している転職支援サイトとして保育Aidというものもあります。

事前に求人を厳選した上で求人を扱っており、ヒアリング等も丁寧で職場見学や体験保育等も希望すれば可能です。

またこちらはわざわざ来社する必要がなく、電話やSkypeで対応して貰うことが可能というメリットもあります。

■公式サイト:保育Aid



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ