人のためになる仕事、人の役に立つ仕事に転職したいと思った時の仕事の見つけ方

人のためになる仕事、世の中のためになる仕事に転職したいと思った時の仕事の見つけ方

もっと人のためになる仕事をしたい。もっと人の役に立つ仕事をしたい。

人に感謝されることでやりがいを感じ、モチベーションアップにつながっていきますから、そう思うのも当然のこと。

では、具体的に人のためになる仕事に転職する為にどう仕事を見つけていけばいいのでしょうか。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:いい仕事とはどんな仕事?いい仕事の見つけ方とは?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

人のためになる人の役に立つ仕事って?

そもそも、人のため、世の中のためになる仕事とはどういった仕事なのでしょうか。

ほとんどの仕事は人のため、世の中のためになっている

今の仕事はあまり人のためになる仕事ではない、人の役に立っていない。

そう思っている人もいるかもしれません。

ただ、人の弱みにつけこんだ仕事や違法行為をするような仕事でもない限り、ほとんどの仕事は人のため、世の中のためにたっています。

例えばメーカーで経理の仕事をしていることを考えてみます。なかなか感謝されることもないし、人のためになっている、人の役にたっていると実感することができません。

しかし、経理の人がいなければ企業経営がまともにできず会社がまともに機能しません。

しっかり機能しているからこそ、会社として人のためになる製品、役に立つ製品を生み出すことができるのです。

自分の会社の製品自体に人のためになっているかわからないと思う場合もあるかもしれませんが、誰の役にも立たない製品なんてそもそも売れませんから商品として成り立たちません。

すなわち、たとえ直接でなくても何らかの役には立っていて、最終的に人のためになっているのです。

また、会社として利益を出すこと自体が人のためになっているとも言えます。

利益をだせば当然税金を納めることになります。税金があるからこそ、国が機能し安心して生活することができるのです。

実感できるかどうかが大切

ただ、どうしても仕事によっては人のためになっていない、世の中のためになっていないと感じてしまうこともあります。

それは実感できるかどうかに大きく関係しているでしょう。

最終的には誰かに感謝されることのなったとしても、それを直接見ることができない為、実感することがなかなかできません。

そして実感できないが故に、役に立っていないと感じてしまうのです。

もしあなたが、人のため、世の中のためになる仕事をしたいと考えているなら、それは実感できていないだけでもっと実感できる仕事に就きたいということなのです。

スポンサーリンク

人のためになる仕事、人の役に立つ仕事の見つけ方

では、具体的に人のためためになる仕事、人の役に立つ仕事はどうやって見つければ良いでしょうか。

人と直接関わる仕事、何かを生み出す仕事のほうが実感しやすい

人のためになる仕事に転職したいと考えているならば、より実感しやすい仕事が良いでしょう。

具体的には、人と直接関わる仕事や、何かを生み出す仕事なんかは実感しやすいと言えます。

人と直接関わる仕事

人と直接関わる仕事は、直接感謝される機会に恵まれる為、人のためになっている、人の役に立っていると実感しやすい仕事であると言えるでしょう。

その中でもプラス面を向上させる仕事よりもネガティブな面を減らす仕事、その人の人生に大きく影響がる仕事が感謝されやすい傾向があります。

例えば医者や看護師などの医療系や、介護などの福祉に関わる仕事、教育に関わる仕事なんかが当てはまります。

何かを生み出す仕事

製品を生み出す、サービスを考える、企画する仕事もまた実感されやすい仕事であると言えます。

その製品やサービスが世にでて使っている人の評価などを聞くことで、自分がやったんだという誇りを持つことに繋がります。

当然と思われてしまう仕事は実感しにくい

逆にできて当然なんていう仕事はなかなか人のため、世の中のためになっている、役に立っているということを実感できにくいです。

例えば、客には製品に不具合がなくて当然と思われます。

メーカーで生産技術などの下流工程にいる場合、不具合なく造ることが一番の目的ですが、それができても中々感謝はされません。

どれだけ不良品の数を少なくしても、それは感謝されるのが増えるのではなく、苦情が減るだけになってしまいます。

製品の評価を見ても、ほとんどは機能面に関わるです。

このように、当たり前と思われてしまっている仕事はなかなか実感しにくいでしょう。

自分がどういった時に感謝したか考えてみる

もし、実際に感謝されたいと思っているならば、自分がどういったことでこれまで感謝したかを考えてみてください。

自分が感謝を感じることができることが、人のため、世の中のためになっていると感じることができる仕事です。

これまで何か買ったり、何かサービスを受けた時のことを考えてみてください。

感謝したことは何かあるはずです。

どういった人に、どんな風に役に立つかイメージする

選択肢を広げる為にも、仕事についてどういった人に、どんな風に役に立つかも考えてみましょう。

上述したように、どんな仕事であれ最終的には人のため、世の中のためになっていることがほとんどです。

ただそのことをわかってないだけかもしれません。

一度、今の自分の仕事についても考えてみると良いでしょう。

まずは色々な仕事を調べてみよう

世の中には色々な仕事があります。自分の頭の中にはない仕事もあるかもしれません。

頭で想像するだけでは、なかなか自分に合う仕事も見つかりません。

ですから、転職サイトなどを使い、色々な仕事を知り、どういった人の役にたつか考えてみることから始めてみましょう。

そして良さそうな仕事があれば思い切って転職し、やってみてはいかがでしょうか。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:仕事を辞める人の割合や、仕事を辞めたい、転職したい理由ランキング

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ