人手不足の業界ランキング。就職するかしないかはあなた次第。

人手不足の業界

最近特に色々な会社で人手不足が目立ちます。

ただ、人手不足が起きているということは企業は人がほしいということ。

すなわち就職しやすいということでしょう。

実際、人手不足の会社はどの程度あるのでしょうか。

また人手不足は私たちにどのようなことをもたらしてしまうでしょうか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:正社員、契約社員、派遣社員の違い、それぞれのメリット、デメリット

関連:就職偏差値ランキングや人気就職ランキング。参考にすべき事は?

スポンサーリンク

人手不足を感じている会社はこんなにある!

帝国データバンクが人手不足に対する企業の動向調査を発表しました。

その結果、なんと企業の37.8%で正社員が不足しているということがわかりました。

約4割の企業が正社員が不足していると感じているのです。

また、企業の24.1%が、非正社員が不足していると回答しています。

多くの企業が人手不足で困っているのです。

すなわち、転職するには非常に有利な状態。

もし転職を少しでも考えているのであれば、今行うことをおすすめします。

人手不足を感じている業界ランキング

どのような業界が人手不足となっているのでしょうか。

ランキングを紹介します。

この業界であれば、就職しやすいのかもしれません。

正社員の人手不足業界ランキング

1位:情報サービス 59.3%

2位:建設   54.6%

3位:医薬品・日用雑貨品小売  53.6%

4位:放送 53.3%

5位:旅館・ホテル 52.8%

6位:人材派遣  52.6%

7位:運輸・倉庫 50.0%

8位:金融 49.1%

9位:専門サービス 48.3%

10位:メンテナンス・警備 48.1%

情報サービスはなんと約6割。確かにITエンジニアなどは人が足りていないとよく聞きます。明らかに需要は増えていますからね。

また、第2位の建築業界も人が足りていないとよく聞きます。東京五輪などで今後の需要増も見込まれる中、大丈夫なのでしょうか。

非正社員の人手不足業界ランキング

1位:飲食店 55.0%

2位:旅館・ホテル   54.3%

3位:飲食料品小売  53.9%

4位:人材派遣  48.9%

5位:娯楽サービス 48.3%

6位:医薬品・日用雑貨品小売   42.9%

7位:メンテナンス・警備 41.8%

8位:各種商品小売 40.9%

9位:電気通信 37.5%

10位:専門商品小売 36.5%

非正社員の場合、全体的にサービス業が多い結果となっています。

スポンサーリンク

離職率との関係

以前の記事:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞める頃?

で紹介した新卒社員の離職率と人手不足の業界と比較してみると、

どちらにもランクインしている業界が多数あります。

採用して、人を増やしてもやめる人が大きいため、人手不足に拍車をかけているのでしょう。

労働環境の改善をする必要がありそうです。

ここからわかるように人手不足の業界、会社は、それ相応の理由があるのかもしれません。

就職、転職はしやすいかもしれませんが、注意が必要です。

人手不足がもたらすメリット、デメリット

人手不足であることに良い面も悪い面もあります。それぞれ見ていきましょう。

人手不足がもたらすメリット

労働者の立場から考えた場合、企業が人を欲しているということは、そうでない場合に比べ、人材を大切にする傾向があります。

また転職時では、採用人数が増えるのはもちろん、転職時に提示される年収もアップします。そうしないとなかなか人が集まらない為です。

転職するにはベストのタイミングであると言えます。

人手不足がもたらすデメリット

やはりメリットよりもデメリットのほうが多くあります。

負荷の増加

人手不足の解消を人を増やすという方向にいってくれればいいのですが、

そうではなく今いる人材でなんとかしようとする場合、一人一人の負荷は確実にあがってしまいます。

その結果、残業の増加などに繋がってしまいます。

残業代がしっかりでる会社であれば、給料が増えるという良さがありますが、サービス残業が当たり前となっている会社ではいいことがありません。

ちなみに私の働いている会社でも、増員はなかなかできず、もし今後できても即戦力とはなかなかいかない。

すでに一人一人の負荷は相当高くなっていて、しばらく続くこともわかっています。なかなか大変です。

競争力の低下

また、企業としての競争力低下につながってしまいます。

本来こなせるはずだった仕事がこなせず、縮小せざるをえなくなってしまうからです。

グローバル化が進み、労働力豊富な諸外国と戦わなければならない状況では深刻な問題です。

スポンサーリンク

人手不足と就職活動について

人手不足の状況では、就職しやすくなるというのは確かでしょう。

リーマンショック直後では採用人数は増やすけれど、選ぶ基準は下げないなんて会社もありました。

採用人数に達しなくても問題無しとしていたそうです。

しかし、現在の人手不足の状況を見ると、なかなかそうも言ってられない状況かもしれません。

ただ、離職率が高いなどの問題がある会社ほど人手不足となっており、就職がしやすくなっているんだということにも注意は必要です。

人手不足はチャンス

人手不足であると感じている会社は、数字だけ見ると思ったより多かったですが、確かに周囲の環境を見れば納得です。

人手不足を解消することは、人を増員するのが簡単ですが、なかな難しいです。

労働者側としてはチャンスなので、もしいつかはと考えている人がいれば、動き出してみるのがいいでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:平均勤続年数とは?就職、転職時のチェックの仕方。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ