仕事が暇で辛いなら転職して仕事での充実を手に入れよう。まずは環境を変えることが大切。

仕事が暇で辛いなら転職して仕事での充実を手に入れよう。まずは環境を変えることが大切。

毎日仕事に追われて忙しく働いている人にとってみれば、仕事が暇だという人の話を聞くと羨ましく感じるでしょう。

ただあまりに暇すぎる環境というのは実は相当辛いもの。

プロジェクトとプロジェクトの合間だけ1ヶ月くらいならまだしも、ずーっと暇な状態が続くとたいていの人は苦痛で仕方なくなります。

もし現在仕事が暇すぎることに悩んでいる人がいたら、ぜひ転職することを考えてみてください。暇すぎる仕事は決して恵まれているものではなく、早々に手放していいものです。

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:仕事ができない上司の下で働くリスク、ストレスはかなり大きいかも

仕事が暇すぎるのはとにかく辛い

仕事を続けていれば、たまたま仕事と仕事に合間が空いて暇になるタイミングが訪れることも多いです。

ただ普通なら長くて数週間。しばらくすれば次の仕事を与えられたりとやらなくてはいけない仕事がでてきてまた忙しく働くことになります。

数週間程度であれば、それまで優先順位が低かった仕事に手を付けたり、自己研鑽にあてたり、次の仕事に向けて下準備を始めたり、なんだかんだやろうと思えばやれることがあるのでそれがストレスになることはあまりないでしょう。

しかし暇な期間があまりにも長すぎるようだと話は別。

自分で考えてやるにも限界がありますからいずれは何もすることがなくなってしまい、会社に行ってもただ座っているだけ。時間がたつのは遅く何もない日々がとにかく辛いものになってしまいます。

追い出し部屋という言葉を聞いた人は少なくないと思います。

会社が不要な社員を自主退職に追い込む為、ある部屋に閉じ込めて仕事を何も与えない。そんな行為を行っている企業もありました。

仕事を与えず何もさせない、これによって追い詰められて退職してしまう人は決して少なくないのです。

暇な会社を辞めるのはもったいない?全くそんなことはない

毎日忙しく仕事をしている人にとってみれば、仕事が暇というのは羨ましいことのようにうつり、その理由から退職をするというともったいないと思われてしまう場合があります。

しかし暇なことは決して羨ましがられることではなく、ましてもったいないなんてことはないのです。

その辛さは本人しかわからない

暇であることを羨ましい、辞めるのはもったいないと思う人はその辛さを知りません。

少しだけ暇な時期に楽だと実感してしまった経験があり、暇なことが良いことと勘違いしてしまっている場合もあります。

暇すぎることの辛さは本人しかわからないこと。どれほど辛く、どれほど苦しいものなのか、経験したことがない人には理解することができないのです。

将来へのリスクも大きい

暇すぎる環境に身をおくことは、将来へのリスクも高めることになります。

今は会社の経営が問題ないとしても、長く働いていれば経営が厳しくなる時だってあります。

そんな時、会社はリストラを行うかもしれません、そしてリストラ対象になるのはたいして仕事をせずに暇を持て余していた人です。

また暇な状態で何年も続けると、仕事のスキルも身につかないまま年齢を重ねることになります。そうなってしまうと転職することも難しくなってしまいます。

そもそも長期間暇な社員を作ってしまうような状況は、会社自体の仕事が少なくなってしまっている可能性があり、会社自体が倒産してしまうことだって考えられます。

仕事を充実させる為には環境がとても大切

暇な状態をどうすれば良いかと考えた場合、自発的にも行動を起こしていくことは大切です。

自分から仕事をとりにいく、自分から仕事を提案する、積極的に他の人の仕事を手伝うなどをしていくことで少なからず改善していく可能性はあるでしょう。

ただそれで全て解決できるかというとそうもいきません。会社という組織で自分ができることには限界があります。

やっぱり仕事を充実させる為には環境も大切です。

どんな会社で、どんな上司の元で、どんな仕事をするか。そんなことに影響されずに仕事を充実させることができる人は相当優秀な一握りの人だけです。

だからこそ環境を変えてみることも必要。

もちろん同じ会社で働いていても、上司が変わったり部署を異動することになったり会社自体に仕事が増えたりと環境が変わる可能性はあります。

ただそれには時間がかかり、かつ未確定な部分が多いという大きなデメリットがあります。

転職するなら早めの行動が吉

環境を変えようと思うならば手っ取り早いのは転職。仕事が暇すぎるというのは転職する理由として十分な理由です。

ただもし転職するならば早めに行動を起こしてください。

暇な状態で仕事を続ければ続けるほど、そして年齢が高くなればなるほどに転職は厳しくなります。

年齢が高くてもその年齢相応のスキル、経験、実績があればキャリアアップの転職は十分可能です。しかしこれまであまり経験をつむことができずアピールできるような実績を出すことができていないと、転職できるのは条件の悪い会社だけです。

だからこそ早めに行動を起こし、転職がしやすい時にさっさと転職をしましょう。

在職中でも転職エージェントを利用すれば十分に転職活動を進めることができます。仕事が暇すぎると嘆くくらいですから残業もないでしょうしね。

もちろん転職サイトにはそれ以前に登録して色々自分なりに情報収集はしておくことも必要です。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ