仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。

仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。

仕事が暇すぎる!

仕事が忙しいと嘆いている人にとってはなんとも羨ましい話です。

しかし、仕事が暇すぎることによってストレスを強く感じ、うつ病になってしまう場合があります。

人によっては暇すぎることが忙しいことよりも辛いことがあるのです。

そこで今回は仕事が暇すぎる場合の原因と対処法を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:社内ニート、窓際族、社内失業。仕事がない状態から脱出するには?

スポンサーリンク

仕事が暇過ぎると辛い!

仕事が暇すぎると、忙しすぎる時よりも辛いと感じる人も多いです。

忙しい人からすれば、仕事が暇すぎるのに辛いことなんてないだろうと思ってしまうかもしれませんが、意外に辛いものです。

辛いと感じる理由は以下のようなものがあるでしょう。

  • 時間が経つのが遅い
  • 周囲が忙しくて気まずい
  • 自分が成長できない
  • 会社にいづらい

働く時間というのは、8時間とすると1日の1/3にあたるわけですから、その時間を何もすることなく過ごすというのは相当辛いことです。

スポンサーリンク

仕事が暇すぎる!その原因は?

まず、仕事が暇すぎる原因としてどのようなものをあげることが出来るでしょう。

会社に仕事がない

あなたが勤めている会社自体に仕事がなければ、暇でもしょうがないです。

繁忙期が終わって、閑散期になったことによるものだということがあるかもしれません。

ただ、閑散期で周囲も暇であれば、あまり悩むこともないかもしれません。

しかしながら、基本的に閑散期であるからといって、暇すぎるなんて会社はあまりありません。

そういった時期に、忙しい時にはできなかった仕事をこなすように勧めますから。

あまりにも暇すぎるようなことがあれば、会社として上手く機能していないことも考えられます。

また、繁忙期や閑散期とは関係なく暇すぎるようであれば、会社の経営を心配したほうがいいでしょう。

自分だけに仕事がない

周囲は忙しく働いているにも関わらず、自分にはあまり仕事がなく毎日暇に過ごしているという場合もあります。

特に仕事を覚えたての新人の頃に思う人も多いのではないでしょうか。

また、仕事でミスを犯し、信頼を失ったが故に仕事を回してもらえなかったり、派遣社員で働いている人なんかにもよくあるかもしれません。

スポンサーリンク

仕事が暇すぎることへの対処法

仕事が暇すぎることに対しては、ただじっと待っていても自然と仕事が与えられ忙しくなるようになることもあるでしょう。

しかし、そうならない場合もあります。

どちらの場合であっても、暇すぎると感じてしまうようであれば、時間がもったいないです。

何らかの対処法を打つのがいいでしょう。

自分で仕事を取りに行く

仕事は上司から与えられるものであって、指示されなければ何も動くことがないと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そうではなく、自分から仕事を取りに行くようにしてみましょう。

上司や先輩に仕事がないかを積極的に聞いたり、

色々な仕事のマニュアルを作ったり。

周囲が忙しくしているのであれば、よく観察していると、あなたにもできる仕事はあるはずです。

多くの場合、仕事のスキルが高い人であっても、雑務をこなさなければならずに、それによって時間を消費してしまって、忙しくなっているということが多いです。

そういった仕事を自分からとりにいけば、暇すぎるなんてこともなくなりますし、信頼も得られます。

暇であることをアピールする

自分だけ暇である場合、その気まずさからついつい忙しいふりをしていませんか?

忙しいふりをしていると、本来与えられるはずであった仕事が与えられなくなってしまいます。

また、忙しいふりをしているわけですから、何もアウトプットができずに終わってしまい、

上司からは仕事をするのが遅いと思われ、信頼を失ってしまいます。

暇な時や、仕事がない時は正直に暇であることをアピールすることは大事なのです。

積極的に仕事を覚える

暇である理由に、仕事を覚えていないから仕事を与えられないということがあります。

忙しい時は特に、教える時間をとってくれないことが多く、結局できないままそのまま放置されてしまうなんてことにつながります。

しかし、それでは自分にとっても、会社にとってもよくないことです。

先輩が忙しくても、時には思い切って仕事を教えてもらうようにお願いするということは大事です。

転職活動をする

いくら暇だといっても仕事を与えられないだとか、そもそも会社に仕事があまりないという場合には転職も考えなければなりません。

特に20代、30代の時に、仕事が暇すぎるということは非常にもったいないことです。

暇すぎるということは、あなたの成長につながりません。

ですから今の会社にいてもどうにもならないようであれば転職を考えましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

最後に

仕事が暇すぎるというのは非常に辛いことです。

そして、非常に時間がもったいないです。

暇を解消することは、あなた自身にとっても会社にとってもいいことですから何かしらの行動を起こすといいでしょう。

関連:追い出し部屋の実態と対策。追い出し部屋での退職は自己都合?

関連:残業したくない!残業が多いことが当たり前な現状をどうするか

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ