離職率が低い業界やその特徴。中にはブラック企業もあるかもしれないので要注意

離職率が低い業界やその特徴。中にはブラック企業もあるかもしれないので要注意

会社選びの一つの指標となる離職率。

新卒者の3年以内離職率は高卒5割、大卒3割と言われていますが、あくまでそれは平均。

業界によってはその平均からかなり低いこともあります。

そこで、今回は離職率が低い業界や離職率が低い会社の特徴を紹介していきます。

関連:離職率が高い業界、職種や離職率が高い理由や会社の特徴

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:隠れ優良企業はどう見つければいい?転職を成功させるには企業選びが最重要

離職率の低い業界

では、厚生労働省が発表した資料に基づき、離職率の低い業界について紹介して行きます。

参考:厚労省「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧

電気、ガス、熱供給、水道業

電機やガス、水道といったインフラの離職率は非常に低く、高卒で5.7%、大卒で6.9%となっています。

給料も高く、休日数も多いという、労働者にとって条件面が非常に良く、会社の安定性も他の業界に比べて高いです。

鉱業、採石業、砂利採取業

あまり聞きなれない業界かもしれませんが、三井金属工業など大手の会社も多いです。

この業界も休日数、給料といった面で優れている傾向が強く、安定性の面でも優れています。

製造業

電機メーカーや自動車メーカーなど、日本を代表する企業が多い製造業。

規模が大きい大企業であることが多く、給料の高さ、労働条件面の充実が離職率の低さにつながっています。

大手自動車メーカーだと、有休消化率ほぼ100%、給料は高卒社員であっても1000万円近くとなります。

金融、保険業

仕事がきついというイメージの金融、保険業界。

しかし、業界としての離職率は低くなっています。

仕事はきついが給料は高めの為でしょうか。

ただ、インフラ、製造業に比べるとだいぶ高くなっています。

情報通信業

デスマーチなんて言葉があるくらい、ブラック企業が多いことで有名なIT業界。

ただ、離職率は実は平均以下。

確かに、ブラック企業も多いですが、大手企業などを中心に好条件で、労働環境もしっかりした会社も多いです。

様々な業界の中で、2極化が著しい企業であると言えます。

離職率が低い会社の理由

では、離職率が低い会社は、なぜ離職率が低いのか。

その理由を紹介していきます。

休日が多い

多少仕事がきつくても、休みがしっかりあれば体も心もしっかり休めることができます。

ですから、休日数は非常に大切。

上記で紹介した業界はたいていが週2日休みで、GW、お盆、正月に連休があります。

休みが週1日と週2日では全然違いますよね。

参考:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

給料が高い

上記で紹介した業界は、平均年収も高めとなっています。

仕事が多少きつくても、給料が高いことで対価を貰うことができていると感じることができます。

ただ、中には給料が高いが故に仕事が嫌でも給料が下がることを許せずに働き続けることを自分で強いてしまっている場合もあります。

有給休暇取得率が高い

有給休暇は労働者に与えられている権利であり、本来は誰もが取りたい時に取れるもの。

しかし、実態は休みを取りにくく、使わないまま消えてしまっている人が多いです。

休みたい時に休めるというのは非常に大切なこと。

離職率の低い会社は有給休暇率も高い傾向があります。

教育制度が充実

離職率が低い理由の一つとして、教育制度の充実も挙げられるでしょう。

インフラ系や製造業は入社後の研修が非常に充実しており、さらに各段階で様々な研修制度を準備していることが多いです。

そのことで、社員が成長を実感でき、仕事に対してのモチベーションが高くなることに繋がります。

離職率だけで判断するのは危険!

就職、転職時、離職率は会社選びの一つの指標となっています。

ただ、離職率だけを見て判断するのは危険であることも忘れてはいけません。

実はブラック企業だったなんてことも

離職率が低ければ優良企業、離職率が高ければブラック企業。

確かにその傾向はあります。

ただ、離職率が低くてもブラック企業の可能性は決して0ではありません。

そもそも、離職率は必ずしも3年以内で算出する必要はなく、1年以内でもいいし、下手したら3ヶ月で算出しているなんてこともあります。

企業が離職率は0%といっても、それを完全に信じるのは危険なのです。

一定数辞める人もいる

離職率が低く、その数字も信用できる。

確かにその会社は優良企業かもしれません。

ただ、優良企業といっても、辞める人は一定数いることを忘れてはいけません。

どんな優良大企業でも辞める人はいるのです。

その理由は人間関係、仕事のミスマッチなど様々。

必ずしも自分がそうならないとは言えないことを忘れてはいけません。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:ホワイト企業、優良企業とは?転職時には要判断。

関連:ブラック企業に転職してしまった!その時どうすればいい?

関連:仕事を辞める人の割合や、仕事を辞めたい、転職したい理由ランキング


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ