退職、転職を上司から引き止められた時にやってはいけないこと。後悔に繋がるので要注意。

退職、転職を上司から引き止められた時にやってはいけないこと。後悔に繋がるので要注意。

実際に転職した人の中で、退職を上司に伝えたところ引き止められた経験がある人は少なくありません。

ですからもしこれから上司に伝えようとしている人がいたら、どうするか、どう対応するかはしっかり考えておく必要があります。

そこで今回紹介するのは退職、転職時に引き止められた際にやってはいけないこと。

転職を検討している人は、その転職に後悔することがないように参考にしてみてください。

関連:退職の引き止めがしつこい場合のパターン別の断り方、最後は強い意志で断ろう

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

退職、転職時の引き止めに関して

退職、転職時の引き止めは決して珍しいことではありません。上司次第でもありますが、たびたび行われることです。

ではなぜその引き止めは行われるのでしょうか。

引き止めが行われる理由

引き止めが行われる理由としては色々なものが考えられます。

まず最も多いのが退職によって仕事上でマイナスになるという点。

代わりの人を探すにも時間がかかるし、それまで仕事をしてきた人と同じレベルでできる人を採用できるとも限りません。周りにも負担が大きくなるので会社にとっては大きなマイナスです。

だからこそ優秀であればあるほど、繁忙期で仕事が忙しい時期であればあるほど引き止められる可能性は高くなります。

他には、部下が転職するとそれを防げなかった上司の評価が下がってしまうことがあるので上司個人的な理由から引き止めを行う場合があったり、会社の離職率を上げない為であったりする場合もあります。

引き止めの力

転職、退職の際に行われる引き止めですが、それ自体に強制力は一切ありません。

あくまで退職は労働者個人の意思であり、会社が辞めさせまいとしても無理なのです。

ですから、強い引き止めに合い退職届を受け取ってもらえなかったりしても心配する必要はなし。

法律を武器に対策すれば、辞めさせてくれなくて困るなんてことは防ぐことは簡単です。

参考:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

引き止められた時にやってはいけないこと

もしあなたが上司に退職することを伝えた時に引き止められた場合、いくつかやってはいけないことがあるので注意しなくてはなりません。

引き止めの話を全く聞かない

まず一点目が引き止めの話をされた際に上司の話を一切聞かないこと。

もしかしたら自分にとって良い条件の話をしてくれるかもしれないし、退職を考えるに至った悩みが解決するかもしれない。その話を聞かないのはもったいないです。

また最初から上司の話を聞かずにこちらの主張ばかりをしていると、上司の心証が悪くなります。

どうせ辞めることになるとしても、1ヶ月程度はその会社で働き続けることになるわけですから、心証を悪くするのは得策ではありません。

中にはその退職までの期間にかなりきつい嫌がらせを行ってくる上司もいますからね。

少なくとも上司の話は最後まで聞き、その上で自分の意思は変わらないということを伝えなくてはなりません。

条件改善に安易につられる

会社側が退職を引き止める際、給料アップや労働条件の改善を提示してくる場合もあります。

ただその条件改善に安易につられて取りやめてしまうのはだめ。

もちろんあくまで安易になので、それが自分にとって本当にメリットがあることならば良いのですが、色々とリスクもあるのです。

例えば一度退職を申し出た人間として評価を下げたり、上司との関係が悪くなってしまったり、本当の不満は解消されないのに給料アップにつられて後悔する場合があります。

また最も気を付けなくてはいけないのが、給料を増やす、残業を減らす、役職を上げる、異動させてあげるなどを理由に引き止めたのに、それが実行されない場合があることです。

約束が上司の勝手にしたもので結局何も変わらないのです。

会社側にしてみれば、次の定期昇給のタイミングまで、異動のタイミングまでその社員の転職を引き延ばすことができ、とりあえず今のプロジェクトを乗り切れるので、結局退職することになってもメリットはありますしね。

ただ退職する側としては大問題。決まっていた転職先は断ってしまっているのでまた転職活動をゼロから行わなくてはなりません。

ですから会社側の条件改善は、それが本当に自分の不満解消につながるか、その後も問題なく働いていけそうな雰囲気か、そして本当に実行されることなのか、しっかり見極めた上で決めるようにしましょう。

プレッシャーに負ける

たまにかなり強い圧力をかけて引き止めようとしてくる上司もいます。

それこそ怒鳴ったり、情に訴えてきたり、とにかく辞めさせまいとしてきます。

ただそれに心を揺さぶられてはだめ。

絶対にプレッシャーには負けず、残るか辞めるかは自分の心で決めるようにしましょう。

条件改善等もなければ退職を取りやめることはまず無しです。すでに考えに考え抜いて決めているわけですからね。

プレッシャーに負けての残留は本当にメリットがありません。

最後に決めるのは自分自身。後悔しない決断を。

退職するか、それとも残留するか。結局最後に決めるのは自分自身。

色々言われたけど退職して良かったという人はたくさんいるし、逆に引き止めてくれて良かったという人もいます。

どちらが絶対に良いのかなんてことは言えません。

ですからしっかり考え、後悔しない決断を自分自身で行ってください。

間違っても周りの発言、条件改善等のウソに騙されないように気を付けましょう。

転職に向けて

もし退職するつもりだけど転職活動は始めていないという人がいたら、まずはすぐに始めましょう。

会社を辞めてから転職活動をするのはリスクが高いので、できる限り避けるべき。

転職先を決めてから退職することが基本ですが、最低でも転職活動を始めてある程度はやり方を知り手ごたえを掴んでおきましょう。

転職活動では転職サイトだけではなく、転職エージェントを利用するのがおすすめ。特に在職中の時間がない中で行うなら転職エージェントは非常に強い味方になってくれます。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。



このページの先頭へ