転職エージェントを使うべき理由と転職エージェント比較の方法

転職エージェントを使うべき理由と転職エージェント比較の方法

転職活動するを進めるにあたり、進め方には様々な方法があります。

転職サイトに掲載している求人に応募するという方法、ハローワークで掲載されている求人に掲載されているという方法などは割と一般的ですね。

ただ私としておすすめするのは転職エージェントを使うという方法です。

それは、無料で利用することができますし、利用によるメリットがかなりある為です。

実際、年収が高ければ高い人ほど転職活動時には転職エージェントを使っているというデータもあり、今の会社よりもより好条件の会社に転職したいと考えているならば利用は必須でしょう。

ただ、転職エージェントと言っても様々な会社があり、どれを使えばいいのかわからない人も多いかと思います。

そこで今回は、転職エージェントを利用するべき理由は比較の考え方について紹介していきます。

転職エージェントは絶対に使ったほうが良い

転職エージェントは絶対に使ったほうが良いというのは、以下の理由がある為です。

非公開求人を紹介して貰えるというのは大きなメリット

ハローワークや転職サイトで調べられることができるのは公開求人と言って、現在世の中にでている求人のほんの一部分。

大半は非公開となっていて、検索してもでてはきませんから、見ることはもちろん、応募することもできません。

一方で転職エージェントで扱っている求人はほぼ非公開求人。転職エージェントに登録したからと言って全ての求人を見ることができるわけではありませんが、職歴やスキル、希望に合ったものであれば紹介してもらうことが可能です。

非公開求人は、公開求人に比べて好条件である条件である場合が多く、条件面でのアップを狙うのであれば狙っていくのは必須です。

ちなみに名前の売れた大企業の求人はほとんど非公開求人となっています。

転職の方向性を定めやすい

転職エージェントでは、希望をすればキャリアの相談もすることが可能。

転職しようかどうか迷っている、どんな会社を選べばいいかわからない、自分の経験、スキルがどれだけ認められて、どんな会社であれば採用してくれるかわからないといった人には、転職の方向性を定める点でもかなり良いサービスであると言えるでしょう。

合格率が全然変わってくる

転職エージェント経由で応募した場合と公開求人に自ら応募した場合では、転職エージェント経由で応募したほうが合格率が高いのが一般的。

企業にとっては応募がある時点で、転職エージェントが紹介に値するとされる人間であると判断しますし、そもそも非公開求人であるが故に倍率も少ないというのがその理由と言えます。

また、転職エージェントを利用した場合には履歴書を添削してくれたり、面接の対策も打つことができるというのも合格率が上がる大きな理由。

特に面接対策では、エージェントが情報を多く持っていることを生かして応募する企業に対応した対策を打つことができるので、圧倒的に有利になると言えます。

同じ会社に転職できた場合、エージェントを利用していたほうが年収が高い

転職エージェントの報酬は成果報酬であり、内定した人の年収の2から3割程度を企業から貰うことになります。

その為、エージェントにとってみれば年収は高ければ高いほうが良いのです。

結果、年収交渉といったものも進んで行ってくれることになり、単に自分で応募した場合に比べて年収は高くなる傾向があります。

わずらわしい手間に時間をかけなくて済む

転職活動って面倒なことが多いですよね。

特に在職中に転職活動する人であれば、面接の日程を調整したり、入社日の日程を調整したりしなくてはなりません。

そういった交渉事を転職エージェントが代理にしてくれるというのは大きな時間短縮につながります。

デメリットが少ない

もちろん転職エージェントを利用することによるデメリットもないわけではありません。

担当についてもらう人にもよるのですが、転職エージェントはじっくりサポートしたとしても転職が決まらなければ報酬を得ることができません。

報酬を最大限にしようとすればできるだけ短期間で年収は高めで転職してもらったほうが良いとなります。

それ故に、転職することを強く進めてきたり、受かる可能性がある企業ばかりを進めてきてチャレンジさせてくれない、年収面で押してくるといった可能性があります。

ただ、これらのことは自分の意思によって回避可能。他のメリットを考えればたいしたことではありません。

もう一つのデメリットとして、年齢や職歴を見られててサポートを拒否される可能性があるという点があるということです。

年齢が高すぎて、派遣社員から正社員を目指そうという場合には紹介できる企業がないと断られてしまう可能性もあるのです。

ただ、この点に関していえば、断られても別に損するわけではありませんし、違う転職エージェントに登録すればいいだけなので気にすることもありません。

エージェントとは基本的に面談することになりますので、休日の1、2時間程度を使う必要がありますが、他に手間を考えてみれば、手間はずっと少なくなります。

多数ある転職エージェント。どう比較する?

さて、ここからは複数ある転職エージェントの比較の方法について紹介して行くことにしましょう。

質の良さは会社よりも担当者

よくどこの会社の転職エージェントは悪かった、どこの会社の転職エージェントは良かったということを耳にしますが、エージェントの質は会社よりも担当者次第。

私が使った転職エージェントはリクルートエージェント でしたが、担当者の質はかなり恵まれていて、転職を強制されることもなかったし、親身に相談に乗ってくれました。

ただ、インターネットで口コミ等を見ると質が悪かった、転職を強制されたなんて意見も散見されます。

こればっかりは担当者次第なんですよね。ですからあまり気にしなくていいと思います。

ちなみに担当者は不満があれば途中で変えてもらうことも可能となっています。

求人量の差は絶対に見たほうが良い

転職エージェント会社を比較する際に求人量の差は絶対に見ておいたほうが良いです。特に非公開求人の量はしっかり見ましょう。

求人量の多ければ、そのまま紹介してもらうことができる可能性がある企業が増えることになるわけですから、多ければ多いほうが良いに決まっています。

非公開求人の求人量が多いところだと、リクルートエージェント やDODAといったところが挙げられます。

リクルートエージェント だと13万件以上の非公開求人、DODAだと12万件以上の非公開求人になっています。

ちなみに転職サイトとして最大手であるリクナビネクストの公開求人は5000件以上となっており、非公開求人の量の多さは明白です。

利用を断られる可能性

転職エージェントによっては、サポートが断られる可能性もあります。

転職エージェント会社にとっては、できるだけ転職の可能性が高い人、できるだけ高年収で転職できる人をサポートしたいと考えているので、担当者の数によってはそういったことも起こりうるのです。

ただ、こればっかりはまずは登録してから考えることにしましょう。登録して断られても特にデメリットはありません。

年齢面で特化している会社を使うメリット

最近は第二新卒の需要増加、若手人材の人手不足により、その年齢層に特化した転職エージェントもでてきています。

有名なところでいくとマイナビエージェント ハタラクティブといったところが挙げられます。

こういった所は、絞っているので一見すると求人数が少ないようにも見えますが、応募可能な求人は多い可能性があります。

また、特化している分、キャリア相談や対策に関しての強みもあると言えるでしょう。

ただ、特化するものを使う場合には上述した大手の転職エージェントと合わせて使ってみるのがいいと思います。

同じ年齢層向けであっても紹介して貰うことができる求人には差があるので、双方使ってみて良いほうを選んだほうが良いと思います。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ