高年収はいくらから?あなたはどのくらいを目指す?

高年収はいくらから?あなたはどのくらいを目指す?

自分の年収は高年収なのか、普通なのか、低年収なのか。

意外に気になる人も多いのではないでしょうか。

では、そもそもいくらから高年収なのでしょうか。

関連:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

スポンサーリンク

高年収の明確な線引きはない

年収がいくらから高年収なのか、明確な線引きはありません。

しかし、一般的には高年収は800万円からというイメージがあります。

高年収の800万円という数字は、よく転職サイトでも高年収という部類で紹介されている為、そういうイメージがついています。

しかし、一概にこの線引きが正しいとは限りません。

そもそも高年収かどうかということは、他との比較によって決まるものですから、周りが年収1000万円であれば、年収800万円は高年収とはなりませんからね。

年収は勤めている会社に依存する部分が大きく、実際の市場価値とは違うことも多いです。

その為、転職すると年収が大きくアップすることもあります。

MIIDAS(ミーダス)では、いくつかの質問に答えることで簡単に適正年収を調べることができるので、やってみると面白いです。

高年収を相対的に算出

明確な定義のない高年収を相対的に算出してみましょう。

2・6・2の法則

算出する為に、2-6-2の法則というものを使ってみます。

2-6-2の法則とは、2割の人が優秀で、6割の人が普通で、できない人が2割といった形になってしまうといった法則です。

もし、2割のできない人を辞めさせたとしても、結局は同じ割合でできない人が生まれてしまうということが、アリを使った実験でも証明されています。

というわけで、今回は年収も上位2割を高年収と定義してみます。

直感的にも上位2割であれば高年収ということにしっくりきます。

上位2割ってどれくらい?

では上位2割とはどれくらいを指すのでしょうか。

日本全体の場合

国税庁「民間給与実態調査」によれば、日本全体の給与所得者の平均年収は420万円となっています。

このうち、600万円以上であれば上位2割に入ります。

逆に200万円以下は下位2割に属することになります。

すなわち、日本全体で言えば、年収600万円以上で高年収、年収200万円以下で低年収となります。

男女別の場合

次に男女別に考えてみます。

まず、男性の平均年収は514万円。

このうち、年収700万円以上だと上位2割に属することになります。

すなわち、男性の場合は年収700万円以上で高年収と言っていいでしょう。

次に、女性の平均年収は272万円。

このうち、年収400万円以上が上位2割に属することになります。

高年収かどうかは年齢によっても違う

年齢によっても高年収かどうかはわかれてくるかと思います。

年齢別の詳細な分布の結果がなかった為、正確な数字はわかりませんが、

例えば30代後半の年収は男性の場合、502万円となっており、全年齢の平均年収とほぼ変わらないため、年収700万円で十分高年収と言えるでしょう。

しかし50代前半男性であれば、平均年収は656万円となっており、年収800万円程度でないと高年収とは言えないでしょう。

スポンサーリンク

最後に

年収が高ければ幸せというわけではありません。

年収がいくらであろうと、身の丈にあった生活をしなければ、苦しむことになります。

それでもできることなら給料はたくさん貰いたいし、年収は高いほうがいいですよね。

ただ、いくら頑張っても年収は会社によるところが一番大きいので、年収アップを考えるのであれば転職が最も可能性があります。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみましょう。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:平均世帯年収や分布。生活が苦しいと思っている世帯が6割以上!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ