ハイクラスの転職とは?年収相場や条件、高年収求人の探し方。

ハイクラスの転職とは?年収相場や条件、高年収求人の探し方。

最近は転職をサポートしてくれる転職エージェントサービスが非常に充実していて、多数の会社を選んで利用することが可能となっています。

その中でも特に増えてきているのが高年収の人、いわゆるハイクラス層をターゲットとした転職エージェントサービス。これまで転職がしにくかった層もかなり転職がしやすくなっています。

そこで今回はハイクラス転職の概要やメリット、転職に向けての取り組み方を紹介していきます。

関連:外資系に向いてる人、向いてない人の特徴。年齢よりも能力次第だから転職してみては?

関連:高収入の求人多数!エグゼクティブ転職サイト、転職エージェントの特徴やおすすめエージェント

ハイクラスの転職とは

最近ネットの広告でもハイクラスの転職、エグゼクティブ向けの転職なんていう文言をよく見かけます。

年収1000万円の求人多数なんて言葉もあって、ちょっと心が動くという人も多いのではないでしょうか。

ハイクラスの求人とは基本的に年収が高い求人のことを指します。高年収で転職するとなると、役員や管理職として転職する、大企業や外資系に転職するということが多くなりますから、ハイクラス向け転職エージェントサービスが扱っている求人はこういったものが多くなっています。

ハイクラス転職と位置付けられる年収相場

ではハイクラス転職と位置付けられるのはどれくらいの年収からとなるのでしょうか。

一般的には年収750万円から800万円以上の求人がハイクラス転職として位置づけられることが多いようです。

日本のサラリーマンの平均年収は420万円。正社員の男性で限定した場合でも511万円。年収800万円はかなり高いほうで、それ以上の全労働者のうちたった7%しかいません。

ただ20代の場合はもう少し低めで年収600万円からもハイクラス転職として位置づけられることがあります。

40代で800万円と20代で800万円ではだいぶ難易度が違いますからね。

ただハイクラス求人を多数扱っている転職エージェントでは2000万円を超える求人もそこそこ合って、さらには年収3000万円以上なんて場合もあります。

ハイクラス転職のターゲット層

このハイクラスの転職ですが、誰もが応募することができるというわけではありません。

ハイクラスの求人に応募する為にはハイクラスの転職エージェントサービスに登録して企業を紹介して貰うかヘッドハンティングを待つことになりますが、ターゲット層に合致していないとヘッドハンターからスカウトを待つことはできず、求人を紹介して貰うことすらできないという事態に陥ってしまう為です。

ではそのターゲット層とはどういった人を指すのでしょうか。

転職前の年収

年収が高いからと言ってその人の能力が高いとは言えないし、逆に非常に優れたスキルを持っているのに低い年収で働いてしまっている人がいるのも事実。

しかしながら転職でそれを一人一人見てじっくり見て採用可否を判断するのはかなり難しいものがあり、結局年収という一つの指標を使わざるを得ないんです。

それ故に各ハイクラスの転職エージェントサービスでは、ある程度の年収以上の人をターゲット層にしています。

それぞれで線引きのラインは違ってくるのですが、年収600万円以上はないと利用するのは厳しいでしょう。

年齢

通常の転職エージェントであれば、全年齢を対象としているとは言うものの転職しやすい20代から30代前半が主なターゲット層になってきます。

しかしハイクラス転職のターゲット層では30代、40代が主となってきます。高スキルと豊富な経験を元にした高年収転職ですから、年齢が高めになるのはまあ当然のことだと言えるかもしれません。

実際、大手転職エージェントのリクルートエージェント では半数以上が20代となっていますが、ハイクラス転職エージェントの一つとして有名なJAC Recruitment では20代が15%にとどまり、ほぼ30代と40代が占めています。

学歴

学歴がそこまで高くないからと言って、ハイクラスの転職サービスを利用できないなんてことはありませんが、高い学歴があったほうが何かと都合が良いというのは事実。

実は有名大学を卒業していることを条件としてそれ以外の人は書類選考で足きりをしてしまうという場合もあるので、より学歴が高い人のほうが転職サービス側としても転職をさせやすい傾向があります。

ただ学歴で今更悩んだって仕方がないですし、能力次第ではいくらでも覆ますからこれを理由に転職を諦めてしまうなんてい言う必要はありません。

役職

ハイクラス転職サービスで扱っている求人はプレイヤーとしての求人も多いんですが、管理職の求人の割合も多くなっています。

管理職の求人に応募する場合はこれまでも管理職として働いてきたことが条件となります。

ただ管理職の経験がない人はプレイヤーとして転職を目指せばいいだけなので特に心配はありません。

自分の役職がどうかというのはそんなに気にすることではないと思いますよ。

ハイクラス転職の大きなメリット

こういった特徴をもったハイクラス転職。

実は色々な人に多大なメリットがあることなんです。

転職希望者にとってのメリット

以前までは管理職の立場で転職しようとしても中々良い転職先を見つけることができなかったり、高年収の人が転職しようとしたら年収が下がることを受け入れなければならなかったりと、ハイクラス層がさらにキャリアップしていくことはかなり難しいのが実情でした。

ヘッドハンティングされて転職するという方法があるにはあったんですが、能力は高いけれど外部には出ない仕事をしている人はヘッドハンターの目に止まらない為、まず声をかけられることがありませんでした。

しかしこの層向けの転職サービスが充実したおかげで、かなり転職はしやすくなりましたしさらなるキャリアアップの可能性も高くなりました。

40代はもう転職できないから定年まで粘るしかないなんてことはなくなり、能力次第でチャレンジできる環境が整ってきたのです。

企業にとってのメリット

これは企業にとっても大きなメリットになります。30代40代の優秀な人材がでていってしまう可能性も増えたというデメリットはあるかもしれませんが、会社にとって必要な即戦力となりうる優秀な人材を採用できるのはとてもありがたいこと。

事業の幅を広げる、事業の規模を拡大する、会社としてマンネリ化を防ぐといった場合には今後が期待できる20代だけではなく30代、40代の豊富な経験を持っている人材は貴重ですからね。

転職エージェントのメリット

ハイクラス求人を扱っている転職エージェントにもメリットはあります。

高年収の求人は世の中にある求人の数に比べるとかなり少数であり、高年収の人自体も数が多くはありません。

しかしこのクラスの転職希望者は転職に繋げやすく、一人を転職に繋げた時の得られる収入が高くなります。

転職エージェントの場合、転職を成約させた際にその人の年収の2~3割を企業から貰います。

年収500万円の転職なら150万円の収入を得ることになるのが、年収1000万円の転職なら300万円になって150万円も差がでることになるのです。

数をこなして売り上げを上げていくわけではないので転職希望者に対してのサポートもかなりしっかりしているのが特徴です。

ハイクラス層が転職するには転職エージェントを利用するしかない

もしも今あなたがハイクラスでの転職を考えているならば、転職するには転職サービスを利用するしかないというのが実際のところです。

ヘッドハンティングされることを待っていても、能力が高いとしてもほとんどの人は声をかけられることなんてありません。ヘッドハンティングされるには転職エージェントサービスを利用して自分の存在を知らしめるしかないのです。

もし単に一般的な転職サイトを利用して自力で転職しようとしても、良い求人は見つからずに諦めてしまうことがほとんどになってしまうでしょうし、無理やり転職してしまえば条件は下がってしまうだけになってしまうでしょう。

ハイクラス層向け転職エージェント

ではハイクラス層向け転職エージェントはどういったものがあるでしょうか。ここではいくつかメジャーなものを紹介していきます。

JACリクルートメント

まず一つ目がJAC Recruitment 。年収600万円以上、30代がメインターゲットの転職支援サービスです。

元々海外発祥の転職サービスなのでグローバル企業や外資系、現地採用にもかなりの強みを持っています。

ここはサポートの評判がとても良いというが特徴。履歴書や職歴所の書き方、面接サポート、企業に関する情報入手などがかなり優れています。

国内の転職支援サービスの中で売上はリクルートエージェント、DODAに次いで第三位に位置しています。

利用者数が多いわけではないのにそれだけの売り上げを生み出しているということは、転職成功をさせる比率がかなり高いんだと思います。

公式:JAC Recruitment 

リクルート キャリアカーバー

続いて紹介するのがリクルートが運営しているキャリアカーバー

登録するとあなたの経歴やレジュメを提携しているヘッドハンターを見ることができるようになり、目にとまればスカウトを受けることができます。

また自分で求人を探すこともでき、気になるものがあれば応募を依頼することも可能です。

こちらも現在年収600万円以上の人がターゲット層になっています。

公式:キャリアカーバー

クライス&カンパニー

最後に紹介するのはクライス&カンパニー

30代、40代の転職支援サービスであり、特に管理職向け。

求人の7割以上がマネージャークラスのものとなっており、管理職としての経験を生かした転職活動を行うことができると思います。

こちらは私は利用したことがありませんが、コンサルタントの評判は良さそうです。

公式;クライス&カンパニー

最後に

30代ならまだしも、40代にもなるとこれ以上の出世を望むこともできなくなり、変わらない毎日のまま定年まで働き続けてしまうことになってしまうことを受け入れてしまっている人も多いかもしれません。

しかしせっかくならもっとキャリアアップをしていくことを夢見てもいいのではないでしょうか。

せっかく転職できる能力があるなら、ぜひチャレンジすることを考えてみてください。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ