ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

転職する場合に求人を探す方法には、民間企業が運営している転職サイトや転職エージェントを活用する方法と、国が運営しているハローワークを利用する方法があります。

転職希望者にとってはどちらも無料で利用することができる転職支援サービスですが、特徴は大きく異なるので注意が必要です。

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

デメリット面の大きいハローワーク

ハローワークと転職サイトの大きな違いは、求人を掲載する際に企業にお金が必要になるかということです。

転職サイトの場合、求人を掲載する際にはお金がかかります。しかも決して安い額ではなく、小さい広告でも2週間で十数万円、募集を増やす為に大きい広告にすると100万円を超えます。

しかも、これだけの金額を払ったとしても必ずしも応募があるとは限りません。大企業にとってはたいしたことがないかもしれませんが、中小企業にはかなりきついです。

一方、ハローワークの場合だと求人をだすのに金は必要ありません。これは企業いとってはかなりのメリットとなるのですが、逆に転職希望者からすると必ずしも喜ばしいことではありません。

もちろん、無料であることで求人広告を掲載するハードルが下がり、求人数自体が増え選択肢が増えるというメリットはあるものの、同時にブラック企業や経営の危ない企業、実は採用する気が全くないカラ求人なんかが増えます。

特に、社員を使い捨てのものだと思っていて次から次へと人が辞めていくブラック企業が増えてしまうのは大きなデメリットです。

次から次へと辞められたところで無料で掲載することができ、たいした費用かからずに社員を雇えるわけですから、ブラック企業にはかなりありがたいのです。

ハローワークで転職のメリット

一方で、もちろんハローワークを利用することのメリットもあります。

ハローワークは転職サイトや転職エージェントを利用して転職する場合に比べて、倍率はかなり低く、かつ応募者の質も劣る為、非常に内定しやすいという傾向があります。

その分、条件面的には平均的に劣ってはしまいますが、転職サイトや転職エージェント経由では全然受からなくても、ハローワーク経由だと簡単に決まったということが少なくありません。

基本的に転職サイトはお金をかけてでも全国から優秀な人材を集めたいという企業が使い、ハローワークはお金をかけずに地元で人材を集めたいという場合に使われます。当然受かりやすさは後者が勝っています。

企業の規模で考えれば圧倒的に転職サイトの掲載している企業のほうが規模は大きいです。ハローワークに掲載している求人は中小企業、零細企業がほとんどです。

平均的に考えれば待遇や労働条件等は大企業のほうが優れています。

ただ、中小企業の中にもホワイト企業はあり、下手したら大企業以上い働きやすい仕事を見つけることができるかもしれません。

他にもハローワークでは職業相談、履歴書添削、面接対策といった転職エージェントが行ってくれるような転職サポートも行ってくれます。

ブラック企業を見極めることが最重要

ハローワーク経由で転職する場合にとにかく気を付けなくてはならないのが、ブラック企業を見極めることです。

転職サイトや転職エージェントの中には、求人掲載や求人紹介する前にブラック企業でないかどうかを調べた上で掲載可否を判断しているものもありますが、ハローワークに載っている求人にはそういったことがありませんから自分で見極めなくてはいけません。

ただ、インターネットで調べてみても基本的には情報がなく、情報収集しようにもどうにもこうにもできないなんて場合も多々あります。

しかし、実は見極めるポイントはいくつかあるのでしっかり確認するようにしてください。

面接でおかしな点はないか

面接は、企業が応募者について確認するだけの場ではなく、応募者からも企業の人を確認できる場です。

面接官の態度が悪い、適当な質問ばかりで選考する気が感じられない、っやたら良いことばかりを言う、数分で終わる、面接官がなんだか疲れ切ってるなど、怪しい部分はないか注意深く観察してみましょう。

求人票の内容をチェック

求人票の中にも見極めるヒントが隠されている場合がありますのでよく確認しなくてはなりません。

内容が曖昧になっていないか、月給のうち基本給が低くなりすぎていないか、給与の下限が低すぎではないか、年間休日数が少なすぎないか、その他条件面でおかしな点はないか、しっかり確認するようにしましょう。

雇用契約書は提出されており、内容に問題ないかをチェック

ハローワーク経由でよく問題になるのが、入社前に確認した勤務条件がいざ入社してみると全然違ったということです。

ブラック企業はなんとか人を集める為に採用時点ではあたかも良いと思わせるような話をして入社させます。

転職した人は、そこに違いがあっても短期離職の影響を恐れて泣き寝入りする人も少なくありません。

ただ、これは入社してしまう人にも問題があります。

労働基準法では、入社時点で労働機関や就業の場所、就業時間や休日に関すること、賃金の内容といったことを書面で明示されていなくてはならないとされています。

よって、採用時には雇用契約書や雇用条件通知書等で通知されているはずなのです。

もしされていないのであれば要求すう必要があるし、要求してもだしてこない企業はその時点で怪しいのです。

直接確認しにいく

入社前だと、当然まだ社内には入りませんが、外からこっそり確認することはできます。

その時に、遅くまで電気がついていないかや、社員の顔が疲れ切っていないかということは確認できるはずです。

残業10時間程度と言っていたのに、毎日20時以降も煌々と電気がついているとその残業時間が嘘か、サービス残業が行われているかもしれません。

インターネットなどで情報が得られないのであれば、自分の足をつかって情報を手に入れるということも大切なことです。

転職サイト、転職エージェントの両立がベスト

ハローワークにはハローワークのメリットがありますが、それでもやはり転職サイトや転職エージェントは合わせて使っておきましょう。

確かにハローワークに比べると倍率も高く難易度は上がってしまいますが、やはり好条件であることが多く、ブラック企業も少ない傾向があります。

できることならば転職サイトや転職エージェントで終わらせ、無理であったらハローワークという形にするのがベストです。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:ハローワークの職業訓練校とは?種類や給付金について

関連:雇用契約書とは?転職時には必ず確認!



このページの先頭へ