ヘッドハンティングでの転職を成功させる秘訣、後悔せずに年収アップを掴め!

ヘッドハンティングでの転職を成功させる秘訣、後悔せずに年収アップを掴め!

ヘッドハンティングされて今より待遇の良い会社で働ければなぁと考えたことはありませんか?

転職する主流な方法は転職サイトやハローワークを使い求人を探して応募するという形ですが、優秀だと認知された人材に対しては企業から依頼を受けたヘッドハンターが連絡をとり転職をさせるとうう方法も少数派でながら行われています。

実はこのヘッドハンティング、普通に転職するよりもメリットは大きいです。

もちろん誰でもヘッドハンティングしてもらえるかというとそういうわけではなく、ある程度の条件はクリアしていなくてはなりせん。

そこで今回はヘッドハンティングによる転職のメリットや、ヘッドハンティングによる転職が可能となる人、そして成功させる為の秘訣について紹介して行きたいと思います。

ヘッドハンティングによる転職はメリット大

ヘッドハンティングされて転職するのは誰でもできることではない。しかしもしそれが実現できれば得られるものはかなり大きいです。

高収入の仕事に就くことができる

とにかく一番のメリットは、今までよりも高収入の仕事に就くことができる可能性が高いといいうこと。

年収600万円の人が年収1000万円に、年収1000万円の人が1500万円になることだって少なくありません。

ヘッドハンティングでターゲットとなるのは企業にとって重要であるものの、普通に採用活動するのでは中々集まらない人材。転職しようという意思が強い人に限定してしまうと、対象者が中々見つかりません。

その為、ヘッドハンターは転職志望度が高くなくても企業が求めている人材であれば候補にいれ、なんとか転職してもらえないかとうことを考えます。

ただそういった人はそれまでの待遇と同程度にしたとしても当然転職して貰うなんてことは不可能。転職させようとすれば、大幅に年収を上げるしかありません。

ミドル層でもキャリアアップ可能

転職35歳限界説なんて言葉があるように、転職市場においてミドル層は需要が高くなく転職が困難であると言われています。

実際、求人の多くは20代もしくは30代前半をターゲットとしているものが多いのも事実。いくら優秀な人材であっても年齢が高いというだけで転職するのが困難、もしできたとしても待遇が下がってしまう場合が多いです。

しかしヘッドハンティングの場合は対象の多くがミドル層。優秀なミドル層がキャリアアップできる可能性が高い方法になっています。

むしろある程度の年齢で、ある程度のキャリアがある人がさらにキャリアアップしようと思えば、普通に転職してもまず無理、ヘッドハンティングされるしか方法はないと考えても良いくらいです。

ヘッドハンティング転職が可能となる人

このように色々とメリットの大きいヘッドハンティングによる転職。ただ残念ながら誰もがその形で転職することができるというわけではありませn。

ヘッドハンティングによる転職が可能となる人は以下のような人です。

希少性の高いスキルを持っている人

ある特定の分野において卓越した知識を持っているなど、何かしら希少性が高いスキルを持っている人材はヘッドハンティングされやすい人材の一人。

企業側がそういった人材を求めて求人広告にだしても、中々そういった人材はいませんからね。

専門性を極めようと思えば、それなりに時間がかかるのは当たり前。20代だとまだまだ不十分で、やはり対象は30代、40代といったミドル層がターゲットになります。

経営層、マネージャー層、プロジェクトリーダー

会社の経営に直接かかわる経営層、管理職として部下をまとめるマネージャー層、ある程度規模が大きい仕事のプロジェクトリーダー。こういった層もヘッドハンティングの対象となる人材。

上の立場にたって仕事をしていくというのは、プレーヤーと違った難しさもあり資質も問われる仕事。それでいて会社の業績を大きく左右することになるかなり重要なポジション。

実績のある優秀な人材を雇いたいというのは当然のことです。

しかしこういった層はただでさえ母数が少ないにもかかわらず、この層は転職希望者が少ないので求人募集をしても優秀な人材は中々集まりません。その為、ヘッドハンティングによって人を集めているということが多く行われているのです。

ヘッドハンティング会社に登録している

高い専門性を有していたり、管理職としてかなり優秀な成績を納めているからといって、ヘッドハンティングされるかというと中々そうも上手くはいきません。

結局のところ、その実力をヘッドハンターに認知させることができなければヘッドハンティングされるなんてことはまずないでしょう。

例えば飛びぬけた専門性で業界内で有名な人材となったり、同業他社が動向を注目するような需要度の高いプロジェクトのリーダーになって仕事を成功させることができれば、認知されることは可能。

ただ優秀な人材全員がそのように認知させることができるかというのは少々難しいですよね。良くも悪くも会社は閉鎖社会になっている場合が多いですから。

よって自らヘッドハンターに認知させるような取り組むことも必要。その為にはヘッドハンティング会社に登録することが必要となるでしょう。

ヘッドハンティング会社に登録して優良な求人を持っているヘッドハンターと繋がりを持つ。これがヘッドハンティングされる為の第一歩です。

ヘッドハンティングの転職を成功させる為には

ではここからは具体的にヘッドハンティングの転職を成功させる為の方法を紹介していきましょう。

複数のヘッドハンティング会社に登録

まず行うのは複数のヘッドハンティング会社に登録すること。

ヘッドハンターはそれぞれが異なった求人を持っている為、複数のヘッドハンティング会社に登録しておいた方が自分が希望している仕事を紹介してくれる可能性は高くなります。

ヘッドハンター自身が信頼できるかをよく見極める

ヘッドハンターと繋がったら、本当にそのヘッドハンター自身が信頼することができる人物なのかとうことをしっかり見極めるようにしてください。

良いことばかり言ってとにかく転職をさせようとする人、ヘッドハンターと言いながら単なる中小転職エージェントの一社員でたいした求人は持っていない人などもいるので、本当に自分にとってメリットの高い人材を選ぶようにしてください。

待遇のみで決めてはだめ

非常に高い年収を提示されると、つい勢いで転職を決めてしまいがち。しかしそれでは後悔する可能性も非常に高くなってしまいます。

高い年収は得られたけど激務すぎて体を壊した、思っていた仕事と違って自分が役に立たなかったなんて場合もあります。

ヘッドハンティングされて高い待遇で入社するというのは、求められることもとても高くなるということ。もし企業側が期待されているような仕事ぶりができなかった場合は正直かなり悲惨な目にあいます。

もしそんな目にあって再度転職するとなればもっと大変。ミドル層が転職してから時間がたたずに転職することになれば、年収大幅ダウンは避けることができません。

給料は必ず交渉する

ヘッドハンティングで転職する場合には、絶対に給料交渉を行うようにしてください。

高いお金を払ってでも貴重な人材を雇いたいと考えヘッドハンティングをするわけですが、それでもやっぱり給料は低くしたいもの。

ですから最初はここまでだせるという金額よりもずっと低い給料を提示してきます。だからこそ給料交渉しなければただの損。多少は強気に給料をしていくようにしましょう。

おすすめヘッドハンティング会社

では最後にいくつかおすすめのヘッドハンティング会社を紹介していきます。

キャリアカーバー

リクナビNEXTやリクルートエージェントといった国内最大の転職サービスなどを運営しているリクルートのキャリアカーバー

ヘッドハンターの登録者数が国内最大級となっていますから、希望にあったヘッドハンターを見つけることができるでしょう。

利用は無料会員登録後に履歴書などを記入。それによってヘッドハンターからメールが送られてきます。

転職に関して実績のあるリクルートが運営しているというのも、信頼性という点ではメリットがあると思います。

キャリアカーバー

クライス&カンパニー

30代のキャリア層を対象としたヘッドハンティング会社です。

ヘッドハンティング会社としても23年と歴史があり、コンサルタントの質も高いと評判です。

コンサルタント、経営企画・事業企画、事務系スペシャリストを対象としています。

クライス&カンパニー

BIZREACH

元々海外で行われていたヘッドハンティング制度を日本に初めて導入した、日本で最大のヘッドハンティング会社です。

質の高い仕事を紹介して貰えますが、その分自分自身も質が高くなければなりません。

基本的には年収750万円以上の人を対象としており、ヘッドハンターとは直接面談し、相談もしていけます。

ちなみに登録は無料で行うことができますが、それだけでは利用できないサービスもあって最終的に本気で転職を進めようと思えば有料会員登録が必要。

 ⇒会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ