早く仕事を辞めたいと思っている人がやるべきこと

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

早く仕事を辞めたいと思っている人がやるべきこと

毎日辛くて、しんどくて早く仕事を辞めたい。

そんなことを考えながら、結局辞めるきっかけが掴めずにずるずると働き続けてしまっている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、とにかく早く仕事を辞めたいと思っている人が、これからやるべきことについてまとめました。

関連記事

 

早く仕事を辞めたい、でも辞められないまま

早く仕事を辞めたい。それこそできることなら1ヶ月以内には辞めたい。

そんな風に思っていても、大半の人は中々仕事を辞められずにいます。

辞めるまでの道のりをイメージするとあまりにも大変そうだったり時間もかかりそうで、結局何もやらずにいつまでたっても何も進展しないまま時間ばかりがたってしまっている。

そんな人が多いのではないでしょうか。

むしろ、最初はそれほど転職する意思は強くなかったがとりあえず転職活動を始めてみた人、ある程度の期間で計画を立てて行動している人の方が、結果的には早く仕事を辞めることができています。

もしあなたが早く仕事を辞めたいと思っているなら、まず焦りを捨てて冷静に何をすべきかから考えていきましょう。

その気になれば仕事は早く辞めることはできる

まずは仕事を辞めることだけに焦点を当て、早く仕事を辞める為の手段から確認していきましょう。

法律上、2週間前の申し出で仕事は辞められる

民法第627条1項では、退職に関して以下のように定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する

正社員として無期雇用されている人であれば、基本的に仕事を辞めたいと思う日の2週間前に上司に申し出さえすれば仕事を辞めることは可能なのです。

有給休暇を使えば翌日から会社に行かないことも可能

さらに、その退職を申し出てから実際に仕事を辞めるまでの2週間を有給休暇で消化することも可能です。

有給休暇は労働者の権利であり使用者の義務。

退職日が決まっていて、違う日に取得することが不可能となっている場合は日程変更することもできない為、労働者の申し出があれば使用者は取得を拒否することはできません。

ようするに、明日退職を申し出たら正式な退職日こそ2週間後になるものの、実際には次の日から一切会社に行かなくていいということも可能です。

もちろん引継ぎなしで退職することになり、会社にはもちろん同僚にも迷惑をかけることになりますから極力行うべきではありませんが、違法なサービス残業やパワハラ等で一刻も早く仕事を辞めたい人にとっては有効な手段になるでしょう。

参考:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

会社の言い分は気にしなくても良い

いざ仕事を辞めると上司に申し出ると、あれこれと言ってきて引き延ばしてくる場合も少なくはありません。

  • 今の担当の仕事が終わってからにしろ
  • 次の人が決まるまで待て
  • 繁忙期での退職は無理
  • 今辞められると回らないからちょっと待って

責任感、同情心を武器にしたり、ひどい会社だと損害賠償を持ち出してくる場合もあります。

ただこういったことは気にすべきではありません。

結局一人辞めたところで仕事はなんとかなるものだし(むしろ一人の退職でやばくなるような会社は危険)、退職するかどうかを決めるのは労働者側にあるので仕事を辞めるだけで損害賠償されるなんてありえません。

ただし何の準備もせずに仕事を辞めるのはリスク大

このように、もし先のことを考えないのであれば早く仕事を辞めたいという気持ちをすぐに実現することはそれほど難しいわけではありません。

ただだからと言って気にせず辞めることができるかというと、そうではないという人がほとんどでしょう。

たいして貯金もなく、次の仕事が決まっていないという中でさっさと辞めるのはかなりリスクが大きいですからね。

ですからもしできるだけリスクを抑えた上で、仕事を辞めたいと思っているのであれば、2週間という短期間で仕事を辞めることは正直難しく、多少は時間をかけて準備をしなくてはなりません。

早く仕事を辞めたい人が今すぐすべきことは?

では早く仕事を辞めたいと思っている人が、実際にその思いを実現する為にはどういったことをすれば良いでしょうか。

うだうだ考えず、とにかく転職活動を始める

まずやるべきは、とにかく転職活動を始めてしまうことです。

これを始めなければ、いつまでたっても仕事を辞めることができず、どんどん先延ばしされていく一方です。やらなければ何も変わりません。

上手くいくかわかんない、大変そう、時間がかかりそう、仕事を続けながらだと時間をかけれない。

そんなことは今考えたって仕方がないこと、やってみなければわかりません。

後悔しないようにじっくり考えてからにしないと、方向を固めてからにしないと。

そんなことは今やるべきことではありません。

とりあえず始めてみれば、意外に転職活動は進んでいきますし、自分の考えも整理されていきます。

特に転職エージェントを使えば、相談にも乗ってくれるし、スケジュール管理もしてくれますからね。

転職活動を行いながら仕事を辞めることについてじっくり考える

もちろん、転職するにあたり自分の中でしっかり考えなくてはいけない部分はあります。

何故仕事を辞めたいのか、転職に何を望むのか、辞めて後悔はしないのか。

ろくに考えもせず行き当たりばったりで決めてしまっては、転職後に後悔するだけです。

ただこういったことは転職活動を始める前ではなく、転職活動を行ってからでも遅くはありません。

むしろ、転職エージェントと相談したり、求人を紹介して貰ってからの方がより深く考えやすくなるでしょう。

焦る気持ちを抑えて辞めるまでを3ヶ月を目安にする

早く仕事を辞めたいと思っていても、もし仕事を決めてから辞めるとなるなら3ヶ月は見ておかなくてはなりません。

今の仕事が嫌であればあるほど、どうしても焦ってしまう気持ちがでてしまいますが、そこはなんとか抑えて3ヶ月を目安にしておきましょう。

ただ、先が長くてゴールが見えないことを理由に先延ばししてしまうのは厳禁。

始めるタイミングが遅くなればなるほど、どんどん仕事は辞めることはできなくなってしまいます、

こっそり退職準備を進める

転職活動を始めたら、こっそり退職準備を始めておきましょう。

退職の申し出はいつまでに言えばいいのか、どういった手続きを踏むことになるのか、退職金はどのタイミングでどれくらい貰えそうなのか、福利厚生関係はどうなるのか。

こういったことを就業規則を確認。

また自分の貯金や退職金などどれほど金銭的な余裕があるかを確認。

仕事面ではある程度引継ぎでやらなくてはいけないことのイメージを持っておくことも大切です。

具体的な行動を起こさなければ、いつまで経っても仕事は辞められないまま

早く仕事を辞めたいと思っている人ほど、なかなか数か月後をターゲットにして行動を起こすことができません。

ただ、行動を起こさなければ当然いつまでたっても仕事は辞められないままです。

あなたの早く仕事を辞めたいという気持ちを一刻も早く実現する為に、さっそく今日から行動をうつしてみましょう。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ