働きやすい会社、働きやすい職場とはどういうところ?

働きやすい会社、働きやすい職場とはどういうところ?

あなたの勤めている会社は働きやすい会社ですか?あなたが働いている職場は働きやすい会社ですか?

働きやすい環境は、仕事に対するモチベーションにも影響し、各個人の幸せや会社の業績に関わることです。

誰だって、働きやすい会社、職場で働きたいと考えていると思います。

ただ、そもそも働きやすい会社、働きやすい職場とはどういうところでしょう?

今回は働きやすい会社、職場の特徴を紹介します。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:ホワイトカラー、ブルーカラーとは?それぞれの仕事や給料の違い

関連:会社の社風が合わない。自分に合う会社を見つけるには?

スポンサーリンク

働きやすい会社、職場の特徴

どういった会社環境、職場環境が働きやすいと感じるかは人によって様々ですが、一般的な働きやすい環境の特徴を紹介します。

労働基準法を遵守している

労働基準法を守ることは当然のことですが、あまり守られていない会社が多いです。

特にサービス残業。

残念ながら多くの会社で多かれ少なかれ行われている問題です。

働いているのにお金が貰えないなんて会社は働きにくい会社です。

他にも有給休暇取得や、育児休暇など労働基準法で決められたものが正しく行われている会社は働きやすい会社といえるでしょう。

関連:労働基準法の残業、休憩時間、労働時間などを簡単解説

関連:残業代ゼロ!サービス残業が当たり前?それは大きな間違い!

関連:有給休暇がとれない!日数は全部消化しないと損

残業時間、休日出勤が適切

いくら残業代が正しく支払われているとは言っても、あまりにも残業時間が多かったり、毎週のように休日出勤があり、休みが全然ないことは非常に辛いことです。

ですから、残業時間が適切な時間であることは働きやすい会社の条件であると言えるでしょう。

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

関連:過労死ラインの基準は残業80時間から100時間。過労死の原因、前兆を知って対策

パワハラやセクハラがない

いくら会社の環境が整っていても、職場でパワハラやセクハラが行われている環境はされている本人はもちろんのこと、周囲の人間にとっても非常に嫌なものです。

こういった問題は、会社側にとっても不都合なことである為、ある程度の規模の会社であれば、対策を講じています。

働きやすい会社は少なくとも、パワハラやセクハラに対して、それをしっかり問題として捉え対策を講じ、起きたときにはそれを無くすようにすぐに動ける会社でなければいけません。

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:パワハラの対策方法。我慢しているだけでは解決しない。

評価が適切、公正

評価が適切であることは非常に大切なことです。

上司の好みであるとか、過程を一切見ず結果だけみて評価してしまい、本来評価されあがるべき人ではなく、たいして仕事はできない人があがるようでは、モチベーションもあがりませんし、会社としての力も強くなっていきません。

正しく評価される会社こそ、働きやすい会社と言えるでしょう。

関連:出世する人の特徴、出世できない人の特徴

給与水準が適切

いくらやりがいのある仕事であっても、いくら職場環境が良くても、給与があまりにも低いと働きやすい会社とは言えません。

働くことの理由の一つはお金の為ですし、自分、そして家族の生活に必要となることです。

世間で言うような高給でなくとも、生活するのに困らな給料は必要です。

関連:給料が安い!!そんな時に考える3つの方法。

福利厚生が充実

社会保険などの法定福利は当然であるとして、

住宅手当や家族手当、保養所などの法定外福利は、その有無によって給料への上乗せやプライベートの充実に役立ちます。

こういった福利厚生が充実している会社は働きやすい会社と言えるでしょう。

関連:福利厚生とは?意味、目的や種類

スポンサーリンク

雰囲気がよく、意見を言いやすい

職場の雰囲気がよく、意見を言いやすい会社は働きやすい職場であると言えます。

職場の雰囲気が悪くギスギスした環境であったり、上司の意見が正しいとされ、意見を言えないという会社は非常に働きにくいです。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

教育制度が充実

教育制度は非常に重要です。

形ばかりのOJT研修だけでは、人も上手く育たず、特に仕事を覚えていない状態では非常に働きにくい職場になってしまいます。

働きやすい職場の条件として、初期教育やOJT教育などで、仕事を覚えやすい環境が整えられていることがあげられます。

関連:OJT研修は最高の教育にも最低の教育にもなる

成長できる仕事を与えてくれる

自らの成長によって、仕事に対するやりがいを感じるということも多いです。

簡単な仕事ばかりで、自分が全く成長できない仕事だけ与えられていると、やりがいもなくなり、働くことがただ苦痛になってしまいます。

働きやすい会社の特徴として、それぞれの能力を見極め適切に仕事を与えることがあげられます。

働きやすいことは大切

働きやすい会社、職場で働くことは非常に大切なことです。

上記で述べたようなことが全て実現できているかどうかを、実際にその会社で働く前に知ることは難しいです。

しかし、しっかり調べれば少なくとも今の今の会社よりもよくすることは可能でしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ