もう働きたくない。そう思った時の対策。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

もう働きたくない。そう思った時の対策。

もう働きたくない。

ほとんどの人が思ったことがある感情ではないでしょう。

面倒な人間関係、重たい仕事のプレッシャー、面白くない仕事内容。

ミスしてしまい上司に怒られ、同僚から嫌味を言われる毎日。

毎日、肉体も精神も削っているにも関わらず、得られるものは少ない給料。

そして思います。もう働きたくないと。

とはいえ、日々の生活の為、もう働きたくないと思いながら続けている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はもう働きたくないを思ってしまった時にとるべき行動を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

スポンサーリンク

もう働きたくない、それでも働き続ける理由は?

まず明確にしておかなくてはならないのが、

なぜ、もう働きたくないと考えてしまっているのか、

それでも働き続ける理由はなんなのか、ということです。

もう働きたくない理由

なぜもう働きたくないと思っているんでしょう。

仕事内容に対するストレス、人間関係でのストレス、

おもしろくない、他にやりたいことがある、

残業が多く、プライベートの時間をとることができない、

いくら頑張っても評価されない、給料があがらない。

人によって理由は様々ですが、あらためて自分が働きたくないと思っている理由をあらためて見つめ直しましょう。

働き続ける理由

次に、働きたくないと思っていても働き続ける理由を考えてみましょう。

まず思いつくのがお金の為ですよね。ただそれだけではないでしょう。

世間からの目が気になる。

働くことが当然だと思っている。

働いていない自分は許せない。

どれも、多くの人が考える普通の考えです。

ここで問題となるのは、働きたくないと感じているものの、働き続ける理由を以下にクリアすることができるかです。

もしクリアできないのであれば、働いている中で、働きたくないという感情を減らす必要がありますし、

もしクリアできるのであれば、働くこと自体を辞めるという選択肢もあります。

自分の中で、どこがゆずれないか、どこをゆずれるのかということを考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

もう働きたくないと思った時に

ではもう働きたくないと思ったら具体的にどのような行動をとればいいでしょうか。

とるべき行動は、もう働きたくないと思っている理由や、それでも働き続ける理由によって異なります。

上記で述べたように、もう働きたくないと思いながらも働き続ける理由をクリアするかできないかを考えましょう。

全力で仕事をしてみる

毎日の仕事が面白くないと感じてしまう感情により、もう働きたくないと感じてしまっている人も多いでしょう。

特に、ほとんどの人が、学生時代に思い描いていた仕事をできてはいないと思います。

ただ、やりたい仕事と違うとからという理由で仕事が面白くないと決めつけている人がよくいます。

そう決めつけてしまっては、どんな仕事であれ面白くないに決まっています。

ですから一度、今あなたに与えられた仕事をあらためて全力で取り組んでみてください。

自分のことを知る

自分はどんな興味があって、何がしたくて、どんなことが得意で、社会的にはどのような位置づけなのか。

あらためて考えてみてください。

リクナビネクストではあなたの転職市場価値チェックすることができますので、やってみるといいです。

自分のことを知ると、もう働きたくないということを考えるよりも、何をすべきかが見えるかが見えてきます。

ライバルをつくる

同僚でもいいですし、違う会社でもいいのですが、まずライバルをつくってみましょう。

絶対に負けたくない人を作ることで、先ほどあげた全力で仕事に取り組むということが実現しやすくなります。

転職してみる

全力でやってみても、やっぱり仕事が面白くないだとか、給料に不満があるだとか、パワハラがひどいだとかいう理由で働きたくないを思っている人は、

同じ会社にいても解消にはつながることがほとんどないと言えるでしょう。

そういう場合、転職が解消する手になります。

転職は環境を変え、新鮮な気持ちになれるという点でも、モチベーションアップにつながります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

他の収入源を確保する

転職は、今の仕事、会社に不満を持っている場合には現状改善にはつながりますが、そもそも働きたくないと思っているのであれば、転職では解決できません。

そうなるとサラリーマンとして働くのではなく、他の収入源を確保する必要がありますね。

収入源の確保の仕方は、それなりにあります。

難しそうに感じるかもしれませんが、実はそうでもありません。

短期間で高収入ということばかりが目立ち、やってみてもできなかったという理由で難しいと思われがちですが、

堅実に継続していけばなんとかなることが多いです。

もう働きたくないと思っているのであれば、何かしら初めて見るのがいいです。

しかし、もし実現できたとしても、サラリーマンではないことでのプレッシャーや不満も多いので、あまり良い面だけを見てはいけません。

スポンサーリンク

最後に

働きたくないという感情は、ほとんどの人がいだいている、非常に当たり前の感情です。

しかし、多くの人がその感情を解消することなく、ストレスを感じながら、結局働き続けています。

確かに、転職なども含めて、環境を変える為に行動を起こすということは、その時の負荷があがり、一時的にはかなりしんどくはなるでしょう。

しかし、将来を考えれば、今すぐ行動しておいたほうがずっと得だとは思いませんか?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:仕事とプライベートのどちらを優先している?大切なのはバランス

関連:無断欠勤してしまったら。無断欠勤による影響と対処法。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法



このページの先頭へ