正社員として働きたいのに働けない人はどれくらいいる?

正社員として働きたいのに働けない人はどれくらいいる?

正社員として働きたいと考えてはいるものの、なかなか仕事が見つからずに、派遣社員や契約社員といった非正規雇用者として働かざるを得ない人がいるのは皆さんもご存じでしょう。

では、その人数がどの程度いるのかご存じですか?

関連:派遣の仕事を辞めたいよくある理由や正しい辞め方、辞めた後の事

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

正社員として働きたいのに働けない人の人数や割合

非正規社員として働いている人の中には、もちろん望んでその働き方をしている人もいます。

全員が正社員になれなかったというイメージは間違いです。

とは言え、実際に非正規社員として働くことができなかいという人がいるのもまた事実です。

非正規社員として働く人の人数、割合

まずは、現在非正規社員として働く人がどの程度いるのかを確認しましょう。

ちなみに、非正規社員には派遣社員や契約社員、パート、アルバイト、嘱託社員といったものが含まれています。

201e7fb1e6526e6e1adadd5302e2f844-768x324

厚生労働省の「非正規雇用の現状と問題」によれば、平成26年の段階で1,962万人、労働者全体から見ると37.4%に上ります。

非正規社員の中での内訳は以下の通りです。

  • 派遣社員・・・119万人、6.1%
  • 契約社員・・・292万人、14.9%
  • パート・・・943万人、48.1%
  • アルバイト・・・404万人、20.6%
  • 嘱託社員・・・119万人、6.1%
  • その他・・・86万人、4.4%

この数字は主婦でフルタイムでは働きたくない人、学生アルバイトといったものも含まれています。

よくニュースでは非正規社員の割合が4割にのぼることばかりが強調されていますが、注目すべきはその数字ではありません。

なぜなら、その4割の人が自ら望んで働いている場合もある為です。

正社員で働きたいのになれない人

では、非正規社員として働いている人の中で、本当は正社員として働きたいけれど働くことができていないという人はどれくらいいるのでしょうか。

厚生労働省の「非正規雇用の現状と問題」によれば、その割合は18.1%、およそ331万人の人が正社員として働きたいのに働くことができていないとなっています。

各年齢別での割合は以下の通りです。

c006149b673ea763d53bc0b157abeaf1

特に25歳から34歳の人の割合が非常に高くなっています。

非正規社員として働いている人の割合が37.4%、その内の18.1%が本当は正社員として働きたいわけですから、

労働者全体で考えると、6.8%の人が望んだ働き方ができていないということになります。

ニュースでよく言われる4割という数字に比べれば、かなり少ない数字とはなりますが、それでも多くの人がやむを得ず非正規社員として働いていることになります。

なぜ正社員として働くことができていない?

本来は、全ての人が自分が望んだ働き方で働くことができるのがベストです。

しかし、実際はそれができていないのが現実です。

正社員の有効求人倍率は1倍に満たない

仕事を探している人1人に対し、求人件数がどの程度あるかということを示す有効求人倍率は、28年7月時点で1.37倍と非常に高い数字となっています。

しかしこの数値は、非正規社員としての求人も含めた数値です。

これが、正社員の仕事を探している人1人に対し、正社員の求人件数として見ると、0.88倍となります。

すなわち、どんなに上手く仕事を探している人と求人を募集している企業がマッチしても、必ず余ってしまう人がいるということです。

当然、そんなに上手くは行きませんから、実際に正社員として働くことができる人はかなり限られてしまうのです。

なぜ正社員として働きたいのに、働くことができない人がいるのかの一つの問題点は、そもそも正社員の求人が少ないという点にあります。

参考:厚生労働省「一般職業紹介状況」

仕事のミスマッチ

もし有効求人倍率が1.0倍を超えていたとしても、正社員になれない人はでてしまいます。

勤務地、年収、労働条件、職種など、労働者が求めていることと企業が望んでいることに相違が発生してしまう為です。

企業側は、求めている人材が見つからなければ、採用しないのが基本です。

また、求人をだしている中にはブラック企業もあります。

いくら正社員として働きたいとは言っても、ブラック企業なんかでは働きたくないという人がほとんどでしょう。

問題は企業側にあるわけではありません。

あまりに厳しく非現実的な条件を望んでしまう求職者も中にはいて、そういった企業が見つからないという場合もあります。

転職で正社員を目指すことが難しいのは確か

今回、どれくらいの人が正社員として働きたいのに働けていないか、そしてその理由にはどういったものがあるかについて紹介してきました。

新卒者であれば、就職に関して優遇されている為、正社員になりやすいですが、転職の場合だと難しいのがこれらのデータを見てもわかります。

とは言え、正社員になることを諦めて転職活動を行わなかったり、過剰に派遣社員や契約社員からの直接雇用に期待して、自ら何の行動も起こさなければ、正社員になることはできません。

難しいという現実は受け止めながらも、正社員に向けて行動を起こしていかなければなりません。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ