仕事を始めて半年たったのに仕事ができない、もう辞めたい。この仕事は向いてないの?

仕事を始めて半年たったのに仕事ができない、もう辞めたい。この仕事は向いてないの?

新卒入社にしろ、転職での中途入社にしろ、最初の数か月は何かと大変なことが多いです。

新入社員ならもちろん、中途社員でもすぐに仕事はできないし、人間関係をゼロから築いていくことも大変。精神的にも体力的にも疲れます。

まあそれは仕方ないこと。最初はある程度の我慢も必要です。

ただそれも持って数か月。半年も続くと徐々に我慢は限界に。仕事に疑問を持つようになり、辞めたいという気持ちが強くなってしまいます。

ではそんな時、どうすればいいのでしょうか。

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:転職し中途入社した会社を半年で退職することの是非と退職前に必ずすべきこと

仕事を始めて半年たつと仕事に慣れてくる

毎日8時間以上もすることになる仕事ですから、半年という時間があれば基本的には慣れてきます。

中途採用の人であれば、その会社特有の仕事の進め方やシステムの使い方を覚え一人で仕事をこなしていけるようになります。

新入社員だとさすがに一人でばりばりというわけには行きませんが、入社したての頃よりは何をすればいいのかが見えてきます。

人間関係も最初は全く知らなかった人たちと、仕事の話はもちろん多少の世間話をするくらいの人はできて、職場で居心地が悪いなんてこともなくなります。

ただ時にはそう上手くはいってくれない場合も少なくないですよね。

半年たっても仕事はできないまま。仕事ができずミスも多くて周りに迷惑をかけることが多いので同僚とも打ち解けられず人間関係も上手くいかない。

その予想外の現実に苦しんでしまう人もいます。

そしてさすがに半年たってこれでは向いてないのではないか、この先もどうしようもないのではないかと不安になるとともに、普段のストレスも重なり仕事を辞めたい、そんな風に思ってしまうのです。

半年たっても仕事ができない。さすがに向いてない?

半年たっても仕事ができないと、この仕事は自分に向いていないという気持ちが強くなってきてしまいます。

ただ本当に向いていないで片付けてしまって良いのでしょうか。

向き不向きは確かにある

確かに仕事に対して向き不向きはあります。

その仕事自体の適性もあるし、その会社の仕事の進め方や雰囲気にも人によって上手く馴染める人と馴染めない人もいるでしょう。

同職種であっても転職して自分に合った仕事のやり方ができるようになり、ぐいぐい成長していったという人もいます。

向いていない仕事をするのは大変です。

仕事も周りに比べると上手くこなせず、それによって仕事を楽しいとも思えないしやりがいも感じることができない。

上司から怒られることも多くなるのでストレスはとても大きくなります。

半年では向いていないとは言えない

ただ仕事の向き不向きは、半年仕事をした程度ではまだまだ何とも言えません。

確かにその仕事に向いている人ほど仕事ができるようになるのは早いし、逆に向いていない人ほど仕事ができるようになるのは遅いでしょう。

でもそれはあくまで傾向であって、全員があてはまるとは限りません。

器用な人だと半年である程度仕事ができるようになりますが、実は仕事が向いていなくてそこから成長が止まってしまう場合があります。

逆に半年時点では仕事が全然できなかったけど、そこから1年もたつと一気に仕事ができるようになる場合だってあります。

半年たって仕事ができないからと言って向いていないと決めつけるのは少し安易すぎるのです。

まずはここから見直そう

仕事ができないのは確かに辛いし、向いていないと片付けて仕事を辞めることを考えてしまう気持ちはわかります。

ただ本当に仕事を辞める前に、自分の仕事を見直してみましょう。

焦って基本を疎かにしなかったか

とにかく早く仕事を覚えないと、できるようにならないとと焦ってしまい、基本を身につけないとかえって遠回り。

基本となる本当に重要なことを疎かにし、表面上でなんとなく仕事をしていては、いざ自分ひとりでその仕事を行う際に上手くできなくなってしまうし、他の仕事への応用もできなくなってしまいます。

まずは一つ一つの仕事を確実に行いながら、その会社での仕事のやり方を身につけていきましょう。

理解したつもりになっていないか

話だけを聞き、なんとなく理解したつもりになっていても仕事ができるようにはなりません。

新入社員にありがちなのが、実際に仕事をイメージすることができないまま聞き、わからないことがあっても聞き返すことができず、その場はとりあえずなんとなく理解したままで終わらせてしまうパターン。

中途採用者にありがちなのが、せっかく教えてくれているのにわかっているからと聞いたふりだけになっているパターン。

これでは仕事ができないままなのも仕方がありません。

仕事に対して謙虚に取り組んできたか

中途採用者に特にありがちなんですが、下手に経験がある分、自分はできるという過信を持ってその会社の仕事のやり方を学ぼうとしない人がいます。

中途採用者と言えども、その職種での経験が豊富と言えども、最初は謙虚になり、わからないことは聞いてどんどん吸収していかなくてはなりません。

ミスした原因を振り返っているか

ミスをした時、振り返ることは大事なことだとわかっていても実際はそれほどしっかり振り返っていない場合が少なくありません。

他の仕事もあるし、ミスを取り戻す為の仕事も増えて忙しくなってしまい、じっくり振り返ることをおろそかにしてしまうんですよね。

ただ表面上で振り返ってもあまり意味はなし。やったことを一つずつ確認し、だめだった部分に対して対策を打たなくてはなりません。

もう1ヶ月だけ頑張ってみては?

仕事ができないと人間関係などでも苦しむことになり本当に辛いのですが、仕事ができるようになると状況は一変します。

仕事は一気にやりやすくなるでしょう。

まだ半年。十分これから取り返すことができます。

ですからまずは1ヶ月だけ、これまでの自分の仕事の取り組み方を見直し、仕事をしてみてはどうでしょうか。

1ヶ月も経てばきっと何か変わってくるはずです。

もうどうしても辞めたいと思ったら

もちろん辞めるのがだめというわけではありません。

すでに辛くて辛くて仕方がない、もう限界というのであれば辞めたっていいんです。

リセットしてまた一からやり直す。それが功を奏す場合もたくさんあります。

ただ半年で退職というのは転職市場において決して良いことではありませんから、それなりの覚悟を持って転職活動を進めなくてはなりません。

新卒入社した人が半年で転職する場合なら、第二新卒として割と転職しやすいのですが、中途採用だと中々書類選考が受からなかったりと大変なのは事実です。

転職活動に関して

転職活動は中々大変ですが、次の転職は失敗するわけにいきませんから、情報収集からしっかり行っていくかなくてはなりません。

ただ自分ひとりで何もかもをこなしていくのは大変。だからこそ転職サイトはもちろん転職エージェントを利用するようにしてください。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。



このページの先頭へ