転職、退職を家族に反対されることは多い。親や妻からの反対をどう乗り切ればいいのか。

転職、退職を家族に反対されることは多い。親や妻からの反対をどう乗り切ればいいのか。

退職、転職は人によってはかなりの決断。それ故に親や妻といった家族から反対されてしまうというのもよくある話です。

特に新卒で有名企業に入ったり、給料が良い会社に入ってしまうと、親からはせっかく就職したのに辞めるのはもったいないだとか、3年は働いてからにしろだとか、妻からは給料が下がるのは嫌だだとか言われてしま可能性は余計に高くなります。

確かに、辞めたい、転職したいという理由は中々理解をして貰えるものではありません。あなたにとっては大きな問題であったとしても、実際に直面していない人はその苦しみをわかりにくいものなんです。

では、もし反対されたとしたらどうしますか?転職を諦めてしまいますか?

働くのはあくまであなた自身です。もちろん人の意見を聞くことは大事ですが、最終的な判断は自分でしなくてはなりません。そうでなければいつまでも苦しみながら働き続けることになってしまいます。

関連:なかなか転職できない人の特徴、共通点。不安になる前にまずは見直してみよう

関連:転職したいけどできないと悩むなら、その理由を一つずつ潰していくことが必要

親に転職を反対されたら

親世代は終身雇用制度の中で働いてきた世代であるが故、転職するということ自体を嫌がる傾向にあります。

新卒でそれなりに大きい企業に就職し、安定した会社で正社員として働き、そのまま定年する。そんな働きかが理想である、そんな風に考えているのです。

まあ一応は自分よりも長く生きてきて社会経験も豊富な存在。正しいことを言っているかもしれません。ただあくまであなたの背景をよく理解しないまま言ってくる単なる一般論である場合が多いです。ですから、やっぱり自分の心に従う方が正しいことが多いです。

転職先が決まってから言ってもいい

親であれば実際に転職活動をして、転職先が決まってから言ってみればいいと思います。

親世代だと、転職しても上手くはいかないというイメージを持っている人も多く、それが反対の要因になっていることもあります。

ただ、すでに転職先が決まっていれば両親を不安にさせることも少なくなりますし、具体的に自分がどういったことを考えて転職するのかというのも説明しやすくなります。

そもそも親を気にする必要はない

というか親に転職することを言って反対されたから悩むなんておかしな話です。そもそも気にする必要のないことです。

もう社会人として自立しているわけであり、別のこれから会社を辞めてまた養ってもらおうなんて思っているわけでもありません。

あくまで働くのは自分。親の人生ではありませんし、転職によって迷惑をかけることはないはずです。

ですから、決定権は親なんかになく、あなた自身にしかありません。

妻に転職を反対されたら

転職を阻む家族の反対として、親よりも影響力が大きいのは妻の存在。

親と違って、同じ家計で生活を共にするが故に、転職によって与える影響も大きい為、気にしないで自分の思うがままにするなんてことはできません。

仕事では何か問題があったとしても、現在の生活が安定しているのであれば、転職によってリスクを負うことはやはり避けたいと思うのは当然のことです。

給料が下がって生活が苦しくなるのは嫌だ、引っ越すことになってお金がかかったり、仲良くなった人と離れるのが嫌だなどなど、やっぱりネガティブなことを考えてしまうものなんです。

ただ、それでも転職する為にはやぱり理解して同意を得る必要があります。

まずはとにかく話し合い

何はともあれまず話し合いをしなくてはなりません。

あなたは何が嫌なのか、何が辛いのか、何故転職したいのか、このまま働き続けることができない理由はなにかなど冷静に話さなくてはなりません。

ただ、あなたがいくら冷静に話そうとも相手が感情的になる場合はあるでしょう。そんな時でも冷静さは失わないでください。お互いが感情的になってしまえばそこで話は進まなくなります。

そして相手の意見もしっかり聞くようにしましょう。転職の何が嫌なのか、何故反対するのか。問題がわからなければ解決することなんてまずできないのです。

転職に対する悪いイメージを払しょくする

転職を反対する理由の一つに転職に対するイメージの悪さがあります。

転職は失敗する人のほうが多い、年収は下がる、出世できなくなるなど、誤ったイメージを持ってしまっていることが非常に多いですが、イメージは間違っているということはあらかじめ教えてあげましょう。

年収は上がる人のほうが多いし、転職したことが良かったという人は8割以上もいます。出世は会社次第。むしろ今の会社にいるよりはましになることだって多いのです。

最終的には転職先が決まってから判断

じっくり話し合ったとしても、中々最終的な結論までは答えがでないことも多いです。いくら不安を取り除こうと口で説得したところでやっぱりなくなることはありません。

ですから、お互いの意見を確認したら後は転職活動を始めてみて、転職先が決まってから判断するようにしてください。

転職先が決まれば今の会社としっかり比較できますし、万が一年収が下がったとしても、具体的にどれくらい下がるのかということがはっきりすることで不安は取り除かれれるものです。

転職を許してもらえるかどうかわからないのに転職活動に労力をささげないと考えているなら転職する意思は弱いので転職は止めておきましょう。

もしどうしてもしたいという強い意志があるならば、とにかく始めてみてください。

家族に反対されて転職を辞めてしまっても不満が残るだけ

自分は転職したいけど、家族の反対によって転職するのを辞めてしまった。それで納得できるのであればいいのですが、まあだいたいは納得できませんよね。

結局いつまでも転職できないことに不満を持ちながら、嫌々働き続けることになってしまいます。

ですから家族に反対されたという理由だけで転職するのを辞めるなんてことはないようにしましょう。なんとか妻を説得する、妻の意見も考えた上で転職先を選ぶなどしつつ、自分が希望する転職を実現すりょうにしてください。

まずは転職活動を始めるところから

結局のところ、まずは転職活動を始めるところからです。そうしなければ、結局転職していいのか、悪いのかという選択ができません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ