派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?

派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?

派遣社員で働いている場合にその能力を認められると、契約社員にならないかという話が来ることもあります。

その時、契約社員になったほうがいいのか、それとも断ってまた派遣社員として違う会社で働くのが良いのか、悩む人も少なくはないでしょう。

そこで、今回は派遣社員から契約社員になるメリット、正社員になることができる可能性について紹介します。

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

直接雇用で派遣社員から契約社員になれることもある

派遣社員として同じ職場で働くことができるのは3年と派遣法で制限されています。

ただ、企業にとって3年間仕事をしてきた人から、また経験ゼロの人に一から働いているのは喜ばしいことではありません。

その為、新しい人を派遣社員として雇用するのではなく、直接雇用して契約社員で働いてもらう場合があります。

ただ、直接雇用制度自体がある会社はそれなりにありますが、実際に直接雇用したことがある会社は非常に少なく、可能性は低いことです。

もう一つ、可能性が高いのが紹介予定派遣として入社した場合に一定期間終わった後に契約社員として直接雇用される場合です。

紹介予定派遣とは、直接雇用することを前提として最長で6ヶ月派遣として働くという制度であり、およそ5割の人が直接雇用され契約社員になることができます。

必ずしもメリットだけではないので要注意

派遣社員から契約社員になることには、いくつかメリットもありますが、必ずしもメリットだけではありません。

メリットとして挙げられるのは、

  • ボーナスを貰うことができる可能性がある
  • 慣れた仕事をさらに5年間続けることができる
  • 給料が増える場合がある
  • 福利厚生が充実する
  • 時給制ではなくなり、給料が安定する

派遣社員の場合は時給制をとなっている会社が多く、長期連休時などは著しく給料が下がってしまいますが、契約社員の場合は月給制をとっている会社が多く、稼働日が少ない月でも給料は変わらないというメリットがあります。

ただ、デメリットもいくつかあります。

  • 契約社員として働くことができるのは5年
  • 給料が減る場合がある
  • 派遣元担当者のようなサポートがなくなる

契約社員になったからと言って必ずしも給料が上がるとは限らず、派遣の時よりも給料が減ったという人もいますし、ボーナスがない場合もあります。

また、派遣社員の場合は仕事で何らかの問題があっても派遣元の会社の担当者がフォローしてくれますが、契約社員として直接雇用された場合はサポートがなくなります。

何より、契約社員になったところで有期雇用者であることには変わらなく、最長でも5年で仕事がなくなってしまう可能性が高いという点です。

いずれは正社員というのは淡い期待

派遣社員から契約社員への転換の話を貰った時、そこからまた正社員へなれるんではないかと期待する人もいるかもしれません。

ただ、残念ながらその可能性は非常に低いです。もちろんゼロではありませんが、期待できるようなものではありません。

たとえ会社の上司がいずれは正社員にと期待を持てるような話をしたとしても、それは信頼できることではありません。

正社員と契約社員の違いは、給料や労働条件面ではなく、有期雇用か無期雇用かどうかです。

契約社員だからと言って同じ仕事内容なのに正社員よりも給料を低くするのはだめだし、正社員であっても仕事内容を限定すれば総合職の人よりも下げることは可能です。

そんな中、わざわざ正社員ではなく契約社員として直接雇用している段階で、無期雇用するつもりはないと言えるでしょう。

派遣社員から契約社員になっている時点、仕事ぶりを見てからなんてことはもうありません。正社員として無期雇用するつもりがないだけなのです。

正社員になるには転職活動するしかない

結局のところ、正社員になりたいのであればもしかしたら正社員になれるかもなんて淡い期待を抱くのではなく、自発的に転職活動を進め。正社員としての仕事を見つけるしかありません。

正社員の仕事に就くことは難しいかもしれませんが、派遣社員や契約社員からなるよりもずっと可能性は高いです。

転職活動は、自力で求人を探し、応募してなんてやっていると面倒ですし、成功率も低くなってしまいます。

今は、無料で使える転職サービスが充実しているので上手く利用していくようにしましょう。

それが正社員に転職するカギになります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:派遣社員が感じる将来への不安。まずすべきは現実把握と転職活動

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ