労働者派遣法の改正の概要や影響、今の働き方で大丈夫?

労働者派遣法の改正の概要や影響、今の働き方で大丈夫?

2015年に労働者派遣法は改正されました。

正社員として働いている人はもちろん、派遣社員として働いている人ですら、どんな内容に改正されたのか知らない人は多いかと思います。

それどころか、改正があったことすら知らないなんて人も多いかもしれません。

この改正によって、多かれ少なかれ影響がありますから、しっかり理解しておきましょう。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

労働者派遣法改正の概要

では、まずは簡単に労働者派遣法改正の概要について紹介していきます。

詳細は、厚生労働省の労働者派遣法 改正法の概要に記されていますが、その内容を改正していきましょう。

労働者派遣法改正の目的

今回の派遣法改正の目的は、「派遣社員の雇用安定、キャリアアップの為」とされています。

派遣社員は期間の決まった有期雇用であり、雇用は不安定となってしまいます。

また、待遇も悪く、正社員に比べて低い給料で働くことがほとんどで、年齢が高くなってきても給料は増えていきません。

そういった派遣社員の状況を少しでも改善することが、労働者派遣法の改正の目的となっています。

改正労働派遣法の施行日

今回の改正労働者派遣法は、2015年9月11日に成立し、2015年9月30日から施行されました。

内容によっては、猶予期間を与えられている場合もありますので、各内容について解説する際に記載します。

労働者派遣法の改正内容

では、具体的に労働者派遣法の改正内容について紹介していきましょう。

全ての労働者派遣事業が許可制に

労働者派遣事業は元々、一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業に区別されていました。

一般労働者派遣事業の場合、派遣元に常時雇用される必要はない為、登録型派遣がこれにあたります。

この場合は、元々事業者は厚生労働大臣に許可を貰う必要がありました。

一方で特定労働者派遣事業の場合、ある特定の業種(IT、機械など)で、かつ派遣元に常時雇用されていることが条件となります。

常時雇用ですから、派遣元に正社員として雇用され派遣先の会社が見つからない場合でも給与は支払われます。

特定労働者派遣の場合、元々は許可を必要とせず、届出のみで可能でした。

しかし、今回の改正によってその区別は廃止され、すべての派遣事業が許可制になりました。

ただし、現時点で特定労働者派遣事業を行っている人は2018年9月29日までは、従来通り許可無しで事業を営むこととが可能となっています。

派遣期間制限の変更

従来、派遣社員は最大3年、専門業務の26業務(※1)については期間制限無しとなっていました。

しかし、今回の改正により、どんな業務であっても同じ組織内では最大3年という期間制限が適用されることになりました。

同じ会社であっても、人事部で3年、営業部で3年のように組織が変われば働くことは可能ですが、

人事部という同じ組織内で3年以上働き続けることはできません。

※1 26業務

  • ソフトウェア開発
  • 機械設計
  • 放送機器等操作
  • 放送番組等演出
  • 事務用機器操作)
  • 通訳、翻訳、速記
  • 秘書
  • ファイリング
  • 調査
  • 財務処理
  • 取引文書作成
  • デモンストレーション
  • 添乗
  • 建築物清掃
  • 建築設備運転、点検、整備
  • 案内・受付、駐車場管理等
  • 研究開発
  • 事業の実施体制の企画、立案
  • 書籍等の制作・編集
  • 広告デザイン
  • インテリアコーディネータ
  • アナウンサー
  • OAインストラクション
  • テレマーケティングの営業
  • セールスエンジニアの営業、金融商品の営業
  • 放送番組等における大道具・小道具

引用:政令で定める26業務

雇用安定措置

派遣社員として働く最大のネックが、雇用の不安定性です。

派遣期間が終わってしまうと、次の仕事があるかわからない。

将来に不安を感じながら働いている人は多いでしょう。

その対策として改正されたのが、この雇用安定措置です。

派遣会社は、同じ組織に1年以上派遣される見込みがある場合に、雇用安定の為に以下の措置を講じなければなりません。

  1. 派遣先への直接雇用の依頼
  2. 新たな派遣先の提供
  3. 派遣元事業主による無期雇用
  4. その他雇用の安定を図るために必要な措置

3年間同一組織に派遣された場合には義務、1年以上3年未満の場合には努力義務となります。

キャリアアップ措置

派遣社員の将来への不安を軽減させる目的で、キャリアアップ措置も追加されました。

派遣会社は教育訓練、キャリアコンサルティングを実施することが義務化されました。

具体的に以下の内容となります。

キャリア形成支援制度

・ 派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施計画を定め ていること。

  1.  実施する教育訓練がその雇用する全ての派遣労働者を対象としたものであること。
  2.  実施する教育訓練が有給かつ無償で行われるものであること。 (4の時間数に留意)
  3.  実施する教育訓練が派遣労働者のキャリアアップに資する内容のものであること。 (キャリアアップに資すると考える理由については、提出する計画に記載が必要)
  4.  派遣労働者として雇用するに当たり実施する教育訓練(入職時の教育訓練)が含まれ たものであること。
  5.  無期雇用派遣労働者に対して実施する教育訓練は、長期的なキャリア形成を念頭に置 いた内容のものであること。

・ 教育訓練の時期・頻度・時間数等

  1.  派遣労働者全員に対して入職時の教育訓練は必須であること。キャリアの節目などの一 定の期間ごとにキャリアパスに応じた研修等が用意されていること。
  2.  実施時間数については、フルタイムで1年以上の雇用見込みの派遣労働者一人当たり、 毎年概ね8時間以上の教育訓練の機会を提供すること。
  3.  派遣元事業主は上記の教育訓練計画の実施に当たって、教育訓練を適切に受講できるよ うに就業時間等に配慮しなければならない。

引用:厚生労働省「労働者派遣法 改正法の概要

均等待遇

派遣先の会社では、正社員の人と全く同じ仕事をしているのに、給料は全然違う。

そういったことがよくあることです。

ただ、改正前から待遇については同種の業務に従事する労働者との均衡を考慮しながら賃金等を決定するように配慮しなければならないとされています。

今回の改正によって、待遇確保の為に考慮した内容を本人に説明する義務ができました。

労働者派遣法改正によってどうなる?

労働者派遣法の改正の概要について説明してきましたが、問題は今後どうなっていくかということです。

雇用は安定する?

今回の改正の目的である派遣社員の雇用安定。

本当に雇用は安定するでしょうか。

上記で紹介した雇用安定措置ですが、3年未満であればあくまで努力義務です。

また、直接雇用を依頼した場合でも、派遣先の会社が断ればそれで終わりです。

派遣先の会社にとっては、また次の派遣社員を入れればいいだけですから、なかなか直接雇用するという判断には至らないでしょう。

26業務として働いていた人は、影響が大きいかもしれません。

もともとは期間制限がなかった為、派遣社員であっても3年置きに会社を変える必要がありませんでした。

しかし、3年という制限がついた為、必ず今の仕事は辞める必要がでてしまいます。

専門業務ですから、専門性を見出されて3年を超えてもずっと居てほしいからと直接雇用につながる人もいるかもしれませんが、逆に3年で切られてしまう人も多いでしょう。

派遣事業は健全化する?

派遣会社にはブラック企業も多いというのはよく言われます。

今回、届出制が廃止され、許可制のみとなりましたが、これで派遣事業の健全化は実現できるでしょうか。

確かに表面上は厳しくなったかもしれませんが、実際に守るかどうかが焦点です。

労働基準法がありながら、それに違法しているブラック会社が多い中で、本当に機能するかは少し疑問です。

法律は制定するだけでなく、その後の取り締まりもしっかり行わなければ、あまり意味のないものになってしまいます。

キャリアアップ

キャリアアップ措置として、様々なことが義務付けられたことはよいことです。

何もないよりは、あったほうがいいでしょう。

ただ、その教育等によって本当にキャリアアップに繋がるかは、厳しい部分もあります。

正社員への転職に役立つようなものは、なかなか身につかない気がします。

均等待遇なんてありえる?

正社員と同じ仕事してるなら、同じ賃金であるべきだ!

そうあるべきであっても、間違いなく差はつけられます。

正社員との均等待遇はほぼありえないと思ったほうがいいです。

今回では説明する義務が設けられましたが、あの手この手を使ってくるでしょう。

会社、環境に身を委ねてはいけない

もし、いつかは正社員として働きたい、もっと安定した働き方をしたいと考えているならば、自分から動くようにしてください。

もしかしたら直接雇用してもらえるかも、法律がもっと良い方向に変わってくれるかもしれない、そんな淡い期待は今すぐ捨てなければなりません。

転職活動は大変かもしれませんが、自分から行わなければ何も進展しません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:派遣の仕事を辞めたいよくある理由や正しい辞め方、辞めた後の事

関連:正社員、契約社員、派遣社員の違い、それぞれのメリット、デメリット



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ