派遣社員が派遣先から直接雇用の話をされた時に注意しなくてはいけないこと

派遣社員が派遣先から直接雇用の話をされた時に注意しなくてはいけないこと

派遣社員として働いている場合、稀に直接雇用の話をされる場合があります。

正社員になりたいと思っている人にとってみれば、ありがたい話ですよね。

ただ派遣先から直接雇用の話を貰った時には、いくつか気を付けなくてはいけない点があります。

直接雇用は決して甘いだけの話だけではないのです。

関連:派遣社員が正社員に転職した時の成功体験談、失敗体験談。

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

派遣先から直接雇用の話、でも本当に大丈夫?

派遣社員はあくまで有期雇用であり、現在の派遣法では長くても最長で3年しか働くことができません。また仕事内容に関しても制限されます。

しかしもし優秀であった場合、3年を超えて働かせたい、もっと色々な仕事を任せたいと派遣先の会社が考えることもあります。

そしてそうなった時にでてくるのが直接雇用の話。

派遣から直接雇用へと雇用契約を変更すれば、3年という上限を超えて働くことが可能となりますからね。

いつかは派遣ではなく正社員として働きたいと考えている人にとってみると、かなりありがたい話ですよね。

職場を転々とすることになることもなくなり、いつか仕事がなくなるかもしれないという不安から解消され、昇給だってある。そんな期待を持つことでしょう。

ただ実際は直接雇用がそんな期待通りのものとは行かない場合が多々あり、かなり気を付けなくてはいけません。

直接雇用の現実は厳しい

残念ながら直接雇用の現実は決して甘いものではなく、甘く考えていると痛い目を見ることなります。

実は口だけ、本当に直接雇用されるかはわからない

契約期間が終わったら直接雇用するつもりだ、上司からそんな言葉を言われてもそれが本当に信用に値するものなのかはわかりません。

実は口だけ、本当に直接雇用されるかはわからないのです。

直接雇用するかどうかを決める権限は上司にない場合がほとんど。もしかしたら本当に推薦して貰えるかもしれませんが、推薦があったって人事が許可するとは限りません。

またいざ契約期間が終わるタイミングになると、他の派遣社員を直接雇用することに変更する場合もあれば、そもそも人手が不要になって雇うこと自体を取りやめる場合もあります。

さらに最悪な場合だと、1年程度で辞めてしまわないように、とりあえず上限一杯の3年働かせる為の口実として使っている場合もあります。

直接雇用されても正社員ではなく契約社員や準社員

運よく本当に直接雇用されたとしましょう。しかしその直接雇用は本当に正社員の採用となるのでしょうか。

残念ながら、実際は契約社員として採用される場合がほとんど。

結局有期雇用、結局最大5年までしか働くことができず、正社員として安定した仕事への期待は見事に打ち破られてしまうのです。

もちろん無期雇用として採用される場合もないわけではありません。

ただその場合でも正社員としてではなく準社員としてである場合が多く、給料は正社員に比べるとかなり低い場合が多いです。

本当に周りの正社員と同じような待遇で雇って貰えるかというと、実際はかなり少ないのが現実なのです。

給料大幅ダウンの可能性

契約社員、準社員、正社員などで直接雇用されたとしても、派遣社員として働いていた時に比べると給料が大幅に下がってしまう場合も少なくありません。

例えば派遣社員だと、時給1300円だとしたら月20日、1日8時間で20万8千円。それが直接雇用されると基本給16万になって月4万円以上もダウンする場合があるのです。

もちろん直接雇用されると派遣社員にはないボーナスを貰える可能性もありますから、必ず年収がダウンするわけではありませんが、待遇をよく確認しておかないと、派遣で働いていたほうがましだったなんてことになりかねません。

正社員を目指すならしっかり現実を見よう

もちろん直接雇用が本当に期待通り、正社員としての待遇で雇って貰える場合もあります。

ただそうでない場合も多く、直接雇用に話を貰った時にそれが本当に事実なのか、直接雇用されたとしたらどういった待遇で働くことになるのかに関してはしっかり確認するようにしてください。

そしてもし数年後の話であったり、これまで派遣社員から直接雇用された人が契約社員としての採用であるなら、その直接雇用に期待してはだめ。

転職して正社員になる道を目指してください。

派遣社員から正社員になるのは難しいと言われていますが、決して不可能ではありません。

特に今は多くの会社が人手不足になっていて転職市場はかなりの売り手市場。以前よりも正社員にはかなりなりやすくなっています。

せっかくそんな環境になっているのですから、曖昧なものに期待するのではなく、自分の力でつかみとりましょう。

今は転職サイト、転職エージェントといった転職支援サービスも充実しています。

転職サイトはもちろんですが転職エージェントも派遣社員であっても利用可能で正社員への転職をサポートしてくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ