派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

派遣社員から正社員に転職することは難しい。一度派遣社員になってしまうと、もう正社員になることはできない。なんていうイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかしそれは大きな間違いで、派遣社員から正社員に転職できたという人は山ほどいます。結局は転職活動をやるかどうかです。

今回はその派遣社員の転職について、転職活動のコツを紹介します。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?

派遣社員でも正社員に転職することは十分に可能

転職活動において、これまで派遣社員として働ていたという事実はプラスにはならず、不利になる原因となるのは確かなことです。

前職が派遣社員の人と、前職が正社員の人であれば正社員から転職する人のほうが有利です。

企業によっては職歴だけを見てこれまで派遣社員としてしか働いてこなかった人を不採用とし、特に中身を見ないなんてこともあります。

ただ、そんな中でも派遣社員から正社員に転職することは可能です。

なぜなら、選考時の評価は前職が正社員だったのか派遣社員だったのかなんていうのは一部であり他のことで逆転可能だし、そもそも人手不足で正社員自体が足りていないという企業もたくさんあるからです。

実際に派遣社員から正社員に転職できたという人はたくさんおり、可能か不可能かで言えば絶対に可能であると言えます。

タイミングにこだわる必要はない。今すぐ転職活動を始めることが重要

派遣社員から正社員を目指す場合に注意しなくてはいけないのが、とにかく今すぐ転職活動を始めることです。

タイミングをみはからう必要なんてありません。というかタイミングはまさにいまです。

転職において年齢は非常に重要です。年齢が高くなればなるほど転職がしにくくなります。

特に派遣社員から正社員へ転職しようという場合には、他の場合よりもさらに年齢が重要になってきます。

だからこそ今なんです。

まずは派遣社員として経験をつもうだとか、もしかしたら正社員として直接雇用されるかもしれないからだとか、今働いている派遣の仕事は時給がいいからだとか、そんなことは正直言ってどうでもいいことです。

そもそも派遣社員から正社員に直接雇用されることはほとんど期待できることではなく、年齢という大切なもの消費してまで期待するものではありません。

派遣社員が正社員を目指した場合の転職活動のコツ

とは言っても不利になるものは不利になるで仕方がないことであり、転職時にはそれを乗り越えなくてはなりません。

身の丈にあった企業を選ぶ

応募する企業を選ぶ場合、身の丈にあった企業を選ぶというのはとても大切です。

これまで派遣社員として働いてきた人が、いきなり高倍率で人気のある大企業はほぼ受かりません。

自分の職歴、そして能力からいけそうだと思える会社を探し、その中から自分の希望にあった企業に応募するようにしましょう。

正社員としてある程度働き、さらに高い能力を身につければまた道はひらかれます。

一気に頂上を目指すのではなく、まず第一ステップと考えましょう。

ただ、身の丈に合っているかどうかっていうのはなかなか自分では判断できないもの。ですから転職エージェントが有効です。

転職エージェントは企業の望んでいる人材にしか求人を紹介しませんから、紹介された時点で入社できる可能性が高いということになります。

派遣で仕事していた会社のグループ会社、子会社は狙い目

派遣社員として大企業で働いていた場合、その企業に直接雇用はされなくても、意外にその会社のグループ会社や子会社を受けたら受かったなんて話をよく聞きます。

私の同期でも新卒で派遣の仕事を6年して、28歳の時に正社員への転職活動を行ったところ、派遣時代の経験を評価されグループ会社からすんなり内定を貰うことができたという人を数人知っています。

それもそれなりの大企業で、普通に正社員から転職をしようとしてもかなりの難易度の会社です。

もし大企業へ派遣された経験があるのであれば、そういった会社を狙ってみるのはいいかもしれません。

資格をとるよりたくさんの会社を受ける

転職をしようと思った時、とりあえず資格をとろうとする人も少なくありませんが、実はあまり意味がないことがほとんどです。

一部の資格では優遇されることもありますが、基本的には資格は経験をともなってこそ意味のあるものであり、単にとっただけの資格はあまり意味がありません。

ですから資格取得の為に転職活動を先延ばしすることはあまりおすすめできず、それよりもとにかく早いうちにできるだけ多くの企業を受けたほうが正社員になれる可能性は高いです。

派遣の経験をいかに武器にするか

これまで派遣社員として働いていた人は、その派遣の経験をいかに武器にするかが大切になります。

正社員として働いたわけではなくても、それなりに経験を積みスキルをみにつけているはずであり、その経験をこれからの仕事にどう生かしていくかがアピールポイントになります。

特に、正社員と派遣社員では仕事の質が違うことを理解しなくてはなりません。

これまでの経験を一つ一つ棚卸し、正社員として働くことを意識した上でアピールポイントを考えていきましょう。

自分でやるのが難しい場合は転職エージェントを頼るといいでしょう。そういった棚卸とうも一緒にやってくれる為、非常に利用価値があります。

面接の準備は万全を期す

書類選考が通ればあとは面接次第です。せっかく履歴書などをしっかり書いて書類選考に通過できても面接で失敗してしまえば何の意味もありません。

面接の対策は十分すぎるほど行いましょう。

派遣社員から正社員に転職する場合には、「なぜ派遣社員として働いていたか」「なぜ正社員として働きたいのか」「わざわざ正社員になる必要はあるのか」といったことはよく聞かれます。

そういった質問に対して面接官が納得のいく答えを言えるよう、しっかり準備しておきましょう。

結局はやるかやらないか

派遣社員から正社員になることができるのは実際に転職活動をした人だけです。

いくら正社員になりたいと考えていても、結局何もしなければ、正社員になることはできません。

先延ばしすればするほど、年齢は徐々に高くなり、さらに今の企業が人手不足におちいている状況も一変する可能性があります。

チャンスをいかすのか、それとも潰すのかは全て自分次第なのです。

派遣社員から正社員への転職は決して一人の力でやろうとしてはいけません。

使えるものは面倒くさがらずにフルに使わなければ、転職を成功させることはできません。

転職活動に関するテクニックや難しいことはプロに任せ、効率良く転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

また、転職サイトも上手く活用していくことで、転職活動がすんなりいきます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

関連:派遣社員が感じる将来への不安。まずすべきは現実把握と転職活動



このページの先頭へ