派遣の仕事に行きたくない。契約期間が終わるまでどう過ごせばいい?

派遣の仕事に行きたくない。契約期間が終わるまでどう過ごせばいい?

働いている人ならば誰だって仕事に行きたくないと感じたことはあるでしょう。それは派遣社員だって同じこと。

まあその原因がちょっとしたことだったり、たまに感じることであるならばいいのですが、毎日のように感じてしまっているならば要注意。

そのままその派遣先で働き続けるのかどうかを考えてみたほうがいいかもしれません。

関連:派遣社員、契約社員が契約期間満了で更新しない場合に知っておきたいこと

関連:派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

派遣ゆえの辛さ。もう仕事に行きたくない

仕事は楽、責任がない、簡単な仕事がやればいいなんて言われている派遣社員ですが、派遣ゆえの辛さというのも大きなものがありますよね。

派遣先で仕事を教えてもらえずに、席に時間をつぶしているだけになったり、逆に派遣されたばかりで仕事もわからないままあれこれと仕事を命じられたり、周りが忙しいのに簡単な仕事ばかりしていることに対して嫌味を言われたり。

実際派遣社員に対してのみイジメが行われている場合もあります。

恵まれている職場もある一方で、かなりしんどい職場もあり、必ずしもよい職場で働くことができるとは限りませんし、職場には色んな人もいます。

行きたくないというのは環境だけのせいではないかもしれません。

自分が思ってる以上に能力が低くて仕事ができないことに落ち込んだり、与えられる仕事がつまらないなんてことも原因となるでしょう。

仕事に行きたくなくなった時の選択肢

派遣の仕事に行きたくないという時に、あなたがとることができる選択肢は以下の通り。

  • 派遣会社に相談する
  • 頑張って仕事に行く
  • とりあえず休む
  • 派遣の仕事を辞める

行きたくないとなっている根本的な原因が、聞いていた話と違ったり、パワハラやサービス残業があったりすることによるものであれば、派遣会社に相談するという手もあるかもしれません。

直接雇用されている会社と、働いている会社が違うという点は派遣として働くメリットです。

ただ、なかなか解決には至らないということが多いのは確かです。

基本的には、頑張って仕事に行くことを選択する人が多いかと思います。ちょっと嫌なことがあるたび、仕事に行きたくないと思った度に休んだり辞めていては、どんな仕事も長続きはしません。

ただ、あまりにもしんどかったら思い切って休んでみたっていいんです。派遣社員にだって有給休暇は与えられています。その有給休暇を使うことに対し、申し訳ないなんて気持ちは抱く必要はありません。

休んでリフレッシュすることで、また仕事に前向きになれるかもしれません。

ただ数日休んだところでなかなか解決することができないことが多いのが実際のところです。

安易に仕事を辞めるという選択肢を持つことはあまり良いこととは言えません。最初は嫌だったけど働き続けたら変わってきたということもあります。

とは言え、あまりにもしんどかったり、精神的に追い込まれた状態になってしまったなら、そんな時は今の派遣の仕事を辞めて違う派遣の仕事に就くことも検討したっていいでしょう。

そもそも派遣の仕事をする労働者側のメリットは、仕事を変えやすいという点にあるわけですから、そのメリットを生かさないのはもったいないことです。

契約期間が終わるまでどう過ごせばいい?

ただ派遣の仕事を辞めようと思っても、すぐに辞めることができるわけではありません。

基本的には契約満了まで辞めることができないのが派遣社員。

派遣会社に相談するとすぐに辞めることが可能な場合もあるので、まずは相談してみるのは有りですが、不可だった場合は契約期間が満了するまでは働き続けなくてはならないと思っておいてください。

その為、行きたくなくても行かなくてはいかない期間がしばらくは続くことを覚悟しなくてはなりません。

有給休暇を使う

派遣社員であっても、勤務開始日が半年以上になれば有給休暇を付与されます。

派遣先が変わった場合であっても、一定期間空いていなければその残った有給休暇は引き継がれますし、勤務期間が長ければ長いほど有給日数は増えていきますから、かなり残っているという人もいるのではないでしょうか。

有給休暇取得は労働者の権利であり、会社側は基本的に拒否することができません。

辞めると決まっただけでも気は楽になる

嫌な仕事でも、辞める日が決まって、あと何日働けばいいかがわかればかなり気は楽になるものです。

ですから、辞めると決めたら先延ばししないでさっさと次に満了したら更新しないということを派遣会社の人に言ってみるというのも大事です。

早めに言うことで、次の仕事の紹介も余裕をもってできることにもなりますしね。

もう気は使わなくていい

もうその仕事を辞めて付き合いもなくなるわけですから、顔色を伺いながら気を遣う必要もありません。

長く働くことを考えれば、人間関係を良好に保つためにあれこれと考える必要もありますが、もう辞めるわけですから、無駄なことをして疲れる必要なんてないんですよ。

結局気持ちの切り替えが一番大事ですね。

ばっくれ、無断欠勤はあくまで最終手段

契約途中で辞めることができないからと言って、仕事をばっくれたり、無断欠勤するのはNG。

どうしても行きたくなくて行きたくなくてしかたない、精神的に限界だという状態かつ派遣会社が契約途中での退職や休職を許可してくれないなんて場合でない限りは辞めるようにしてください。

ばっくれや無断欠勤は派遣先の会社、派遣元の会社双方に多大な迷惑がかかる行為です。

正社員か派遣社員か

派遣社員には派遣社員故のつらさがあります。

むしろ仕事がきつい、仕事が大変というイメージがある正社員のほうが、実は楽なこともあります。

もし正社員になるのが怖いというイメージだけで避けているのであれば、少し考え方を変えてみたほうがいいかもしれません。

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:派遣社員が仕事をバックレたら?辞める前に知っておきたい影響

関連:派遣の仕事を辞めたいよくある理由や正しい辞め方、辞めた後の事


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ