転職活動を始める前に会社を辞める人の割合と辞める人の理由

転職活動を始める前に会社を辞める人の割合と辞める人の理由

転職活動は在職中に働きながら行うか、それとも辞めてから行うかは人次第。

ただ一般的には辞めてから転職活動はリスクが高いので、できるかぎり在職中に転職活動を行うべきと言われています。

とは言え、人によってはどうしても働きながら転職活動を進めるのが無理な人もいて、実際転職活動を始める前に先に会社を辞める決断に踏み切る人も少なくありません。

そこで今回は転職活動を始める前に会社を辞める人の割合や、先に会社を辞める理由について紹介していくことにします。

関連:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

関連:在職中にハローワークを使うリスク、デメリット。効率が良くないのでできれば転職サイトを利用しよう。

転職活動は在職中?辞めてから?

転職活動を在職中に行うか、辞めてから行うかは双方にメリット、デメリットがあるのでどちらが良いかは人によって異なります。

在職中に転職活動を行う場合だと、転職先が決まってから会社を辞める為、仕事が見つからず無職になってしまったり、条件が下がってしまう転職をしなくて済むというメリットがあります。

転職活動が上手く行かなかった時には転職しないという選択もとれる為、転職に対して後悔する可能性も低くなります。

また仕事と仕事の間に空白期間が生まれず、お金の面でも有利です。

ただ、時間がない中で転職活動をしなくてはならない、辞めたいと思う仕事を辞めるまでかなり時間がかかってしまうというデメリットがあります。

一方で辞めてから転職活動を行う場合だと、ストレスのたまる仕事からすぐ離れることができる、転職活動に時間をかけることができるといったメリットがあります。

ただし転職活動が上手く行かなかった時に転職するのを辞めるという選択がとれなかったり、次の仕事が決まるまで貯金で生活しなくてはならないのでそれがプレッシャーとなり焦りに繋がるというデメリットがあります。

転職活動を始める前に会社を辞める人の割合

転職で最も避けなくてはならないのが、転職して後悔すること。

当然希望と全然違う会社、以前の会社よりも悪化するような会社へ転職するようなことをしてはいけません。

これを避けようと思ったら、やはり在職中に転職活動をした方がリスクは下げることができますから、一般的に転職活動は在職中に転職活動を行うことが勧められることが多いです。

ただ実際は転職先が見つかるどころか、転職活動すら始めていない時点で会社を辞める人って相当います。

厚生労働省の「転職者実態調査の概況」によると転職活動を始めてから会社を辞めるまでの期間は以下の通りになっています。

  • 1ヶ月未満・・・19.3%
  • 1ヶ月以上、3ヶ月未満・・・27.2%
  • 3ヶ月以上、6ヶ月未満・・・14.8%
  • 6ヶ月以上、9ヶ月未満・・・4.5%
  • 9ヶ月以上、1年未満・・・2.7%
  • 1年以上、2年未満・・・2.6%
  • 2年以上・・・1.5%
  • 転職活動期間なし・・・25.8%

転職活動を全く行わずに辞めた人がなんと4人に1人もいるという結果になっているのです。

転職活動を始める前に辞める理由

基本的には在職中に終わらせておくべきと言われている転職活動ですが、このようにおよそ4人に1人はそうせずに会社を辞めています。

それはなぜでしょうか。

その理由には以下の理由が挙げられます。

とにかくすぐ辞めたかったから

あまりにもストレスが溜まり精神的に限界ギリギリになってしまうと、転職活動を始めて次の仕事が決まるまで耐え続けるというのは中々難しいですよね。

転職活動にかかる期間は短くても2~3ヶ月程度はかかりますし。

辞めると決めたからにはすぐ辞めたい、どうせ辞める決心はついているのだから一刻も早く辞めたいと思い、転職活動を始める前に辞める人は少なくありません。

在職中に転職活動を進める時間がなかったから

在職中に転職活動を行おうと思ったら仕事が終わってからの時間や休日に求人を探したり履歴書を書いたりしなくてはならないし、面接まで進むと有給休暇を使って平日に休みを取らなくてはなりません。

ただそれが難しいという人も多いですよね。

毎日遅くまで残業だと中々時間を取ることができないし、何より平日休むことができないと面接に行けません。

実際、在職中に転職活動をしていたが面接の為に休むことができずにせっかくのチャンスを逃してしまったという人もたくさんいます。

それなりに時間をかけることが必要となる転職活動ですから、それが先に仕事を辞める理由になっている人は多いですね。

しばらく休みたかったから

転職活動を行って内定を貰うと、ほとんどの会社では入社まで1ヶ月から2ヶ月程度しか待っては貰えません。

一方で退職を告げてから実際に退職するまでは最低でも2週間、理想を言えば1ヶ月が必要。

よって内定を貰ってから退職を告げても退職してすぐに次の会社で働くことになってしまいます。

せっかく転職するんだし、貯金もあるし、とりあえずリフレッシュしようと転職活動前に会社を辞める人も多いですね。

やむを得ない場合は先に転職先が決まっていなくても辞めて良し

転職活動はリスクの面を考えるとやはり在職中に行うべきではあります。

ただ人によってはそれが無理な場合もあるもの。

無理に次の仕事を見つけてからにするべきだと決めつけて仕事を続けた結果、体を壊してしまったらどうしようもないし、結局時間がとれずチャンスを無駄にしてしまうようなこともすべきではありません。

会社を辞めることは安易に決めて良いことではありませんが、やむをえない場合は先に辞めるのも十分ありだと覚えておいてください。

ただ転職サイトに登録し、多少なりともチェックしておくぐらいはしておきましょう。

わずかな時間で行うことができますし、それをするだけでも不安は軽減されるはずです。

転職サイト、転職エージェント

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ