転職で逆転!大企業入社、年収大幅アップした人たちの転職体験談

転職で逆転!大企業入社、年収大幅アップした人たちの転職体験談

新卒至上主義、新卒一括採用を行っている日本では、新卒での就職活動での失敗がその後の人生を大きく左右することになると捉えている人は少なくないと思います。

確かに最初にどんな会社に入社するかはとても大事。たいして仕事ができない人でも優良大手に入社して高い給料を貰いながらのんびり会社生活を送っているという人もたくさんいることでしょう。

ただ最近は就職活動で失敗してしまったり、入社後に色々と辛い目にあってしまった人でも、転職することで逆転することができたという人も実は多いんです。

そこで今回は転職活動で逆転に成功した人の体験談について紹介していきます。

関連:就活失敗は第二新卒の転職で取り返せる。大手企業での求人も激増中。

関連:20代の転職が今後の人生を左右する。新卒で就職した時点はゴールではない

転職で逆転した人というのは実は多い

就職活動は頑張ったのに希望の会社から内定を貰うことができなかった、大手企業に入社することができなかった、入社してみたらブラック企業だった。

色々な形の失敗がありますよね。

そしてそんな失敗をしてしまうと、もう逆転は不可能だと思っている人というのは非常に多いのではないでしょうか。新卒で中小企業に入社してしまうと大手企業に転職するなんて不可能だ、そんな風に考えてしまいますよね。

では実際のところはどうなんでしょうか。

先日、誰もが知っているような大手企業で働いている友人に話を聞いたんですが、最近新たに30代前半の中途採用者が入社してきたそうで、その人の前職は社員100人ほどの中小企業だったそうです。

要するに実際にいるんですよね、中小企業から大企業に転職することができたという人が。ちなみに30代前半で年収は900万円程度。

しかもそれは特殊な例ではなく過去にもいるみたいです。

その友人の職場には毎年必ず中途採用者が入社してくるというわけではないもののの、あるタイミングで数人の中途採用者が入ってきて、前職は大手出身の人もいれば中小出身の人もいて多種多様。

転職では前職の社格が重要になるから中小から大手は無理、大手と中小では仕事のやり方が違うから転職は無理、そんな意見もありますが、実際にいるわけですから不可能というわけではないんです。

確かに新卒で入社することに比べれば難易度は高くなるでしょう。実力が備わっていなくてはなりませんし、これまでの仕事とのマッチングもかなり重要になってきます。会社によっては前職の会社名を見て判断されるような場合もあるので、前職の会社がどこかというのが全く関係ないというわけでもありません。

ただそれでも逆転に成功する可能性というのは残されているんです。

転職で逆転を成功させた人々

転職で逆転したという人は先ほどあげた人だけではなく、もっと色々な人がいます。

そこで実際に転職で逆転を成功させた人々の体験談を紹介しましょう。

入社2年目で中小企業から大手企業に

新卒の就職活動では大手企業をことごとく落とされ、結局内定を貰うことができたのは中小企業のみ。

大学の同期が名だたる大手に就職を決めていったにも関わらず、私だけが上手くいかなかったことが本当に苦しかったです。

就職してからもその現状にどうしても納得が行かず不満を感じる続けていたこともあって、第二新卒としての転職に一縷の望みをかけました。

最初は入社3年未満で転職するということに対してあまり良くないイメージしか持っていなかったんですが、最近は第二新卒の転職が活発になっている、大手企業でも採用活動が行われているということを知ったのでとりあえずやってみようと思ったんです。

その結果、無事大手から内定を貰うことができました。しかも就職活動で落ちてしまった会社。なぜ就職活動の時は落ちて第二新卒では採用されたのか、正直言ってよくわからないんですが、とりあえず念願だった企業で働くことができて本当に良かったと感じています。

第二新卒としての転職は近年活発化しており、大手企業も積極的に採用活動を行っています。

第二新卒として転職する場合、その仕事での専門的なスキルや実績ではなく本人のポテンシャルなので、大幅なキャリアチェンジも他の年代に比べてしやすい傾向にあります。

就活で失敗してしまったと感じている人は、まずこの第二新卒としての転職を検討してみるべきでしょう。

子会社から同業他社の本体に

就職活動ではとある業界で仕事をしたいと考えていたものの、本体から内定を貰うことができずに結局その会社の子会社に入社することになりました。

子会社と言ってもそれなりに企業としては大きかったんですが、年収面では本体に働いている人に全然及ばなかったし、仕事も親会社からの言いなり感が強く、働き続けるほどに不満を感じるようになってしまっていました。

そういったことを背景に転職活動を始めた私。転職エージェントに登録して、もっと不満なく働くことができないかなと思っていたんです。

最終的に転職することにした会社は同業他社の本体。仕事での経験、スキルを評価してくれたこと、ちょうどその部署の仕事が増え人手不足になっていたことなどが功を奏して、なんとか本体への転職を実現することができました。

親会社と子会社では、仕事内容が同じだとしても待遇面に差がでる場合がほとんど。そしていくらその子会社で優秀であっても、親会社に転籍できる可能性というのはごくわずか。

直接の親会社への転職は会社同士の関係上不可能である場合が多いんですが、同業他社への転職であれば仕事の経験を生かした転職ができるので、十分にチャンスはあると思います。

中小企業から超大手企業に

入社して8年、200人程度に中小企業で働いていた私は取引先でもあった大手企業に転職することができました。

いい会社があればとなんとなく転職エージェントに登録したところ、その企業の求人を紹介して貰い、割とすんなり内定、そのまま転職に至りました。

仕事内容が全く同じであったので、即戦力になりうるということが良かったみたいです。

転職した結果、仕事内容は全く同じ、仕事量もほぼ変わらない、年収は1.5倍となりました。大手って恵まれているなーって感じましたね。

ただ仕事量は変わらないけど残業規制があって時間にしばりがあるので、効率よく仕事を進めなくては全然終わらないので大変な部分もありますが。

中途採用市場で最も重視されるのは、即戦力になりうるスキルをもっているか、経験があるかどうかということ。

特に大手企業ではかなり狭い範囲でのマッチングを重視する為、ちょっと仕事内容がずれていると中々転職することが難しくなってしまいます。

ただ今回の人のように仕事が同じで即戦力としてなりうる存在であれば、中小企業からだって採用される可能性は十分にあると思います。

優良中小企業に

学生時代は大手企業に入社したいという思いがありましたし、就職活動もそういった会社に入社することを目指していました。

まあ結果的に希望の会社からは内定を貰うことができず、そのことでかなりショックも受けましたし、何とかそういった会社に転職できないかと考えたこともあります。

しかし私が転職したのは中小企業。転職活動を進めていく中で今の会社がベストだと思った為です。

仕事の内容、やり方はもちろんなんですが、待遇面も大手には負けていなかったので、わざわざ大手を目指す必要性を感じなくなりました。

中小企業を最初から選択肢から外してしまうのはもったいないと思います。中小企業ってあまり良くないイメージを持っている人も多いんですが、実は大手よりも良い会社ってたくさんありますからね。

逆転の方向性は何も大手企業に入社するというだけではありませんよね。

下手な大手企業よりも待遇面、労働条件面、仕事のやりがいといった部分で優れている中小企業はたくさんあります。

そういった会社に転職するということも一つの逆転劇。

過去を悔いているだけでは何も変わらない

みんながみんな、今回紹介した人のように転職で逆転を成功させることができるとは限りません。

大手に転職するなんてかなり難しいことです。

ただ実際にやってみなければできるかできないかなんてわからないし、やってみなくては可能性はゼロ。

就職で失敗してしまったことをいつまでも嘆いているのではなく、今からでも何とか変えることができるように、まずは行動を起こしましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ