グローバル企業に転職するメリット、デメリット。高給だけど大変なことも多いかも

グローバル企業に転職するメリット、デメリット。高給だけど大変なことも多いかも

日本にはグローバル企業と言われる会社はたくさんあり、転職時の候補として挙げている人も少なくはないでしょう。

ただグローバル企業への転職はメリットもありますが、デメリットがあることも忘れてはいけません。

そこで今回はグローバル企業に転職するメリット、デメリットを紹介して行きます。

関連:グローバルな仕事がしたいと考えて転職する時に気を付けたいこと

関連:日系企業から外資系企業に転職して驚いたこと。働き方や労働条件にはやっぱり違いがある。

グローバル企業とは

まずは簡単にグローバル企業とはどういった会社のことを指すのか簡単に説明します。

「グローバル」とは英語で「世界的」という意味を持った単語であり、グローバル企業とは世界的にビジネスを行なっている企業のことを言います。

企業によって海外に子会社、グループ会社を作りビジネスを展開している場合もあれば、支店、支社を作ってビジネスを展開している場合もあります。

日本のグローバル企業で有名なのは、トヨタ自動車や本田技研工業などの自動車メーカー、ソニーやパナソニックなどの電機メーカーが挙げられますが、それ以外にも様々な業界がグローバルにビジネスを展開しています。

グローバル企業に転職するメリット

ではグローバル企業に転職するメリットには一体どういった点が挙げられるでしょうか。

海外で働くチャンスがある

まず一つ目は何といっても海外で働くことができるチャンスがあるという点でしょう。

会社にもよりますが、入社して数年の若いタイミングで1〜3年程度行くことができる場合もあれば、管理職になってから海外子会社に転籍となって長い期間働くことになる場合もあります。

海外で働きたいと思った場合、その現地の会社に直接転職するという手段もありますが、やはりそれは中々ハードルの高いこと。

日本の会社で働き海外転勤する方が、多くの面で安心感があるでしょう。

高給である場合が多い

日本に置けるグローバル企業はそれなりに大手企業であり、元々の給与水準は高めです。

また海外勤務となった場合、その給料にさらに海外勤務手当を貰える場合が多いです。

さらに会社によっては現地で生活する家賃や光熱費等も負担してくれて、給料は高いが生活費がかからないという2重の恩恵を受けて、海外勤務期間でかなり貯金することができたという人もかなりいます。

自己成長に繋がる

実際に海外勤務をした経験によって自己成長に繋がったという人は多いです。

語学力はもちろん、日本とは違う風土、環境の中で現地の人と働くことで学ぶことはたくさんあります。

海外勤務経験があることが、今後のキャリアにメリットになることも多いですね。

もちろんグローバル企業であっても海外勤務を一度もしないという人もたくさんいます。

ただその場合であっても海外の人と一緒に仕事をするタイミングがあるので、グローバル企業でなければできない経験をすることができます。

グローバル企業に転職するデメリット

では逆にグローバル企業に転職することによるデメリットにはどういったものがあるでしょうか。

希望の場所で働くことができるとは限らない

グローバル企業に転職し海外勤務をすることができたとしても、その国が自分の希望している国とは全然違うという場合は少なくありません。

どこで働くかはその時々の情勢やプロジェクト次第。

北米やヨーロッパで働きたかったけどアジアや南米への転勤を命じられたというのはよくある話です。

希望していなくても海外勤務を命じられる場合が少なくない

グローバル企業への転職を望んでいる人の全てが海外勤務を望んでいる訳ではないと思います。

実際若手社員のうち6割以上が海外勤務はしたくないと考えています。

ただグローバル企業は大手企業がほとんど給料、年間休日数、福利厚生などがかなり恵まれていますから、そういった点から会社を選ぶ人も多いでしょう。

とは言えグローバル企業に転職した以上、海外勤務せざるを得なくなるかもしれないという覚悟を持つことは必要。

本人の希望関係なく海外勤務を命じられることも多々ありますから。

英語が必要になる

グローバル企業では当然ながら英語の能力を求められますから、英語が苦手な人にとっては大変かもしれません。

中途採用時点で必要となるとは限りませんが、入社後高い確率で勉強しなくてはいけなくなります。

英語を頻繁に使う仕事であればもちろんですが、国内向けの仕事を行う部署で普段英語は使わないという場合であっても、昇格に英語力、特にTOEICの点数を求められる場合が多いです。

英語が苦手だという人にとって、昇格条件700点なんて言われたら正直辛いですよね。

海外の人との人間関係に悩まされることが多い

海外の人と一緒に働くことは想像以上に難しいです。

環境、風土、言語、文化や宗教などが全然違い、考え方が大きく異なりますから。

日本では常識であっても海外の人にとっては違うことも多いので受け入れなくてはいけないことも多いし、逆に海外の人にとっての常識をしっかり学び態度にも注意しなくてはなりません。

実際、海外の人との人間関係がなかなか上手くいかずに悩んでいる人は少なくありません。

グローバル企業に転職するなら

グローバル企業にはこのようなメリット、デメリットがあります。

これから転職することを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

またグローバル企業のような大手企業への転職を望んでいる場合、当然ですが転職サイトもしくは転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。



このページの先頭へ