もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

仕事にはストレスを感じるものがたくさんあります。

人間関係、仕事のプレッシャー、出世競争、つまらない仕事。

全くストレスを感じていない人はいないでしょう。

ただ、中にはあまりにも大きなストレスにより、仕事が耐えられない、もう限界と感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。

それでも多くの人はただ我慢を続けるだけ。

その結果、限界を超えメンタル不全などに陥ってしまう人も少なくありません。

もし、今仕事のストレスに耐えられない、もう限界と感じたら一度どこかで我慢することを辞め、仕事への取り組み方を変える必要があります。

関連:仕事でイライラする原因や、対処法。感情をだすのはNG。

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

限界はどこ?それは自分にしかわからない

仕事が耐えれない、もう限界、そう感じても多くの人は我慢し続けてしまいます。

本当に限界であっても、それしか選択肢を持っていない為です。

ただ、限界であることは自分でしか気づくことができません。

いつか誰かが気づいてくれるかもしれないと思っていてもそんなことはなかなか起きないのです。

どこに限界があるのかはその人の性格や環境によって大きく異なります。

そして、どこに大きなストレスを感じるかということも人によって異なります。

仕事が忙しくても平気な人でも、人間関係が上手くいかないことに大きなストレスを感じる人もいますし、人間関係を全く気にしない人であっても、責任の重さに大きなストレスを感じる人もいます。

どういったことに耐えれないと感じ、どういったことで限界値が低いかということは、他人にはわかりません

また、人は他の人の限界値をだいぶ高く設定する傾向があります。

人は過去の経験を美徳化し、自分はもっと大変でも乗り切った、まだまだ序の口だと勘違いしてしまうことがよくあるのです。

さらに、もし誰かが限界だと気づいてくれたとしても、何かしらの行動を起こすまでいくことは非常ハードルが高いことになっています。

誰かを助けるということは自分の負担を増やすことに繋がる為です。

気づいていながら、自分もいっぱいいっぱいだから何もできない。そして何もしないということはよくあることです。

こういった理由から、いつかが誰かが助けてくれる、この耐えれない状況から救ってくれるはずだと思い、我慢しても、何も変わらないのです。

スポンサーリンク

もう限界と感じたら何をすべきか

仕事が耐えれない、もう限界と感じているならば、我慢するのではなく自分で何かを変えていかなければなりません。

我慢し続けていては、いつかメンタル不調に陥ってしまいます。

では、もし限界と感じている時、何をすべきでしょうか。その方法として、以下のものがあげられます。

  • 仕事を重く感じない
  • 人の目を気にしない
  • 限界であることを上司に伝える
  • 仕事を変える

仕事を重く感じない

限界と感じている人の多くは、仕事が人生そのものだと非常に重く感じている人がいます。

確かに起きている時間の大半は仕事をしている為、そう思うのも仕方がないかもしれません。

けれど、仕事はそんなに重く考える必要のあるものではありません。

働く理由を考えてみましょう。

多くの人は生活の為と答えると思います。

では、生活する為に今の仕事をし続けなくてはいけない理由があるでしょうか

そんなことありません。

今の仕事に固執する必要は無く、仕事を重く感じる必要なんてないのです。

人の目を気にしない

自分が限界になるまで我慢し続ける理由の一つに、人の目を気にしすぎているという場合もあります。

上司に怒られたくない、出世したい、人に迷惑をかけたくない、できない人間とみられたくない。

人の目を気にするあまり、こういったことを考え、それがプレッシャーとなってしまい、大きなストレスに繋がってしまいます

また、耐えられないような状況、もう限界という状況に陥った時に、我慢し続けるということを選んでしまいます。

しかし、人の目はそんなに気にする必要のあるものでしょうか。

限界であることを上司に伝える

仕事を重く感じず、人の目も気にしなくなることができたならば、自分が限界であることを上司に伝えるのも気にならないはずです。

最初にも述べているように、黙っていても限界であることは誰も気づいてくれません。

自分から言って初めて気づいてもらえるのです。

上司に伝えることができれば、仕事を変えてもらえたり、負荷を下げてもらうことに繋がります。

転職することも時には必要

無理だと判断したら転職することも必要です。転職という選択は常に持つようにしてください。

転職は逃げではありません。

仕事に限界を感じているような状態で働き続けることに何の意味があるのでしょうか。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

仕事は自分で選ぶ

仕事は自分で選ぶものです。一度会社に入ってしまうと、そのことを忘れがちです。

まずは色々な会社を調べることから始めてみましょう。

選択肢を持たず、一つの仕事に固執することが非常に危険であるということを覚えておいてください。

関連:激務で薄給の仕事から抜け出そう。あなたは激務を選ぶ?薄給を選ぶ?

関連:仕事したくない!そう思ってしまったら

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ