もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

仕事にはストレスを感じるものがたくさんあります。

人間関係、仕事のプレッシャー、出世競争、つまらない仕事。

全くストレスを感じていない人はいないでしょう。

ただ、中にはあまりにも大きなストレスにより、仕事が耐えられない、もう限界と感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。

それでも多くの人はただ我慢を続けるだけ。

その結果、限界を超えメンタル不全などに陥ってしまう人も少なくありません。

もし、今仕事のストレスに耐えられない、もう限界と感じたら一度どこかで我慢することを辞め、仕事への取り組み方を変える必要があります。

関連:仕事でイライラする原因や、対処法。感情をだすのはNG。

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

限界はどこ?それは自分にしかわからない

仕事が耐えれない、もう限界、そう感じても多くの人は我慢し続けてしまいます。

本当に限界であっても、それしか選択肢を持っていない為です。

ただ、限界であることは自分でしか気づくことができません。

いつか誰かが気づいてくれるかもしれないと思っていてもそんなことはなかなか起きないのです。

どこに限界があるのかはその人の性格や環境によって大きく異なります。

そして、どこに大きなストレスを感じるかということも人によって異なります。

仕事が忙しくても平気な人でも、人間関係が上手くいかないことに大きなストレスを感じる人もいますし、人間関係を全く気にしない人であっても、責任の重さに大きなストレスを感じる人もいます。

どういったことに耐えれないと感じ、どういったことで限界値が低いかということは、他人にはわかりません

また、人は他の人の限界値をだいぶ高く設定する傾向があります。

人は過去の経験を美徳化し、自分はもっと大変でも乗り切った、まだまだ序の口だと勘違いしてしまうことがよくあるのです。

さらに、もし誰かが限界だと気づいてくれたとしても、何かしらの行動を起こすまでいくことは非常ハードルが高いことになっています。

誰かを助けるということは自分の負担を増やすことに繋がる為です。

気づいていながら、自分もいっぱいいっぱいだから何もできない。そして何もしないということはよくあることです。

こういった理由から、いつかが誰かが助けてくれる、この耐えれない状況から救ってくれるはずだと思い、我慢しても、何も変わらないのです。

スポンサーリンク

もう限界と感じたら何をすべきか

仕事が耐えれない、もう限界と感じているならば、我慢するのではなく自分で何かを変えていかなければなりません。

我慢し続けていては、いつかメンタル不調に陥ってしまいます。

では、もし限界と感じている時、何をすべきでしょうか。その方法として、以下のものがあげられます。

  • 仕事を重く感じない
  • 人の目を気にしない
  • 限界であることを上司に伝える
  • 仕事を変える

仕事を重く感じない

限界と感じている人の多くは、仕事が人生そのものだと非常に重く感じている人がいます。

確かに起きている時間の大半は仕事をしている為、そう思うのも仕方がないかもしれません。

けれど、仕事はそんなに重く考える必要のあるものではありません。

働く理由を考えてみましょう。

多くの人は生活の為と答えると思います。

では、生活する為に今の仕事をし続けなくてはいけない理由があるでしょうか

そんなことありません。

今の仕事に固執する必要は無く、仕事を重く感じる必要なんてないのです。

人の目を気にしない

自分が限界になるまで我慢し続ける理由の一つに、人の目を気にしすぎているという場合もあります。

上司に怒られたくない、出世したい、人に迷惑をかけたくない、できない人間とみられたくない。

人の目を気にするあまり、こういったことを考え、それがプレッシャーとなってしまい、大きなストレスに繋がってしまいます

また、耐えられないような状況、もう限界という状況に陥った時に、我慢し続けるということを選んでしまいます。

しかし、人の目はそんなに気にする必要のあるものでしょうか。

限界であることを上司に伝える

仕事を重く感じず、人の目も気にしなくなることができたならば、自分が限界であることを上司に伝えるのも気にならないはずです。

最初にも述べているように、黙っていても限界であることは誰も気づいてくれません。

自分から言って初めて気づいてもらえるのです。

上司に伝えることができれば、仕事を変えてもらえたり、負荷を下げてもらうことに繋がります。

転職することも時には必要

無理だと判断したら転職することも必要です。転職という選択は常に持つようにしてください。

転職は逃げではありません。

仕事に限界を感じているような状態で働き続けることに何の意味があるのでしょうか。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

仕事は自分で選ぶ

仕事は自分で選ぶものです。一度会社に入ってしまうと、そのことを忘れがちです。

まずは色々な会社を調べることから始めてみましょう。

選択肢を持たず、一つの仕事に固執することが非常に危険であるということを覚えておいてください。

関連:激務で薄給の仕事から抜け出そう。あなたは激務を選ぶ?薄給を選ぶ?

関連:仕事したくない!そう思ってしまったら

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ