外資系企業の年収は高い理由。転職後に年収が下がる場合もあるので要注意。

外資系企業の年収は高い理由。転職後に年収が下がる場合もあるので要注意。

外資系企業は日系企業に比べて年収が高いというイメージを持っている人は多いと思います。

実際、外資系企業に転職したら年収が数百万円上がったなんて話も聞くことがあります。

ではなぜ外資系企業は年収が高いのでしょうか。

今回はその理由について紹介していきます。

関連記事

 

外資系企業は本当に年収が高い?

そもそも外資系企業の年収は本当に高いのでしょうか。

実は一言で外資系企業といっても業種、国などによって平均年収は様々であり、外資系企業の全てが高年収だと言うわけではありません。

ただ外資系企業全体として見ると平均は日系企業に比べて高いというのは事実。

一般的に外資系企業の平均年収は800万円程度と言われています。

日本の平均年収は415万円。5000人以上の大企業に勤めている男性という最も年収が高い層で限定しても680万円ですから、相当高い水準であることは間違いありません。

30代はもちろん20代でも年収1000万円を超えている人がたくさんいる外資系企業。中には年収が3000万円以上ある人もいます。

この年収の高さは外資系企業に勤める大きな魅力でしょう。

外資系企業の年収が高い理由

ではなぜ外資系企業の年収は高いのでしょうか。

企業規模が大きい大手で大きな利益もでているから。

日本にある外資系企業の多くは、様々な国でグローバルに事業を展開している大手企業。

ブランド力も高く、大きな利益を出している為、社員の給料の平均的に高くなっています。

日系企業でも大企業ほど平均年収が高いのと同様です。

そもそもお金がなければ高い年収なんてだせません。

高い収益を生み出すことができているからこそ、海外に進出して事業規模を大きくすることができるし、社員に還元できる分も増えているのです。

退職金制度がなく、福利厚生も少ないから

日系企業では給料として与える報酬以外に、退職時に社員に対して支払う退職金や手厚い福利厚生にお金をかけています。

しかし外資系企業には退職金はなく、福利厚生もあまり充実させていません。

そしてその分を給料として還元している為、年収が高くなっています。

その為、年収では高かったけれど生涯収入として見ると実は少なかったなんて場合もゼロではありません。

ただ外資系であっても退職金がない代わりに確定拠出年金を導入していたり、社員食堂やカフェテリアプランなどの福利厚生を充実させている場合も少なくないので、全ての外資系企業に言えることではありません。

ほとんどの日系企業よりも福利厚生が充実させている外資系企業もありますからね。

参考:外資系企業には退職金がないからやめたほうがいいというのは本当?

年功序列制ではなく成果主義を取り入れているから

日系企業の多くは年功序列制度を導入しており、それぞれの年齢に応じて給料体系が決められています。

どんな優秀な人であろうとも、どれほど成果をあげようとも、年齢が低ければ昇進することはできず年収もボーナスの査定が少し良くなる程度でそこまで大幅に上がることもありません。

一方外資系企業は成果主義を取り入れ、年齢関係なくスキルを持っている人や成果を上げている人に対して高い年収を与えます。

成果を出し会社に利益をもたらした人に対してはしっかり還元するというごくごく当たり前のことを実践しているわけです。

その為、20代であろうと年収1000万円、30代であろうと年収2000万円というのも現実的なことになっています。

ただ一方で成果をだせなくなった人は前年度から大幅に年収が下がってしまうということもありえます。

あまりに成果をだせなければ退職勧奨を受けることになるリスクもあるし、その前に自ら転職する人も多いです。

優秀な人材を確保する為

結局一番の理由は優秀な人材を確保する為という点です。

日系企業のように終身雇用前提でじっくり人を育てるわけではなく、即戦力となる人材を求める外資系企業が、会社に大きな利益をもたらす優秀な人材を確保しようと思ったら、高年収を出すというのは最低条件。

特に外資系企業は一部の企業を除いて日本での知名度が低かったり、退職金がない、安定性が低いといった労働者にとってネガティブな点もあるのでなおさらです。

実際、外資系企業を選ぶ人のほとんどは年収が高いという理由によるもの。

高年収は優秀な人材を集める為には必要なこととなっているのです。

外資系企業に転職して年収が下がる場合もあるので注意が必要

このような理由から日系企業に比べて平均年収が高くなっている外資系企業。

では外資系企業に転職すれば年収はアップするのかというとそういうわけではありません。

成果主義である外資系企業だからこそ、前年に比べて年収が大幅に下がる可能性を秘めていることは忘れてはいけません。

転職直後はとりあえず年収が上がるでしょう。

転職できる時点でそれなりに能力があると認められているわけですし、年収が下がるのに外資系に転職する人はあまりいないので今の年収から上乗せしてもらえる場合がほとんどです。

ただもし転職後に貰っている年収に見合う仕事をできなければ、インセンティブ給が下げられて転職前よりも年収が下がってしまうことだってありえるのです。

外資系企業に転職する場合は、そういったリスクがあることもしっかり考えておかなくてはなりません。

外資系企業への転職に使いたい転職支援サービス

外資系企業への転職に強い転職サービスは以下の3つ。

  1. JAC Recruitment
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

JAC Recruitmentは30代以上、年収600万円~のミドル層、ハイクラス層を対象とした転職支援サービスです。

外資系企業の高年収の案件にも強く年収1000万円超えの求人も多数。上記の層に一致するならまず使うべき転職サービスです。

転職エージェントは好条件の非公開求人の紹介から転職活動支援まで無料で充実したサポートを受けることができる為、転職の成功率は上がりますし、転職活動期間の短縮にもつながります。

ここはミドル層以上を対象としている為、コンサルタント自体の質が高い、求人の質が高いと評判なので、該当者はぜひ使ってみてください。

ちなみに日系企業の求人も揃っているので、外資系に絞っていない場合でも大丈夫です。

■公式サイト:JAC Recruitment

DODAは転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

外資系に特化しているわけではありませんが、そもそも求人数自体が多いので外資系企業の求人も豊富です。

登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

なおDODAは転職エージェントサービスだけではなく、求人検索や診断テストの利用など転職サイトとしての機能もあり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

こちらも大手なだけあって求人が非常に豊富。

外資系企業の求人、高年収の求人もたくさん取り扱っています。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

関連記事

 



このページの先頭へ