外資系企業はリストラ、クビにされやすい?実際に解雇扱いになるのはごくわずか。

外資系企業はリストラ、クビにされやすい?実際に解雇扱いになるのはごくわずか。

あなたは外資系企業に対してどういったイメージを持っているでしょうか。

成果主義で日系企業に比べて給料は高いが、実力がなければすぐにリストラ、クビにされてしまう為、安定性は一切ない。そんなイメージを持っている人が多いでしょう。

そしてそれがキャリアアップ転職のハードルになっているという人もいると思います。

好条件でヘッドハンティングされたけど外資系企業だから不安、今より給料が大幅アップするけど外資系企業はリストラに合う可能性も高いので不安。

そんな思いから、せっかく好条件でも転職に踏み切れずにいるのではないでしょうか。

そこで今回は外資系企業では本当にリストラ、クビが頻繁に行われているのか、万が一クビにされた場合はどうなるのかなどの実態を紹介していきます。

関連記事

 

外資系企業ではリストラ、クビが頻繁に行われているの?

外資系企業は給料が高い分、成果を出せなければすぐにリストラされる。

そんなイメージの強い外資系企業ですが、実際はどうなのでしょうか。

外資系でも簡単に社員をクビにすることはできない

まず勘違いしてはいけないのが、外資系企業と言えども日本で仕事をする以上は日本の法律を守らなくてはいけません。

例えば労働時間の上限は1日8時間、週40時間でそれ以上は36協定を結んだ上で行わなくてはならないし、1.25倍以上の割増賃金が必要です。

そしてそれは当然解雇に関しても同様。

日本ではリストラによって解雇する場合は厳しい要件が必要となります。

その要件というのが以下の4点。

  • 人員削減の必要性
  • 解雇回避努力義務の履行
  • 解雇者選定の合理性
  • 手続の妥当性

例えば少し経営が悪化しているから、少し成果を出せていないからといった理由でいきなりクビにするなんてことは、絶対にやってはいけないことなのです。

もしそんな理由で解雇するとそれは解雇権の乱用にあたり、労働者から訴えられれば解雇を取り消さなくてはいけなくなったり、慰謝料を支払う必要がでてきますし、何より会社としての評判も悪化することになります。

クビではなく自己都合の退職をする人が多い

このような理由から外資系企業だからと言って社員を簡単にリストラ、クビにさせることなんてできません。

ただ一方で日系企業に比べると離職率が高いというのは事実。全ての外資系企業に当てはまるわけではありませんが、退職に対するハードルは低いです。

成果を上げることができない人に対してはシビアだし、いくら有能な人であってもプロジェクトの中止、部門の廃止、日本支社の撤退といった理由で辞めることになる人は日系企業に比べて多いです。

ただそれはリストラ、クビによって行われるわけではなく、自己都合の退職という形で行われます。

辞めさせたい人をクビにするのではなく、自らの意思で辞めてもらうのです。

ただ何もせずにただ自己都合で退職しろなんて強要することはできません。それは違法です。

その為、行われるのはあくまで退職勧奨。

退職時に高額な金額を支給したり、グループ会社等を紹介することで、納得した上で退職できる体裁を整えます。

退職勧奨された人にとっても、不当解雇だと言って抵抗し給料を大幅に減らされてしまった中で働くよりも、高いお金を貰った上で他社に転職した方がましと考える人が多いので、結局無理にしがみつくような人はほとんどいません。

離職率は業界によっても大きく違う

このように外資系企業であってもリストラ、クビが簡単に行われているわけではないものの、退職勧奨によって辞めざるを得ない形を作られてしまうということが多いです。

無理に居座るよりも転職した方がましな形を作るわけです。

こう考えると、外資系企業にはやはり安定性はないと思ってしまうでしょう。

ただそれは全ての外資系企業にあてはまるというわけではありません。

銀行、投資、証券などの金融系は特別頻繁に人の入れ替えが行われていますが、他の業界は実際のところそうでもありません。

もちろん会社にもよります。全然やらない会社もあれば、頻繁に行う会社もある。

結局のところは会社次第で、外資系全てがすぐ辞めさせられてしまうというイメージは持つべきではありません。

外資系企業への転職はデメリットを知りつつも過敏になりすぎる必要はない

確かに全体的に見ると安定性では日系企業に比べて劣っているかもしれません。

定年まで働けない可能性が高い、成果がシビアに求められるといった点は外資系企業に転職する上でしっかり把握しておく必要があるでしょう。

ただ日系企業だからと言って定年まで働くことができるなんて保証はありません。新卒から定年まで同じ会社で働く人なんてむしろ少ないのです。

だったらいずれくる時も見据えた上で如何にスキルを身につけ実績を挙げていくかを重視し、高い給料を貰うことができているうちに資産を形成しておくといったことも一つの選択肢でしょう。

高い能力があれば40代であろうが、50代であろうが転職することは十分できますからね。

もしあなたがこれから転職することを考えているのであれば、あまりデメリット面に過敏になりすぎずにできるだけ広い視野を持ち転職活動を進めていくようにしてください。

外資系企業への転職に強い転職サービス

外資系企業への転職に強い転職サービスは以下の3つ。

  1. JAC Recruitment
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

JAC Recruitmentは30代以上、年収600万円~のミドル層、ハイクラス層を対象とした転職支援サービスです。

外資系企業の高年収の案件にも強く年収1000万円超えの求人も多数。上記の層に一致するならまず使うべき転職サービスです。

転職エージェントは好条件の非公開求人の紹介から転職活動支援まで無料で充実したサポートを受けることができる為、転職の成功率は上がりますし、転職活動期間の短縮にもつながります。

ここはミドル層以上を対象としている為、コンサルタント自体の質が高い、求人の質が高いと評判なので、該当者はぜひ使ってみてください。

ちなみに日系企業の求人も揃っているので、外資系に絞っていない場合でも大丈夫です。

■公式サイト:JAC Recruitment

DODAは転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

外資系に特化しているわけではありませんが、そもそも求人数自体が多いので外資系企業の求人も豊富です。

登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

なおDODAは転職エージェントサービスだけではなく、求人検索や診断テストの利用など転職サイトとしての機能もあり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

こちらも大手なだけあって求人が非常に豊富。

外資系企業の求人、高年収の求人もたくさん取り扱っています。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

関連記事

 



このページの先頭へ