ふるさと納税はサラリーマンにとっての数少ない節税対策。気になる仕組みと魅力を解説。

ふるさと納税はサラリーマンにとっての数少ない節税対策。気になる仕組みと魅力を解説。

あなたはふるさと納税をやっていますか?

名前は知っているし得するのも知ってはいるけれど、わからない、めんどくさいといった理由から結局やらずじまいという人も多いのではないでしょうか。

ただそれはとてつもなく損しています。

実は知ってしまえばとても簡単で、あっという間にできるので絶対にやることをお勧めします。

というわけで今回は、ふるさと納税制度の仕組みや魅力、利用方法などをご紹介します。

ふるさと納税ってどんな制度?

ふるさと納税は、なんとなく難しそうなイメージを持っている人もいるのですが、簡単に言うとたった2,000円の負担で豪華な返礼品がもらえる制度です。

高給な肉、野菜、果物、カニ、魚介類、お酒、中には旅行券や商品券なんかもあります。

たった2,000円で数万円、人によっては10万円以上のものが手に入るのに、めんどくさいという理由だけでやらないなんてあまりにもったいなさすぎますよね。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税では全国の市町村にお金を寄付し、その寄付金に応じた返礼品を受け取ることになります。

名前の通り自分のふるさとに寄付するのも良いですが、自分の好きな商品、欲しい返礼品があるところを探して寄付するというのが普通。

例えば高級ステーキ肉が欲しいなら、それを扱っている都市を探して決まった額を寄付すればゲットできるというわけです。

そして寄付したお金は2,000円を除いて税金から控除。

例えば2万円寄付したとしても18,000円分の所得税、住民税が安くなるので、実質負担額は2,000円しかないというわけです。

寄付は何か所に行おうが、何個の商品貰おうが関係なく実質負担額は2,000円。

例えば2万円を寄付して肉をゲット、1万円を寄付してカニをゲット、1万円を寄付して野菜をゲットしたとすると38,000円が控除されるので、結局実質負担額は2,000円となります。

これがたった2,000円で数万円のものを貰うことができるふるさと納税の仕組みというわけです。

たださすがにいくらでも控除されるわけではありません。そしたら無制限にものをゲットできてしまいますからね。

年収や家族構成などによって、控除上限額はそれぞれ決まっています。

寄付の際はその上限額に応じて寄付をしなくてはいけません。

例えば独身で年収までの人だと控除上限額は60,000円程度。下記サイトで自分の控除額をチェックしてみてください。

気になる限度額を早見表で見てみる

気になる限度額をシミュレーションでチェックしてみる

気を付けなくてはいけないのが、年収は前年の年収ではなく今年の年収であるということ。

ボーナス、残業代などもあって変動する人も多いと思いますが、今年の年収を予想して上限を考えなくてはいけません。

私の場合はとりあえず最初はぎりぎりを責めずに、年収がほぼわかる11月、12月にラストスパートしています。

ふるさと納税制度ができた背景

返礼品を見て貰えばわかるんですが、実質負担額がたったの2,000円で貰うには良すぎるものが揃っています。

なんでこんなことしたのか、税収面でデメリットしかないのではないか、なんて疑問を持ってしまいませんか?

そこで簡単にふるさと納税ができた背景も紹介します。

ふるさと納税は、地方格差が進み、税収が安定しない、減少する一方となった自治体をどうにかして活性化できないかと考えられてできた制度です。

地方から都会へ出た人たちも、生まれ育ったふるさとを助けたい、力になりたいという思いを持っている人が多く、そういった人たちの思いも組まれています。

所得が多い人ほど限度額も高く、得する額も大きくなってくるため、高所得層のための制度などとも言われることがありますが、その寄付金で助かる自治体がいるということらしいです。

お肉や魚だけじゃない!返礼品の幅広いラインナップ

なんといっても、ふるさと納税は返礼品が魅力的。

比較的安価なものは寄付金額2,000円程度からあり、10,000円程度から豪華さもかなりでてきます!

肉や魚介類、お米、野菜、果物、お酒、惣菜、スイーツなど食品はかなり幅広いラインナップで、そのほか、アクティビティチケットや旅行券、美容アイテム、工芸品や雑貨まであります。

CMでもおなじみのさとふるでの最新月間ランキングでは、

  1. 佐賀牛 切落とし1kg [寄付金額:10,000円]
  2. 【鰻楽】うなぎ蒲焼2尾(計320g) [寄付金額:10,000円]
  3. 白石産いちご「さがほのか」(150g×6パック) [寄付金額:5,000円]
  4. ヱビスビール 350ml×24本 [寄付金額:10,000円]
  5. 【平成29年産】[熟成米]さがびより 10kg(5kg×2)  

※2018年3月27日時点

ブランド牛や、魚介類をはじめ、果物やビールなどにも人気が集中する傾向にあります。

お米なんかだと普段の食費節約にもなりますよね。

今回はCMでもおなじみのさとふるをご紹介しておきます。

サイトも見やすく、丁寧な説明もあるので、使いやすくておススメです。

>>さとふるで返礼品を見てみる

ふるさと納税利用にあたり

肝心なふるさと納税の手順は以下になります。難しいことは何もありません。

ふるさと納税利用の流れ

  1. 寄付先を決める(返礼品 or 自治体 を選ぶ)
  2. 寄付を申し込む(Webでカンタン申し込み)
  3. 寄付金を支払う(クレジット・キャリア・コンビニ決済など)
  4. 返礼品受取
  5. 税金控除手続き { 確定申告手続き or ワンストップ特例制度 }

5の税金控除手続きのところで、確定申告をしなくてはならないのかが気になる方も多いかと思いますが、比較的手続きが簡単になるワンストップ特例制度を利用すれば確定申告は不要です。

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは、確定申告をせずともふるさと納税の税金控除手続きができる制度です。

利用方法は簡単で、寄付完了後にさとふる内にあるワンストップ特例制度の申請用紙に記入し、本人確認書類と合わせて送付するだけ。詳しいやり方も書いてくれています。

ただ、適用には条件があるので注意してください。

▼ワンストップ特例適用条件

①確定申告をする必要のない給与所得者である

・年間2,000万円以上の給与所得者や、給与以外の所得が20万円以上の人を除く(確定申告が必要)

②ふるさと納税以外に確定申告をする必要がない

・医療費控除や住宅ローン控除などで確定申告が必要な人を除く

③1年間のふるさと納税の寄付先が5自治体以下である

※ふるさと納税の回数ではなく、自治体の数が5つ以内

大半の人はワンストップ特例が利用可能でしょう。

なおワンストップ特例制度が使えなくても、ふるさと納税サイトでは草行く確定申告手続きの方法が書いてあることがほとんどなので、その点は安心して利用してみてください。

まとめ

ふるさと納税は、実質負担2,000円で豪華な返礼品を受け取ることができるお得な制度ですが、寄付金のうち、限度額以内の2,000円以上の控除額が戻ってくるとはいえ、戻ってくるまで寄付金を負担することにはなります。

あくまで、余裕のある資金から回しましょう。

ただ負担額2,000円とはとても思えないような、豪華な返礼品がたくさんあるので、ちょっと奮発したい時期に、生活の必需品をお得にゲットするのに使ってみるのもおすすめです。
まずは、返礼品を覗いてみてください。



このページの先頭へ