朝のシャワーと夜のシャワー。どっちがいい?

朝のシャワー

忙しい毎日を送っていると、お風呂には入らずにシャワーで済ませがちですよね。

シャワーで済ませる場合でも、帰ってきてから寝る前にシャワーする人もいれば、朝起きてからシャワーする人もいます。

どちらもするという人もいるかもしれません。

実際のところ、どっちがいいんでしょうか。

朝浴びるシャワーと、夜浴びるシャワーにはそれぞれメリット、デメリットがあるのでチエックしておきましょう。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

朝のシャワーのメリット、デメリット

朝シャワーにはどのようなメリット、デメリットがあるでしょう。

朝だけシャワーすることのメリット

メリットは以下のとおり。

シャワーでスッキリ

朝は眠たいですね。もう眠くて眠くて会社になんて行きたくないって思うこともしばしば。

頑張って、家をでて通勤電車に乗ってもやっぱり眠たい。

しかし、朝シャワーに入ると、目が覚めてスッキリします。

これは寝ている間に優位になる副交感神経から、シャワーをきっかけに交感神経が反応する為なんです。

参考:実はこれが原因だった。疲れが取れない5つの原因と対策。

寝癖が簡単に直すことができる

強固な寝癖も、シャワーをあびればすっかり無くすことができますね。

うじうじ髪を直さなくても、一発で解消できます。

清潔感を保つことができる

寝癖もそうですが、特に体臭対策にはばっちりです。

寝ている時は、人はよく汗をかきます。

汗をかくとやっぱり体臭が・・・。

朝のシャワーにより汗を流すことで、体臭とはおさらばです。

体臭は自分では気づかずに、ほかの人に不快感を与えてしまっていることもありえるので、朝シャワーは非常に有用です。

朝のシャワーのデメリット

朝シャワーのデメリットは以下のとおりです。。

はげる、髪へのダメージ大!

朝のシャワーは、時間がない為、ついつい適当にしがち。

しっかり洗わないし、しっかり流さないし、乾かす時も適当そのもの。

これだとはげてしまうのもしょうがありません。

また、朝のシャワーだけで済ませてしまうと、髪の毛のゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間に、逃避を不潔のまま過ごしてしまうことになります。

これもはげる原因です。

寒い

冬は特に、寒いですね。

夜に比べて、朝のほうが圧倒的に寒いです。

体に水分がついた状態で、湿度の高いお風呂場からでると、一気に水分が蒸発します。

蒸発した際に気化熱として奪われてしまう為、寒くなってしまうのです。

朝は、特に寒いだけでなく、その後、身体を温めることなく家をでなければなりません。

これは不快になるだけでなく、風邪などの症状を引き起こす原因となります。

スポンサーリンク

夜のシャワーのメリット、デメリット

夜シャワーにはどのようなメリット、デメリットがあるでしょう。

夜のシャワーのメリット

夜のシャワーのメリットは以下のとおり。

はげ防止

上記で述べましたが、髪の毛のゴールデンタイムは頭皮を清潔に保たなければなりません。

夜シャワーにはいることで、頭皮を清潔にしておくことは非常に大事なことなのです。

布団が汚れない

1日の汚れが溜まった状態で寝るということは、その分布団が汚れます。

その為、清潔さを保つためにはシーツや布団カバー、枕カバーの洗濯頻度を高めなくてはいけません。

やはり寝る際は、綺麗な体で、綺麗な布団に包まれて眠りたいものです。

1日の汚れと疲れをとってすっきり

お風呂にはいると、血流が良くなるなどで、身体をリフレッシュする作用があることがわかっています。

しかし、シャワーでもそれなりにすっきりはできますね。

身体のリフレッシュ効果はないかもしれmせんが、

身体を綺麗にするだけで、心のリフレッシュ効果はあると思います。

夜のシャワーのデメリット

デメリットは以下のとおり。

体が冷えた状態での睡眠

シャワー後に身体をしっかり温めないまま寝てしまうと、

血行はむしろ悪くなり、寝ても疲れがなかなか取れないなんてことになってしまいます。

濡れたまま寝ると、髪に良くない

濡れたまま寝るとやっぱり髪の毛にはよくありません。

濡れたままの状態だと、枕との摩擦により髪の毛が傷んだり、雑菌が繁殖しやすくなったりします。

疲れた身体にムチを打ってシャワーに入らなければならない

一日、仕事を頑張ってきた結果、帰ってきたころにはぐったり。

もうすぐにでも寝たい。そんな日もありますよね。

そんな中シャワーに入らなければならないというのはなかなかつらいものです。

スポンサーリンク

結論

それぞれメリット、デメリットがありますが、私はやっぱりはげたくないので、お風呂に入れないときでも夜に必ず入ることにしてます。

朝は、ぎりぎりまで寝ていたいので、シャワーに入る時間も惜しいですしね。

それぞれのメリット、デメリットを考えて、どちらに入るか決めてみてはいかがでしょうか。

睡眠おすすめグッズ

現在は質の良い睡眠をとる為の睡眠グッズが色々とあります。

私が使っているのは、たまたまテレビで紹介されていたintiSQUARE という目覚まし時計とYOKONE という枕。

目覚まし時計は日の出を擬似的につくるものなので、自然に起きれるというものです。割とすっきり目覚めれますよ。

枕は本当に大事。私は横向きで寝るし、肩こりや腰痛もひどかったので口コミ等を見て決めました。

後は最近では睡眠の質を向上させるサプリもでているので、気になる方は試してみるといいかもしれません。

関連:寝ても疲れが取れない5つの原因と対策

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ