転職で有利、不利になる条件や実際はあまり影響しないこと

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職で有利、不利になる条件や実際はあまり影響しないこと

転職活動では、その人自身が持っている様々な要素によって有利にもなれば不利にもなってきます。

ただ不利な要素があるからと言って転職ができないわけではありませんし、有利な条件が揃っているからと言って転職活動がすんなり進むということが保証されているわけではありません。

ただ転職活動をする上では不利になる条件をしっかり認識し対策する、有利になる条件を認識しアピールに役立てていくということは重要なことであり、その為にもどういった要素が影響してくるかを知っておく必要があります。

転職時に有利、不利になりうる条件

転職活動時に有利、不利になる要素として以下のものが挙げられます。

  • 年齢
  • 資格
  • 転職回数
  • スキルや実績
  • 無職期間
  • 勤続年数
  • 前職の企業
  • 退職理由
  • 学歴

年齢

転職において年齢が影響するというのは周知の事実であり、年齢が高くなるにつれて不利になってくるとされています。

実際、転職活動にかかる期間も応募社数も40代に比べると20代のほうが圧倒的に少なくなっています。

ただ年齢が高いからと言って無条件で不利になるわけではありません。経験者採用の場合、よりスキルの高い即戦力としてあえて40代を採用する場合もあり、特に近年は豊富なスキルを持ったミドル層に対する需要が急増しており、転職成功者の平均年齢も高くなっています。

ただ未経験職種へ転職する場合は如実に年齢が影響する為、年齢が高いことがかなり不利な原因となってしまう可能性が高いです。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

資格

資格を持っていれば必ずしも有利になるというわけではありません。

単に取得しただけで仕実績を伴っていないものを持っていたところで意味なしと捉えられてしまう場合も多いので、転職に向けて盲目的に時間や労力をかけてわざわざ取得する必要はありません。

ただ仕事に直結する資格としてTOEICや簿記といったものをすでに持っていれば有利になりうる可能性は高いです。

転職に向けて資格を取得する場合、その職種に必要である場合や絶対に有利になる場合にとどめておきましょう。

転職回数

転職回数は多ければ多いほど転職では不利になってしまいます。

日本の企業は転職を繰り返している人に厳しいです。ストレス耐性が低い、すぐ辞める可能性が高い、職を転々としている為にスキルが身についていないといったリスクを考え、採用に消極的になってしまう場合が多いです。

20代であれば2回目の転職、30代以降であれば3回目の転職まではそこまで不利にはなりませんが、それ以上になると転職活動時に転職回数がネックになる場合がでてきます。

関連:転職回数は多いと不利?一回目の転職は気にしなくていい!

スキルや実績

新卒採用と違って、中途採用はスキルや実績が特に重視されます。

その人の年齢に対して突出したスキル、希少性のあるスキル、そして実績というのは大きなアピールポイントであり、企業も特に注目する点です。

年齢が高いにも関わらず相応のいスキルを持っていなければなかなか希望通りの転職はできないでしょう。

未経験職種へ転職する場合においても、それまで培ってきた経験というのは重要。直接は役に立たないとしても過去の仕事で高いスキルを持っており実績を上げた人というのはたとえ職種が変わっても活躍が期待できる為です。

無職期間

在職中に転職活動を行い、途切れることなく転職活動をすれば問題はありませんが、仕事を辞めてから転職活動をする場合には無職期間が長くなってしまわないように気を付けなくてはなりません。

企業は無職期間が長い人に対して計画性がない、仕事が嫌い、ブランクが長くて慣れるまでに時間がかかってしまうといったようなマイナスのイメージを持たれてしまいます。

無職期間が長くはなくても既に辞めているという事実から敬遠する企業もある為、特別な理由がないかぎりは在職中に転職活動を行い、もし辞める場合でも無職期間は3ヶ月以内に納めるよういにしましょう。

関連:無職期間が長い場合に転職は不利になる。空白期間の理由はなんて言う??

勤続年数

転職前の会社に在職している期間が短いことは転職活動において不利になる原因です。

一つの会社に長くいた人の方が印象は良くなりますが、もし3年に満たないと不利になる可能性が高くなり、それ以下では短ければ短いほど不利になっていきます。

企業はできるだけ長く働いてくれる人を求めます。勤続年数が短い人に対してはすぐに辞めてしまうかもしれないと不安になる為、採用時に小教区的になってしまいます。

ただ第二新卒としての転職する場合はこの限りではありません。第二新卒はそもそもが入社して3年以内の人を対象としており、企業によって1年目の方が年齢が低くていい、3年目の方が社会人経験が長いのいいなど様々でありどちらが有利、不利ということはありません。

前職の企業

よく転職では前職の社格が転職のしやすさに影響すると言われています。

大企業に転職しようとする場合、同等レベルの企業で働いている人のほうが有利になるということです。

この影響度合いは企業によって異なりますが、全くないというわけではありません。やはり前職が大企業の人のほうが転職はしやすい傾向にあります。

もちろん中小企業から大企業に転職を成功させている人もおり絶対条件ではありませんが社格を上げて転職する難易度は高いと考えてください。

退職理由

人間関係が上手くいかなかった、給料が低かったといった退職理由は別に正直に言わなければいいだけなので問題ありませんが、自己都合の退職か会社都合の退職か重責解雇かというのが転職てに影響してくる場合があります。

自己都合の場合は特に問題ありませんが、会社都合の場合だと能力が低くてリストラされたのでは?と不安を抱かせる可能性があります。

懲戒解雇等の重責解雇の場合はかなり問題。そういった問題を起こす可能性がある人間を積極的に採用しようと思う会社はありません。

転職活動時、どういった理由で退職したかというのは自分で言うだけなのでなんとでもごまかせますが、内定後に離職票等の提出を求められる場合がありばれる危険性があります。

関連:自己都合と退職と会社都合の退職。なぜ会社は自己都合にしたがる?

学歴

学歴もやはり多少は影響してくるものです。

求人時点で大卒以上という条件を課している場合は多いですし、大卒の中でも大学ランクの高いほうが転職時に有利になります。

ただ転職時はスキルや実績といった与える影響は就職活動ほどではありません。

基本的に年齢が低い人ほど学歴に影響される部分は強く、年齢が高くなってくるにつれて関係がなくなってきます。

実際はあまり影響しないこと

転職の有利、不利を考えた時、実はあまり影響しないこともあるのでここで紹介していきます。

転職時期

転職時期は3月や9月など期が変わる前が有利と思われがちですが、実はそこまで変わりません。

確かにその月は求人数が増えるのですが、その分求職者数も増えるので倍率が低いわけではありません。

また求人数は月によってだけではなく、景気の動向など様々な要素が絡んでくるのであまり気にせず転職したいと思った時にすべきであると言えるでしょう。

新卒3年以内の離職

少し前までは入社して3年は働け、3年以内に辞めることは職歴に傷をつけるだけだなんていうイメージがありましたが、最近はまったく違い3年以内であっても気にする必要はありません。

3年以内に退職した人は第二新卒として転職することになりますが、第二新卒者の需要はかなり増えており、大手企業も積極的に採用活動を行っています。

転職理由

転職理由としてよくあるのはもっと休みがほしい、給料が高いほうがいいといったものですが、転職理由がなんで有利にも不利にもなりません。

なぜならそれは正直に言わない限りわからないから。面接時に本音をそのまま言えば当然不利になりますが、適当にとりつくろえばいいだけです。

転職活動では如何に不利な条件を覆すかが重要

転職活動において、一つや二つ不利なことがあるのは仕方がありません。

不利なことがあるからといって転職することをあきらめる必要はなく、しっかり準備し対策を打てば十分に覆すことは可能です。

例えば転職回数にしろ無職期間にしろ企業にとっては「すぐ辞めるのでは」という不安感を持っているが故に不利になりますが、しっかりとした理由を伝え納得して安心させることができればそれはもう不利なことではなくなります。

自分はもう転職できない、今の会社で働き続けるしかないと諦めるのではなくしっかり対策して転職活動を進めていきましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ