転職エージェントを複数利用するメリット、デメリット。同時並行は2社に抑えておこう。

転職エージェントを複数利用するメリット、デメリット。同時並行は2社に抑えておこう。

転職活動の際、転職サイトに複数登録することは基本です。

なぜなら、それぞれの転職サイトによって掲載されている求人も違うし、求人情報以外の診断テストなどのサービスも違いがある為です。

できるだけ多くの求人から選ぶ、できるだけ多くの情報を手に入れる為には必要なことであると言えるでしょう。

では転職エージェントの場合は複数登録することに意味があるでしょうか。

転職エージェントの場合も複数登録することnメリットはありますが、あまりに多くの転職エージェントに登録してしまうことによるデメリットもある為、注意が必要です。

転職エージェントを複数利用することのメリット

転職エージェントを複数利用するメリットは以下の3つです。

色々な人の意見を聞くことができる

まず一つ目が、色々な人の意見を聞くことができるという点です。

転職エージェントに登録すると基本的に転職希望者一人に対して、一人に専任エージェントが担当としてつきます。

合わない担当者にあたってしまった場合は変えることもできますが、担当エージェントが複数ついてくれるkとは基本的にありません。

ただ一人だけにアドバイスを貰っていると、本当にその人の言っていることは正しいのだろうかと不安になってしまうことあるでしょう。

その点、複数の転職エージェントを同時に利用するということで、同時に複あ数の転職エージェントが担当になります。

それぞれの転職エージェント会社の持っているノウハウや考え方等も違う為、得られる情報も多くなるでしょう。

カバーできる求人が増える

転職サイト同様、転職エージェントもそれぞれの会社で持っている求人は異なります。

その為、登録すれば登録するほど応募できる企業が増え選択肢が増えるということになります。

ある転職エージェントに登録しても良さそうな求人を紹介してもらえなかったが、転職エージェントを変えることで希望通りの会社を紹介してもらうことができたということはよく聞きます。

転職エージェントを複数利用することのデメリット

一方、複数利用することのデメリットにはどういったものがあるでしょうか。

管理が面倒

転職サイトであれば、登録しても気が向いた時にログインして求人情報を見たりと自由に使ことができます。

ただ転職エージェントとなるとそうは行きません。

専任の担当者についてもらうわけですから、連絡をしっかりとりあわなければならないし、約束したことを守らなくてはなりません。

あまりにだらだらしてしまうと、あまり転職する気がないのかなと悪い印象を持たれてしまって、転職エージェント側もあまり頑張ってくれなくなります。

複数の転職エージェントを利用するということは、それだけ手間は増えることになります。

自分で日程調整する必要がでてくる

一つの転職エージェントから複数企業に応募した場合、面接などの日程は同じ日程になるように上手いこと調整してくれます。

しかし、複数の転職エージェントから同時に複数企業に応募した場合、日程を自分で調整することも必要になってきます。

せっかく手間がかからないことにも、自分でやることが増えてしまうことがあるのです。

面談回数が増える

転職エージェントとは、複数回面談することになりますが、複数の転職エージェントを利用するということはそれだけ面談の回数が増えてしまうということです。

時間がない中で転職活動をしている人にとってそれはあまり喜ばしいことではありません。

何が正しいかわからなくなる

色々な意見を聞くことができるのは良いことなのですが、あまりに色々な意見を聞きすぎると今度は何が正しいのかがわからなくなってしまいます。

それぞれの転職エージェントでは自分の会社で行ってることが正しいと考えていますからあまり逸脱したことはできませんから、何かと悩む原因になります。

最終的には2社程度に絞ろう

私としては転職エージェントは1社で十分、多くても2社に絞るのが良いかと思います。

3社登録すると何かと手間が多くなってしまい、どこの転職エージェント会社に対しても中途半端になってしまいます。

また、転職エージェントでは3ヶ月など利用期間が定められており、その期間内を過ぎると利用することができなくなってしまいます。

一気に複数利用して中途半端になってしまい期間内で決まらないと、あまり評判の良くない転職エージェントを利用しなくてはいけないことになりかねません。

基本的には大まずは手の転職エージェンである、リクルートエージェント DODA を利用するのがいいと思います。

両者ともに求人数は豊富で、全国どこでも利用するこができますし、転職に関する実績も多く、ノウハウ等が充実している為、安定したサポートを受けることができます。

公式サイト⇒リクルートエージェント

公式サイト⇒DODA 

転職サイトも有効活用しよう

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ は企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

公式サイト:ピタジョブ

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職エージェントと面談時の服装や場所、準備物、その他注意すべき点は?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ