福利厚生とは?意味、目的や種類

福利厚生とは?意味、目的や種類

あなたの勤めている会社ではどのような福利厚生がありますか?

福利厚生には色々な種類があり、会社によって様々です。

今回は、福利厚生とは何か、福利厚生の種類を紹介いたします。

関連:福利厚生の重要性や充実している企業の探し方、選び方

関連:住宅手当がでないのはかなり損!?住宅手当、社宅の概要や相場。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

福利厚生とは?

福利厚生とはどのようなものを意味し、どのような目的で行われているかを紹介します。

福利厚生の意味

福利厚生とは以下ののことを指します。

福利厚生(ふくりこうせい、fringe benefits)とは、企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬である。

引用:Wikipedia

法律で義務づけられた法定福利と、企業が任意で実施する法定外福利がある。

引用:コトバンク

福利厚生の中には、法律で定められたものと、法律では定められていない企業が独自で行っているものがあります。

一般的に福利厚生というと、後者のことを意味しますが、社会保険料の事業主負担などいったものも実は福利厚生の一部なのです。

福利厚生の目的

福利厚生の目的は以下の通りです。

従業員の経済的保障を手厚くすることにより、従業員の組織貢献度を高めることである。また、勤労意欲や能率の向上を図るといった狙いもある。

引用:Wikipedia

従業員の生活の向上を支援する目的

引用:コトバンク

福利厚生は、従業員の経済的支援が目的であったり、モチベーションアップや組織力強化の為に用いられます。

最終的には、福利厚生を充実させることによって、人材を確保し、離職率を低下させることが目的であるとも言えます。

福利厚生を強化するか、給料アップするか

福利厚生なんて充実させなくていいから、その分給料を増やしてほしいという人もいるでしょう。

なぜ企業は福利厚生を充実させるのでしょうか。

これは費用対効果によるところが大きいです。

福利厚生を充実させることのふが、実際に給料をあげる場合よりも定着率は高くなると考えられています。

また、福利厚生にあたる費用は税制面でも優遇されるというメリットがあります。

その為、福利厚生に力を入れるのです。

しかしながら、近年はその様相が変わってきました。

福利厚生は家族の有無などによって、従業員の中でもその恩恵を受けることができる人と、恩恵を受けることができない人によって分かれてしまいます。

その為、不平等感が生じてしまうというデメリットがあります。

この考えから、福利厚生の充実を辞め、その分給料をアップする会社も増えてきました。

もちろん、経費節約の為、給料は増やさないけれど、福利厚生を辞める会社も多くありますが。

スポンサーリンク

 

福利厚生の種類

福利厚生には様々なものがあります。法定福利と法定外福利に分けて紹介していきます。

法定福利

法律によって義務付けられている法定福利は、社会保険料の拠出があります。

社会保険料は半額を事業主が負担しなくてはなりません。

社会保険料には、以下のものがあります。

  • 健康保険料
  • 雇用保険料
  • 介護保険料
  • 厚生年金保険料

基本的には給与から、毎月徴収されていますが、その額は半額であり、もう半分は事業主が払うのです。

法定外福利

法定外福利は、法律で定められていない為、企業独自のものも数多くあります。

今回は割と一般的なものを紹介します。

住宅手当、社宅

家賃を負担する為に住宅手当を出す会社は多いです。

これは金銭として、給与に増額される為、住宅手当の有無は給料に直結します。

住宅手当だけでなく、社宅として、格安で貸す会社も多くあります。

社宅として企業自体が持っている場合や、借り上げ社宅として企業が一括で借り、従業員に貸す場合があります。

交通費

交通費も福利厚生の一つです。

会社に通う為に必要である為、ほとんどの会社では支給されているとは思いますが、支給しなくても法律違反とはなりません。

家族手当

扶養する家族がいる場合、その人数に応じて手当を支給する企業も多いです。

財形貯蓄

給料から天引きし会社に貯蓄するという制度です。

銀行等に預けるよりも高い金利えあずけることができたり、会社が何頭の特典を追加するなどしており、かなり特になります。

企業年金

年金は国民年金といった公的年金と確定拠出年金などの私的年金に分けられます。

企業型の確定拠出年金などの企業年金は企業が掛金を負担してくれ、老後の生活の為、公的年金に上積みして貰える制度です。

託児施設、育児補助

育児に関する福利厚生として、会社内に託児施設を設けたり、ベビーシッター等の費用負補助をしてくれるものがあります。

健康診断補助

会社に義務付けられている健康診断以外に、がん検診などの義務となっていない健康診断の費用補助をしてくれる会社もあります。

健康診断は高額であることも多く、非常に助かる制度です。

保養所

特に大企業では、会社が保養所を持っており、従業員が無料もしくは格安で使用できます。

食事手当、社員食堂

社員食堂利用時などに、食事手当がでて非常に格安で食事をとることができたり、

社員食堂自体が無料なんていう会社もあります。

1日500円だとしても、1か月で1万円程度になるわけですから、無料はかなりありがたいです。

カフェテリアプラン

最近、導入する企業が増えているカフェテリアプランは、一定の予算をポイントで従業員に与え、そのポイント内で自分で好きな福利厚生を選ぶという制度です。

食事手当であったり、財形貯蓄にまわしたり、人間ドックの費用補助にしたり、旅行の補助にまわしたりと、好きな形で使うことができます。

福利厚生のデメリットとして、一部の人しか使わず不平等感が生まれてしまうことがあげられますが、ポイント内で自分が好きなように使うことができる為、このデメリットをなくすことができます。

福利厚生は非常に大事

上記で様々な福利厚生の種類紹介してきましたが、福利厚生の有無は非常に大事なものです。

年収には現れないものもありますが、その有無によって生活面は大きく変わってきます。

福利厚生が無い分、給料が高ければいいですが、福利厚生も不十分で給料も低いというのはよくあります。

もし、そういった会社で不満があるなら、より良い会社で働くために転職も考えましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:カフェテリアプランとは?メリットや利用時の注意点。

関連:安定した仕事、職業。どんな仕事が安定している?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ